人生にゲームをプラスするメディア

『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ

『FF7 リメイク』のバトルには通常モードとクラシックモードが存在します。この記事では、それぞれを6つのポイントで比較します。

ソニー PS4
『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ
  • 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ

『ファイナルファンタジー7 リメイク』のバトルには、アクションゲームのように楽しむ通常モードと、原作のようにコマンド入力で戦える「クラシックモード」の2種類が存在します。

リメイクらしさを味わい人は通常モード、アクションが苦手な人はクラシックモードと、それぞれ用意されているわけですが、以前に実施した読者アンケートの結果でもわかるように人気は半々くらいのようです。

この記事ではそれぞれの特徴、どちらが有利・不利なのかを6項目にまとめて紹介していきます。

■関連記事

◆クラシックのメリットその1:バトルの重要なポイントだけに集中できる



本作ではアクションをこなしてATBゲージを貯め、その後にコマンド入力することで魔法やアビリティを使用可能になります。クラシックモードではアクションが自動で行われるので、プレイヤーはコマンド入力に集中できるのです。

基本的にコマンドで出した技のほうが強いので、クラシックモードはバトルのおいしいところをプレイできるわけですね。また、バトル中に画面をじっくり見る余裕も産まれますし、大規模な敵の攻撃を回避する場面なども自動でやってくれます。

◆クラシックのメリットその2:サクサク進められる



クラシックモードは難易度がEASY相当になるのでサクサク進められます。『FF7 リメイク』はNormalでも割と難易度が高めですし、バトルの時間もけっこう長いです。それが気になる場合、思い切ってクラシックモードにしてもいいでしょう。

◆クラシックのメリットその3:アクションができないわけではない



クラシックモードにした場合でもアクションが完全にできないわけではありません。つまりクラシックモードでありながら操作しつつ、難しいところだけオート任せにするという方法もできるわけですね。

◆通常のメリットその1:効率的にバトルができる



一方、通常モードはアクション部分も自分で操作するのでバトルが効率的です。弱点をしっかり狙ったり、バトルレポートを狙ったり、あるいは敵のスキを見逃さずにゴリ押しすることなども可能です。

◆通常のメリットその2:キャラの特性がより重要になる



本作ではキャラクターごとにバトルスタイルが異なります。大きな剣を振り回すクラウド、拳で戦うティファ、魔法で戦うエアリスなど、それぞれで得意分野が違うわけです。

通常モードならば、各キャラクターの特徴を最大限活かしてのバトルが可能です。どのタイミングでどのキャラクターを使うのか? 悩みがいがありつつ楽しいですよね。

◆通常のメリットその3:歯ごたえのあるバトルを最も味わえる



前述のように、クラシックモードは強制的に難易度Easy相当になってしまいます。よりバトルを楽しみたいならば通常モードのほうがベターなのは間違いないでしょう。ショートカットも使えるようになれば、忙しくて楽しいバトルが体験できます。

◆結局どっちがいいの? → 使い分けも重要



どちらもメリットがあるので「どうしても悩む!」という方も多いかもしれません。そのため筆者は「使い分け」をオススメします。

たとえば「雑魚との戦闘が多くてちょっとダルい」というときはクラシックで適当にプレイし、ボスなどのいいところは通常モードで遊ぶ。あるいは難しく感じるならクラシックモードにして、ゲームに慣れてきたころ通常モードにするなど、用途にあわせて切り替えるのです。

『FF7 リメイク』はミッドガル脱出までしか描かれていませんが、ボリュームはかなりのもの。通常モードとクラシックモードの両方を味わえるくらい遊べるので、メリットを把握して使い分けてみましょう。

■関連記事
《すしし》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 女性ファンから見る『龍が如く』の魅力ー「お母さん視点、桐生ちゃんはもう息子みたいな感じ」【龍好き女子座談会】

    女性ファンから見る『龍が如く』の魅力ー「お母さん視点、桐生ちゃんはもう息子みたいな感じ」【龍好き女子座談会】

  2. にじさんじライバー「叶」「葛葉」「黛灰」が振り返る海外版『レムナント:フロム・ジ・アッシュ』―高難易度Co-opで生き残る術とは?

    にじさんじライバー「叶」「葛葉」「黛灰」が振り返る海外版『レムナント:フロム・ジ・アッシュ』―高難易度Co-opで生き残る術とは?

  3. 「七つの大罪」はもう古い!?『原神』新キャラたちの元ネタとなった“オタクの新教養”

    「七つの大罪」はもう古い!?『原神』新キャラたちの元ネタとなった“オタクの新教養”

  4. PS5所持者は「PS Plus コレクション」も要チェック!『モンハン』『ブラボ』等のPS4名作19タイトルがより快適&追加費用なしで遊べるぞ

  5. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  6. 『原神』魈を引くなら“ガチャスポット”にも気を配ってみない? 確率が上がるかもしれない良縁スポット5選!

  7. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  8. 『P3D』&『P5D』の収録曲が発表!―ダンススタイルがわかるキャラクター情報も!

  9. 『ELDEN RING』覗けるのは「フィアのパンツ」だけじゃない―さらに「下乳」と「お尻」も見てみた

  10. PS5のシェアスクリーン機能について考えてみた―同じゲームをしながら共通の話題で盛り上がるにはいいかも!

アクセスランキングをもっと見る