人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2015】統合開発環境「Unity 5」が遂にリリース、個人向けには全機能が無料で提供

ユニティ・テクノロジーズは同社が手がけるマルチプラットフォーム向け統合開発環境の最新版『Unity 5』を本日よりリリースしました。Unity 5では多くの改良が施されていますが、価格モデルにも大きな変更が加えられています。

ゲームビジネス 開発
【GDC 2015】統合開発環境「Unity 5」が遂にリリース、個人向けには全機能が無料で提供
  • 【GDC 2015】統合開発環境「Unity 5」が遂にリリース、個人向けには全機能が無料で提供
ユニティ・テクノロジーズは同社が手がけるマルチプラットフォーム向け統合開発環境の最新版『Unity 5』を本日よりリリースしました。Unity 5では多くの機能が追加されただけでなく、価格モデルにも大きな変更が加えられています。

Professional Edition」ではUnity 5の全機能に加えて、チームライセンス、Unity Cloud Build Proの12ヶ月サブスクリプション、Unity Analytics Pro(現在はベータ段階)、Game Performance Reporting(現在はプレビュー段階)、Asset Store Level 11(無料アセットのコレクションが毎月利用可能)、プレビュー版及びベータ版へのアクセス、収益制限及び収益シェアなしを特色としており、価格はUnity 4と同じくサブスクリプションが月75ドル、永久ライセンスが1,500ドルです。

Personal Edition」は収入及び資本金が100,000ドル未満のプロフェッショナル開発者、インディー開発者、愛好家、スタジオ向けのエディションで、「Professional Edition」と同様のUnity 5エンジン機能、エディタ機能が全て利用可能。価格は無料でロイヤリティも無料となっています。

両エディションの詳細な比較は公式サイトに掲載されているので、気になる方は要チェックです。昨日にはEpic Gamesの「Unreal Engine 4」の無料化が発表されており、今後ますますインディーゲームの開発が盛り上がるのではないでしょうか。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

    2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  2. スマホビジネスのスペシャリスト達によるマーケティングスタジオ「ONNE」が設立―メンバーには『逆転オセロニア』の佐藤基氏などが名を連ねる

    スマホビジネスのスペシャリスト達によるマーケティングスタジオ「ONNE」が設立―メンバーには『逆転オセロニア』の佐藤基氏などが名を連ねる

  3. 遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク、ゲームAIによるキャラクタの「進化」を考える

    遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク、ゲームAIによるキャラクタの「進化」を考える

  4. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  7. 虎ノ門ヒルズに引っ越したNHN PlayArtのこだわり新オフィスに行ってきた

  8. 【CEDEC 2014】データの見方を間違えて失敗した5つの例・・・DeNAの分析担当者が語る

  9. 【GFF 2007】 レベルファイブ、サイバーコネクトツー、ガンバリオン社長によるQA

  10. 小島プロダクション、次世代『METAL GEAR SOLID』の制作スタッフを募集

アクセスランキングをもっと見る