人生にゲームをプラスするメディア

レベルファイブと電通、「妖怪ウォッチ」の海外展開をスタート

ゲームビジネス その他

レベルファイブと電通、「妖怪ウォッチ」の海外展開をスタート
  • レベルファイブと電通、「妖怪ウォッチ」の海外展開をスタート
ニンテンドー3DS版『妖怪ウォッチ』が100万本を突破し、グッズ販売も絶好調の「妖怪ウォッチ」が早くも米国進出に乗り出します。電通の米国子会社、電通エンターテイメントUSAは「YO-Kai Watch」としてテレビシリーズやグッズの販売に乗り出すと発表しました。

「妖怪ウォッチ」はレベルファイブが主導し展開しているシリーズで、昨年7月に発売されたニンテンドー3DSソフトを皮切りに、「コロコロコミック」でのコミック連載、今年に入ってからはテレビ東京系列でのアニメ開始という風に徐々に展開が広がり、それに合わせて人気も高まってきました。

電通エンターテイメントUSAの坂田雄馬CEOは「『妖怪ウォッチ』はクオリティの高い物語と最高のアニメーションを誇る作品で、このような作品を米大陸の多くの視聴者に届けることをとてもワクワクしています」とコメント。

また、同社グローバルストラテジー&デベロップメント担当上級副社長のMarc Harrington氏は「既に幾つもの米国企業が『妖怪ウォッチ』に興味を示しており、我々はこの作品を米国の視聴者に最適な形で、この春提供できることをとても楽しみにしています」と述べています。

具体的な放送局やスケジュールは明らかにされていませんが、「妖怪ウォッチ」が海外展開を始めたということで、今後の動向が注目されます。レベルファイブではゲームについてもローカライズを検討しているようで、ユーザーに関心を尋ねたというニュースがありました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. 保護者の子供へのクリスマスプレゼント予算、昨年を364円上回る ― バンダイこどもアンケート

    保護者の子供へのクリスマスプレゼント予算、昨年を364円上回る ― バンダイこどもアンケート

  3. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  4. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  5. 体感型筐体「VR センス」がいち早くプレイできる店舗が登場、『超 真・三國無双』など対応タイトルも発表

  6. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  7. 【CEDEC 2010】果たして3日間でゲームは作れるのか

  8. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  9. 【TGS2017】中国産スマホゲームの日本進出を語る!「進出しない理由は無い市場」

  10. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

アクセスランキングをもっと見る