人生にゲームをプラスするメディア

『ジョジョの奇妙な冒険 ASB』、「VFX-JAPANアワード2014」ゲーム映像部門にて最優秀賞を受賞 ─ 松山氏などのコメントも

ソニー PS3

『ジョジョの奇妙な冒険 ASB』、「VFX-JAPANアワード2014」ゲーム映像部門にて最優秀賞を受賞 ─ 松山氏などのコメントも
  • 『ジョジョの奇妙な冒険 ASB』、「VFX-JAPANアワード2014」ゲーム映像部門にて最優秀賞を受賞 ─ 松山氏などのコメントも
  • 『ジョジョの奇妙な冒険 ASB』、「VFX-JAPANアワード2014」ゲーム映像部門にて最優秀賞を受賞 ─ 松山氏などのコメントも
バンダイナムコゲームスは、PlayStation3ソフト『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』が「VFX-JAPANアワード2014」ゲーム映像部門にて最優秀賞を受賞したことを受け、コメントを発表しました。

2013年8月に発売された『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』は、荒木飛呂彦先生が手がける大人気マンガ作品「ジョジョの奇妙な冒険」を原作とし、その徹底再現を実現。結果、累計出荷本数50万本突破という大ヒットを遂げたスタイリッシュ格闘アクションゲームです。

その本作がこのたび、優れたCG・VFX映像技術を用いた作品が称えられる「VFX-JAPANアワード2014」のゲーム映像部門にて、最優秀賞を受賞したことが明らかとなりました。この報告を受けた同社は、「ゲーム化にあたり荒木飛呂彦先生の魅力的な絵のタッチを3DCGで忠実に再現し、“ジョジョ”の代表的な特徴とも言える“印象的なポージング”“斬新な擬音”“独特なセリフまわし”の表現に徹底的にこだわった点が高く評価され、今回の受賞に至ったと考えております」と受け止めました。

また今回の受賞に関し、プロデューサーの新野 範聰氏と、開発を担当したサイバーコネクトツーの松山 洋氏から、それぞれコメントが寄せられています。

◆バンダイナムコゲームス 新野 範聰氏 コメント

「VFX-JAPANアワード2014」ゲーム映像部門最優秀賞という栄えある賞をいただき、ありがとうございます。『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』では、荒木飛呂彦先生の魅力的な絵のタッチをいかにして再現するか、どうすればジョジョファンの皆様に納得いただける作品にできるのかと試行錯誤しながら、映像表現には特にこだわって作ってきました。

皆様にこのように評価いただけたことを大変喜ばしく思っております。原作者の荒木飛呂彦先生をはじめ、株式会社集英社様には多大なるご協力をいただき、また、開発をお願いした株式会社サイバーコネクトツー様をはじめ、関係各所の皆様の“ジョジョ愛”あってこそ成し得たことだと思います。本当にありがとうございました。

◆サイバーコネクトツー 松山 洋氏 コメント

「荒木飛呂彦先生のカラー原稿がそのままゲーム画面で動かせたら凄いよね、そういうゲームソフトが欲しいよね!」なんてことを開発スタッフと語り始めたのが3年前の出来事です。

それからたくさんの試行錯誤の末に“JOJO・ シェーディング・レクイエム(本作のオリジナルシェーダー)”は完成したのでした。文字通り、我々が苦労の末に生み出した“最終到達点”です。

ゲームソフトは2013年8月に発売されましたが、それから半年以上が経過し、今、こういった形で評価されたことを大変うれしく思います。これからも、開発スタッフと共にもっともっと精進したいと思います。ありがとうございましたッ!

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

漫画の中の魅力的なキャラクターたちのゲーム再現にこだわりを持って制作された『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』。本作の映像美をまだ体験したことのない方は、これを機に触れてみてはいかがでしょうか。

『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』は好評発売中。価格は通常版が7,980円(税込)、「黄金体験BOX」が16,980円(税込)です。

(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
(C)2013 NBGI
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

    『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  2. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  3. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  4. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  5. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  6. PS4版『ボーダーブレイク』武器や機体パーツの入手方法は? マッチング分けは? 気になる質問に開発陣が返答【セガフェス2018】

  7. 裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

  8. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  9. 『ウイイレ 2019』にはサッカー好きの夢が詰まっていた―新要素も交えて紹介するプレゼンレポ【E3 2018】

  10. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

アクセスランキングをもっと見る