人生にゲームをプラスするメディア

【G-STAR 2013】『プリンセスメーカー』が3Dになってスマートフォンに登場 ― 従来どおり、自分好みの娘を育成可能

モバイル・スマートフォン Android

外見のカスタマイズ
  • 外見のカスタマイズ
  • スケジュール管理
  • 武者修行
  • エンディング
  • エンディング
  • 【G-STAR 2013】『プリンセスメーカー』が3Dになってスマートフォンに登場 ― 従来どおり、自分好みの娘を育成可能
  • 【G-STAR 2013】『プリンセスメーカー』が3Dになってスマートフォンに登場 ― 従来どおり、自分好みの娘を育成可能
  • 【G-STAR 2013】『プリンセスメーカー』が3Dになってスマートフォンに登場 ― 従来どおり、自分好みの娘を育成可能
ガイナックスが1991年に発売して以来、『5』まで発売された『プリンセスメーカー』シリーズ。そのオンライン版が韓国で2010年に発表されましたが、新たにモバイル版の『プリンセスメーカーfor Kakao』が発表。その初となるプレイアブルが「G-STAR 2013」に出展されています。

『プリンセスメーカー』シリーズは、王国を救った英雄となったプレイヤーが、10歳の娘(実の娘ではなく、預かっている女の子)を18歳になるまで育てて行き、自分好みのプリンセスに育成して行くゲームです。

モバイル版でも、「アルバイト」「習い事」「武者修行(冒険)」といった計画コマンドを1週間につき1つセットし、1月を過させるという流れは同じです。これを18歳になるまで繰り返し、自分好みの娘に育成。その方針によって、性格やエンディングが変化します。

逆に従来の作品との違いは、「アルバイト」や「習い事」がちょっとしたミニゲーム感覚になっていたり、RPGの様な戦闘が楽しめる「武者修行」を含めたその殆どが3Dで表現され、タッチやフリック入力に対応。また育成している娘は、服・靴・アクセサリーなどで外見をカスタマイズする事が可能で、マイルームでは、その娘を好きな角度で見ることも出来ます。NPCに関しても同様に3Dで表現され、フルボイスとなっています。



ソーシャル要素としては、エンディングを迎えると貰えるコレクション画像や、カカオトーク(LINEの様なサービス)と連動したフレンド機能、チャットルームへの対応などがあります。

韓国では今年の冬の配信が予定されていますが、日本での展開に関しては、「ノーコメント」と言われてしまったので不明です。

COPYRIGHT(C)2013 MGAME CORP & GAINAX.ALL RIGHTS RESERVED.
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場

    『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場

  2. 『ポケモンGO』遂に伝説のポケモンが登場!ルギア/ファイヤーなどにみんなで挑め!

    『ポケモンGO』遂に伝説のポケモンが登場!ルギア/ファイヤーなどにみんなで挑め!

  3. 『シノアリス』×『ニーア オートマタ』コラボ専用シナリオの一部を先行初公開

    『シノアリス』×『ニーア オートマタ』コラボ専用シナリオの一部を先行初公開

  4. 『チェインクロニクル3』と映画「魔法少女リリカルなのは Reflection」がコラボ─事前登録で「高町なのは」をゲット!

  5. サイバーステップ、『Q&Qアンサーズ』を配信開始─「最高レア確定ガチャ券」が入手できるミッションを実装

  6. 『スプラトゥーン2』と連携した「イカリング2」が利用できる「Nintendo Switch Online」が配信開始

  7. 『ポケモンGO』サトシの帽子をかぶった「ピカチュウ」が登場! 7月7日から7月23日まで

  8. 【特集】『スマホ/タブレット向け硬派海外RPG』10選

  9. 『ポケモンGO』リアルイベント「Pokemon GO Festシカゴ」を開催! 世界中のトレーナーが連動する『グローバルチャレンジ』を実施

  10. 消費者庁、『パズドラ』等に不当表示があったとしてガンホーに措置命令を下す

アクセスランキングをもっと見る