人生にゲームをプラスするメディア

マーベラス、平成26年3月期決算を発表 ― 『剣と魔法のログレスいにしえの女神』が好調で純利益18億8200万円に

ゲームビジネス その他

平成26年3月期決算スクリーンショット
  • 平成26年3月期決算スクリーンショット
マーベラスAQLは、平成26年3月期決算を発表しました。

売上高203億3000万円(前年同期比 15.6%増)、営業利益30億600万円(前年同期比 29.0%増)、経常利益30億4100万円(前年同期比 30.8%増)、純利益18億8200万円(前年同期比 1.9%減)となりました。

コンシューマ事業では、平成25年5月発売のPS Vita『ヴァルハラナイツ3』が順調な販売となっています。また、前期発売のPS Vita『閃乱カグラSHINOVI VERSUS -少女達の証明-』やPS Vita『朧村正』、その他の旧作リピート受注も好調に推移。さらに、平成26年2月発売のニンテンドー3DS『牧場物語 つながる新天地』は、前作を上回る受注ペースとなり、好調な販売を記録しています。その他に、平成26年2月にオリジナルタイトルの新作PSP『幕末Rock』、PS Vita『ヴァルハラナイツ3 GOLD』を、平成26年3月にPS Vita『デカ盛り閃乱カグラ』を発売しました。アミューズメント部門では、平成24年7月に稼働を開始したキッズアミューズメント筐体『ポケモントレッタ』が好調を継続しています。

オンライン事業では、PCブラウザゲームにおいて、既存の主力タイトルが健闘しました。しかし、リリースからの年月経過や、市場自体の縮小傾向に伴うかたちで、収益面では前期を下回る結果となっています。『ブラウザ三国志』については、各種施策の効果から、期末にかけて復調の兆しが見られることから、引き続き運営面で注力していくとのことです。また、モバイルブラウザゲームにおいては、平成25年9月『ハイスクールD×D』をにリリース。アプリゲームについては、平成25年11月にLINE向け初のタイトルとなる『LINE らんらん勇者』、平成25年12月にPCゲームでも根強い人気を誇る『剣と魔法のログレス』のネイティブアプリ版『剣と魔法のログレスいにしえの女神』をリリース。『剣と魔法のログレスいにしえの女神』に関しては、AppStoreやGooglePlayでの各種ランキングで上位にランクインする等、大ヒットを予感させる好調な立ち上がりとなっています。一方で、課金売上に繋がらなかった数タイトルに関しましては、サービス停止による開発費の一括償却を行ったとのことです。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

    今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

  2. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  3. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

    【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  4. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  5. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  6. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  7. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  8. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  9. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  10. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

アクセスランキングをもっと見る