人生にゲームをプラスするメディア

【海外ゲーマーの声】TVゲームのCMは購買意欲を掻き立てるか?

ゲームビジネス 市場

TVCMは様々な商品を紹介する上で大きなメディアのひとつですが、ゲーム作品もTVCMで頻繁に見られます。インターネットが普及するまでは、新作情報を取得する方法としてこのTVCMや雑誌などが発信する情報に頼るゲーマーも多かったかと思います。

海外メディアGame InformerではそのTVゲームCMに着目し「TVゲームのコマーシャルは購買意欲を掻き立てるか?」といった質問を読者へ投げかけています。

最も多い解答は「No」。理由も多くの解答が共通しており「CMが流れている頃には、既に古い情報になっていることが多い」、「映画のようなトレイラーになっていて、実際のゲーム画面ではない映像が多く、買う気にはならない」とのこと。

確かに小誌も含め様々なゲームサイトが多い中、最新情報をキャッチする網を張っているゲーマーの皆さんにとっては「既に観たことがあるトレイラーだ」、「より詳しい映像が既にYouTubeなどに上がっている」となどといった感想が出てくるかと思います。

しかしながら一部の解答者の中には「既に情報は持っているが、CMによっては興奮させてくれるものもあり、購入に至ることもある」といった解答もあり、例えゲームサイトを常にチェックしているゲーマーであっても、買う意欲を高めるものではある、としている人も見受けられました。

日本国内では、昨年末に発売された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』のCMにスチャダラパーが出演。軽快な音楽と共に新規ファンを魅了していましたが、スチャダラパーは当時SFC『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』のCMにも出演していたため、既存ファンを喜ばすCMにもなっていました。

このように新規ファンを取り込むためだけにCMを展開するだけでなく、既存ファンの購買意欲を上げるためのCMも増えることで、先述の海外ユーザーや皆さんの意見も変わってくるのではないでしょうか。
《半蔵》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  2. あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

    あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

  3. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

    【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  4. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  5. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  6. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  7. 【CEDEC 2014】2020年までの技術予想~半導体の技術革新がゲーム体験におよぼす影響とは? 

  8. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  9. 2017年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

アクセスランキングをもっと見る