人生にゲームをプラスするメディア

【G-STAR 2013】『R.O.H.A.N』開発チームが放つSF-MMORPG『Wild Buster』インタビュー&プレイレポ

2013年11月14日から11月17日まで、釜山で開催されていた今年のG-STAR2013。オンラインゲームメーカーの出展が昨年と比べ減少している印象を受けましたが、そんな中大きなブースを出展していたSTAR DUCKSブースの足を運びました。

その他 フォトレポート
【G-STAR 2013】『R.O.H.A.N』開発チームが放つSF-MMORPG『Wild Buster』インタビュー&プレイレポ
  • 【G-STAR 2013】『R.O.H.A.N』開発チームが放つSF-MMORPG『Wild Buster』インタビュー&プレイレポ
  • 【G-STAR 2013】『R.O.H.A.N』開発チームが放つSF-MMORPG『Wild Buster』インタビュー&プレイレポ
  • 【G-STAR 2013】『R.O.H.A.N』開発チームが放つSF-MMORPG『Wild Buster』インタビュー&プレイレポ
  • 【G-STAR 2013】『R.O.H.A.N』開発チームが放つSF-MMORPG『Wild Buster』インタビュー&プレイレポ
  • 【G-STAR 2013】『R.O.H.A.N』開発チームが放つSF-MMORPG『Wild Buster』インタビュー&プレイレポ
  • 【G-STAR 2013】『R.O.H.A.N』開発チームが放つSF-MMORPG『Wild Buster』インタビュー&プレイレポ
  • 【G-STAR 2013】『R.O.H.A.N』開発チームが放つSF-MMORPG『Wild Buster』インタビュー&プレイレポ
  • 【G-STAR 2013】『R.O.H.A.N』開発チームが放つSF-MMORPG『Wild Buster』インタビュー&プレイレポ
2013年11月14日から11月17日まで、釜山で開催されていた今年のG-STAR2013。オンラインゲームメーカーの出展が昨年と比べ減少している印象を受けましたが、そんな中大きなブースを出展していたSTAR DUCKSブースの足を運びました。


STAR DUCKSは、設立して2年程度で従業員は50人~60人程、韓国に会社を構えています。日本でも運営されていた『R.O.H.A.N』の開発チームがYNK GAMESより独立して立ちあげた会社となっており、今回のG-STAR2013ではPC向け新SFMMORPG『Wild Buster』がプレイアブル出展されていました。早速ブースに足を運んでみると非常に多くのユーザーが列をなして試遊の順番を待っている状態で、完全に満員御礼状態。そんな中インサイドでは、開発担当者にインタビュー&プレイレクチャーを受けることに成功しました。


『Wild Buster』は、SFMMORPGとなっており、5人1組で1パーティで「プレイするユーザーがストレスを発散できるよう」に制作された爽快感抜群のタイトルです。ゲームを早速プレイしてみると、プレイヤーはまず「ガーディアンズ」と「アベンダーズ」という2つのチームのどちらか一方を選択します。選択するチームによって使用できるキャラが異なり、キャラクター名はアルファベットのA~Zの頭文字をなぞっています。Hiddenキャラを含め全部で24名のキャラクターがおり、キャラクターのタイプは大きく分けると「アタッカー」「シューター」「ヒーラー」「タンカー」の4つ分かれます。筆者は「ガーディアンズ」を選択「AWAKEN」という女性のヒーラーキャラを選択。


まずは、「ガーディアンズ訓練所」というチュートリアルステージをSTAR DUCKSのプロモーション担当、開発担当の方にアドバイスを受けながらプレイしてみました。基本操作はいたってシンプルで、『League of Legends』に近い操作方法となっています。左クリックで移動、右クリックで選択した敵を攻撃(右クリック長押しでチャージ攻撃)、数字キーで特殊スキル発動で、特殊スキルは回復スキルや全体攻撃スキル、ダッシュアタックスキルなどキャラクターによって様々。また、スペースキーでジャンプ、Ctrlキーで前転をすることができ敵の攻撃をかわすことができます。「I」キーでインベントリーを開くことができ、アイテムを使用することもできます。画面左下には、プレイヤーのHPとSPゲージが表示されており、HPは敵からダメージを受けると減少していき、SPはジャンプや前転を使用すると減少していきます。ちなみに、レベルの上がり具合やSPゲージの増加具合はG-STAR2013用にチューニングされていたため、滅多なことでは底を突くということはありませんでした。

