人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2014】兵器は撃てば当たるものではない、当てるものだ!ハイスピードSTG『スカイ・パトロール』プレイレポート

『グリフクエスト ~魔法使いはじめました~』のパブリッシャー「コーラス・ワールドワイド」。TGS 2014のインディーゲームブースにおいて、同社の『スカイ・パトロール』をご紹介!

モバイル・スマートフォン iPad
【TGS 2014】兵器は撃てば当たるものではない、当てるものだ!ハイスピードSTG『スカイ・パトロール』プレイレポート
  • 【TGS 2014】兵器は撃てば当たるものではない、当てるものだ!ハイスピードSTG『スカイ・パトロール』プレイレポート
  • 【TGS 2014】兵器は撃てば当たるものではない、当てるものだ!ハイスピードSTG『スカイ・パトロール』プレイレポート
過去にも何度かお伝えしている『グリフクエスト ~魔法使いはじめました~』のパブリッシャー「コーラス・ワールドワイド」。TGS 2014のインディーゲームブースにおいて、同社の『スカイ・パトロール』が展示されていたのでご紹介します!

ピーター・モリニューのBullfrogで『Dungeon Keeper』(ダンジョンキーパー)の開発に携わった日本人・金親晋太郎氏。同氏は、Bullfrog、エレクトロニック・アーツ、マイクロソフトゲームスタジオ(レア)と英国のゲームスタジオに長年勤務し、今年の3月に「コーラス・ワールドワイド」を立ち上げたばかりです。

同社の案内する『スカイ・パトロール』は、英国Beartrap Gamesが開発中のシューティングゲーム。プレイヤーは同盟軍航空団の司令官として自軍航空団を指揮し、向かい来る敵を打ち倒す事が目的。空からはミサイル、敵航空機といった様々な兵器が、地上や海には敵艦艇などがプレイヤー軍を待ち構えています。あなたはタッチパネルを操作し、数種の兵器を用いて自軍へ「指示」を与えなければなりません。一つの油断が命取り、ある種パズルにも似た戦術で大空を駆け抜けましょう。

◆とりあえずデモをプレイ


実際にプレイしてみて思うのは、「うおっ、ヘボな俺には難しいな!」というものでした。もちろん慣れていないと言う事もありますが、我が軍に許されているのは進軍のみ。退却の二文字は辞典にも記されていないため、とにかく敵戦力を排除していかなくてはならないのです。

先ほど「パズル」と書きましたが、シューティングゲームも理詰めである事に違いはないな……と思い至りました。いや、私はシューティングもパズルも苦手な人間なので、普通の方であればガンガン楽しめると思います。自分のダメさを具体例で表すと、「某ブレインダムドなゲームで連鎖を上手に組めない」というレベルで可哀想な脳を持っているので。

とは言え、操作には爽快感があり、プレイ中は常に半笑いで挑んでいた事からも、その楽しさはご理解いただけるのではないでしょうか。プレイに慣れて全体を落ち着いて見てみると、敵が実に多彩な方法で攻撃を仕掛けて来ている事に気付きます。戦車に気付き、潜水艦に気付き、自軍へ真っ直ぐ飛んでくるミサイルに気付く。そういった部分で、いかに対処するか、いまどうすべきが分かってきた時に、快感へとつながりました。


◆兵器は当てるものだ!


「兵器は撃てば当たるものではない、当てるものだ!」
素晴らしい言葉です。少し前の自分に聞かせてやりたい。同社のHPより抜粋した「主な特徴」を、以下に記します。

・複数の敵と同時に戦うアツいハイスピードアクションシューティング
・兵器は撃てば当たるものではない、当てるものだ!敵の種別に応じて武器を使い分け、弾道を直接コントロールして撃墜せよ
・オンラインリーダーボードを実装、世界中のプレイヤーとハイスコアを競おう!
・ド派手な兵器で敵軍をなぎ払え、ゲームを進めることで入手できるゲーム内クレジットを貯めることで様々な攻撃兵器をゲット

狙って当てる。そんな単純な事がいかに重要か、思い知った次第です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


『スカイ・パトロール』はiOS、Android用に今秋配信予定。続報はコーラスのウェブサイトおよびTwitter, Facebookページにて随時お知らせ!
《平工 泰久》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 7kmタマゴから地域限定ポケモンが欲しい人必見!隠された秘密を徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

    7kmタマゴから地域限定ポケモンが欲しい人必見!隠された秘密を徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

  2. 「『FGO』現状何個の強化クエストをクリアしていた?」結果発表―半数以上のマスターがクリア数40個を超えず【読者アンケート】

    「『FGO』現状何個の強化クエストをクリアしていた?」結果発表―半数以上のマスターがクリア数40個を超えず【読者アンケート】

  3. 『FGO』「バトル・イン・ニューヨーク 2018」詳細発表! ピックアップ召喚には「ギルガメッシュ(アーチャー)」が

    『FGO』「バトル・イン・ニューヨーク 2018」詳細発表! ピックアップ召喚には「ギルガメッシュ(アーチャー)」が

  4. 【無駄な本気】アヒルボードでしか行けない湖のド真ん中に、ポケモンは出現するのか【ポケモンGO 秋田局】

  5. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  6. 『FGO』ガチャの○○教はどれくらいの効果を発揮するのか?死ぬ気で計367連引いて調べてみた!

  7. 『アークザラッド R』の世界を救った勇者アークと聖女ククル!伝説ではなく年齢相応の素顔と出会いを紐解く

  8. 『バンドリ!』×「ココイチ」コラボ開催決定―ここだけのオリジナルボイスも聴けちゃう!

  9. 【CEDEC 2017】グリー『アナザーエデン』開発における課題の解決術...円滑な開発は失敗から?

  10. 『スピードウィッチバトル』TGS2018に出展! 魅力的な世界と高速カードバトルの詳細を初お披露目

アクセスランキングをもっと見る