人生にゲームをプラスするメディア

『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ

『FF7 リメイク』のバトルには通常モードとクラシックモードが存在します。この記事では、それぞれを6つのポイントで比較します。

ソニー PS4
『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ

『ファイナルファンタジー7 リメイク』のバトルには、アクションゲームのように楽しむ通常モードと、原作のようにコマンド入力で戦える「クラシックモード」の2種類が存在します。

リメイクらしさを味わい人は通常モード、アクションが苦手な人はクラシックモードと、それぞれ用意されているわけですが、以前に実施した読者アンケートの結果でもわかるように人気は半々くらいのようです。

この記事ではそれぞれの特徴、どちらが有利・不利なのかを6項目にまとめて紹介していきます。

■関連記事

◆クラシックのメリットその1:バトルの重要なポイントだけに集中できる



本作ではアクションをこなしてATBゲージを貯め、その後にコマンド入力することで魔法やアビリティを使用可能になります。クラシックモードではアクションが自動で行われるので、プレイヤーはコマンド入力に集中できるのです。

基本的にコマンドで出した技のほうが強いので、クラシックモードはバトルのおいしいところをプレイできるわけですね。また、バトル中に画面をじっくり見る余裕も産まれますし、大規模な敵の攻撃を回避する場面なども自動でやってくれます。

◆クラシックのメリットその2:サクサク進められる



クラシックモードは難易度がEASY相当になるのでサクサク進められます。『FF7 リメイク』はNormalでも割と難易度が高めですし、バトルの時間もけっこう長いです。それが気になる場合、思い切ってクラシックモードにしてもいいでしょう。

◆クラシックのメリットその3:アクションができないわけではない



クラシックモードにした場合でもアクションが完全にできないわけではありません。つまりクラシックモードでありながら操作しつつ、難しいところだけオート任せにするという方法もできるわけですね。

◆通常のメリットその1:効率的にバトルができる



一方、通常モードはアクション部分も自分で操作するのでバトルが効率的です。弱点をしっかり狙ったり、バトルレポートを狙ったり、あるいは敵のスキを見逃さずにゴリ押しすることなども可能です。

◆通常のメリットその2:キャラの特性がより重要になる



本作ではキャラクターごとにバトルスタイルが異なります。大きな剣を振り回すクラウド、拳で戦うティファ、魔法で戦うエアリスなど、それぞれで得意分野が違うわけです。

通常モードならば、各キャラクターの特徴を最大限活かしてのバトルが可能です。どのタイミングでどのキャラクターを使うのか? 悩みがいがありつつ楽しいですよね。

◆通常のメリットその3:歯ごたえのあるバトルを最も味わえる



前述のように、クラシックモードは強制的に難易度Easy相当になってしまいます。よりバトルを楽しみたいならば通常モードのほうがベターなのは間違いないでしょう。ショートカットも使えるようになれば、忙しくて楽しいバトルが体験できます。

◆結局どっちがいいの? → 使い分けも重要



どちらもメリットがあるので「どうしても悩む!」という方も多いかもしれません。そのため筆者は「使い分け」をオススメします。

たとえば「雑魚との戦闘が多くてちょっとダルい」というときはクラシックで適当にプレイし、ボスなどのいいところは通常モードで遊ぶ。あるいは難しく感じるならクラシックモードにして、ゲームに慣れてきたころ通常モードにするなど、用途にあわせて切り替えるのです。

『FF7 リメイク』はミッドガル脱出までしか描かれていませんが、ボリュームはかなりのもの。通常モードとクラシックモードの両方を味わえるくらい遊べるので、メリットを把握して使い分けてみましょう。

■関連記事
《すしし》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』Ver.1.5の新情報公開!週ボスの樹脂量調整や、スマホ版の狙い撃ちを改善―4月16日には予告番組も実施

    『原神』Ver.1.5の新情報公開!週ボスの樹脂量調整や、スマホ版の狙い撃ちを改善―4月16日には予告番組も実施

  2. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【4月15日】─「ゲオアプリ」抽選受付の終了迫る

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【4月15日】─「ゲオアプリ」抽選受付の終了迫る

  3. アトラスが今夏販売終了になるPS3/PS Vita向けDLゲームのリストを公開―PS3が2021年7月2日、PS Vitaが2021年8月27日まで【UPDATE】

    アトラスが今夏販売終了になるPS3/PS Vita向けDLゲームのリストを公開―PS3が2021年7月2日、PS Vitaが2021年8月27日まで【UPDATE】

  4. 巨大貴婦人「ドミトレスク」の“ほぼ等身大バスタオル(3m)”が当たる!『バイオハザード ヴィレッジ』の新体験版プレイキャンペーン開催

  5. 『バイオハザード ヴィレッジ』第4弾トレイラーの詳細を最新スクショと共に解説!異彩を放つ「ハイゼンベルク」は何者か?

  6. 『バイオハザード ヴィレッジ』新体験版配信決定&新トレイラー公開!4月18日と25日午後5時からはPS5/PS4向け8時間限定アーリーアクセスも【UPDATE】

  7. 『バイオハザード ヴィレッジ』追加ゲームモード「ザ・マーセナリーズ」発表!

  8. 『Dead by Daylight』と『バイオハザード』が6月の新チャプターでコラボ!詳細は5月26日に

  9. 『グラブル ヴァーサス』追加キャラDLC第10弾「ユーステス」4月20日配信―「フラメクの雷」操る新トレイラー公開

  10. 『バイオハザード ヴィレッジ』イーサンってシリーズで最も可哀想な主人公じゃないか?―レオンやクリスにはない“巻き込まれ感”

アクセスランキングをもっと見る