一通りチュートリアルを行った後、別ステージを選択。「ヒーラーキャラは一人でプレイする場合、面白く無いから別キャラを使ってみてよ!」と担当者の方に勧められましたが、筆者はヒーラーを引続き選択。チュートリアルとはうってかわり、敵の数も多く、立ち止まっているとガンガン敵からダメージを受けてしまいます。また、ヒーラーということもあり攻撃力や攻撃スキルがほぼなかったため、基本的には左クリックで常に移動を続け、スペースキーやCtrlキーで敵の攻撃をうまく交わしながら敵を攻撃、進んでいく形となりました。


ステージを進んでいくと中ボスが登場。通常の雑魚敵より大きく攻撃も派手です。ヒット・アンド・アウェイ戦法でうまく交わしながら、攻撃…を繰り返し中ボスを撃破。中ボス戦後、大ボスがいるエリアに進むことができます。大ボスのエリアに進む前には、アイテムを購入したり、多人数でプレイをした際に死亡してしまった味方を復活させることができ、大ボス戦への準備を整えることができます。大ボスは、アベンダーズのキャラクターが敵となっており、中ボス戦と同じくヒット・アンド・アウェイで敵を撹乱、チマチマと攻撃を加え地道にボスの体力を削っていき辛くも勝利しました。


「別のキャラも使ってみてよ!」と開発担当者に勧められ、近接格闘の女性キャラも使用してみることに。ステージは「鴨」を模様した敵がでるステージを選択。ちなみにこのステージ『Wild Buster』開発担当者責任者が「鴨」が大好きで作成したとのことです。先ほどのヒーラーと違い攻撃の幅も広く、スキルも豊富。サクサクと進めることができました。あまりにもサクサク進めるので、雑魚鴨を全て蹴散らすことはなく、無視してステージを進めていましたが「レベルが上がらないから雑魚キャラも全部倒したほうが良い」とアドバイスを受けました。


ステージの奥へ進んでいくと中ボスが登場。「アヒルの子」を模様した中ボスとなっていました。「アヒルの子」を倒した後は大ボスステージへ。大ボスは「白鳥」を模したものとなっており、名前は「ハンス」。開発者の「鴨」への愛が伝わってくるステージとなっており多少心が痛むシーンがありましたが、近接格闘技を駆使し本ステージも無事、クリアーすることができました。

筆者が使用したヒーラー・近接格闘のキャラ以外にも、シューターやデフェンス力が高いタンカー系のキャラ、はたまた爆弾(ダイナマイト)使いに機械乗り、ロケットランチャー使いなど様々なキャラクターが登場し、使用することができます。今回のプレイアブルでは22キャラクターのみが使用可能となっており、Hiddenキャラの「イミュル(Y)」と「ゾディアック(Z)」は実装が間に合わなかったとのこと。


『Wild Buster』の正式サービス時期はまだ決まっていないようですが、CBTは2014年2月・3月頃に行う予定とのこと(韓国、米国先行予定)。今回のタイトルについて担当者は「本タイトルはゲームをプレイする人が、ストレス発散・爽快感を味わえる様なゲームにしていきたいと考えている」と語っていたと同時に「私は日本のゲームがとても好きでタイトルを作っていく上で色々なものを日本のゲームから学ばせてもらっている。PS3が大好きで特に『三國無双シリーズ』は非常にやりこんだ。最近はパスドラもやっている。日本でローカライズされるかどうかは現時点では不明だが、本作を日本のユーザーに届けられるよう頑張って行きたい」とのことでした。

日本でのローンチは不明ですが、来冬のCBTが楽しみな本作。プレイした人はきっと大きな爽快感を得られることでしょう。

《森 元行》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「コナン」最新刊で

    「コナン」最新刊で"黒ずくめの組織"ボスの正体判明! 灰原哀、TVCMで24年越しの真実語る

  2. マクドナルド、ハッピーセット「スーパーマリオ」を販売開始―ゲームとして遊べる玩具満載!

  3. 「FGO」「アズレン」人気キャラ大集合! 「コスプレ博 in TFT」美女レイヤーまとめ【写真110枚】

  4. カラオケで歌いたいアニソンといえば?『ハルヒ』「God knows...」を抑えたトップは…

  5. 『ニーア オートマタ』2B&9Sのドールが10月20日から予約開始―「ドルフィードリーム」シリーズから!

  6. 新作リズムゲーム『WACCA』ロケテストが開催!平日にも関わらず多くの参加者が秋葉原に集う

  7. ビ・ハイアの民事訴訟について、同社代表取締役が反論─「事実とはまったくかけ離れた虚偽」

アクセスランキングをもっと見る