人生にゲームをプラスするメディア

スマフォゲームは「カジュアルゲーム」から「ミッドコアゲーム」へーGREE Korea担当者インタビュー

スマートフォンが普及するとともに、スマートフォンゲームのユーザーも、非常に早いスピードで増え続けてきている日本。オンラインゲームが盛んな韓国では、スマートフォンゲームはどういった立ち位置なのか、そして今後どのように動いていくのか。

ゲームビジネス 市場
スマフォゲームは「カジュアルゲーム」から「ミッドコアゲーム」へーGREE Korea担当者インタビュー
  • スマフォゲームは「カジュアルゲーム」から「ミッドコアゲーム」へーGREE Korea担当者インタビュー
  • スマフォゲームは「カジュアルゲーム」から「ミッドコアゲーム」へーGREE Korea担当者インタビュー
  • スマフォゲームは「カジュアルゲーム」から「ミッドコアゲーム」へーGREE Korea担当者インタビュー
スマートフォンが普及するとともに、スマートフォンゲームのユーザーも、非常に早いスピードで増え続けてきている日本。オンラインゲームが盛んな韓国では、スマートフォンゲームはどういった立ち位置なのか、そして今後どのように動いていくのか。

G-STAR 2013にてGREE Korea inc.マーケティング担当のSungshin Monn氏にお話を伺いました。

――個人的な印象ですが、韓国はオンラインゲームがかなり盛んで今回のG-STARに「HungryApp」(韓国で有名なスマフォゲームニュースサイト)がとても大きなブースを出展し、その中にGREE Korea含め各ゲームメーカーが出展しているのに非常におどろきました。ユーザーさんも多く足を運んでいるようですね。

Moon:おかげさまで多くの方にGREEのゲームに触れて頂いてます。GREEだけでなく、他社さんのブースも人が溢れているみたいなので、スマートフォンゲームを提供している身としては非常に嬉しいです。

――そんな中、GREE Koreaが今回のG-STAR2013に出展する意義・狙い、現在リリースしているタイトルについてお話を伺えればと思います。

Moon:現在、MORPGの『Lost in Stars』と、カカオゲームに出しているカジュアルゲームの『Jumping Tail』があります。韓国はオンラインゲームユーザーがすごく多くて、基本的にはMORPGをすごく好みます。ブースを見ていても、ユーザーの方々はすごくやりこんでいてくれて、ゲームプレイ操作を教えなくてもどんどん進めていくことができていました。

――ブースへの人の入り具合はいかがでしょうか。

Moon:「HungryApp」自体が韓国でスマートフォンのゲームニュースメディアとしてナンバーワンということもあり、その知名度の影響はものすごく強いです。GREEは韓国であまり知名度がないのですが、日本で成功している企業が「HungryApp」ブースに出展しているというところで非常に注目はされているようです。

――GREE(日本)から、スタッフは来ているのですか?

Moon:今回は参加していないですね。最近、弊社の社長が変わり体制自体も大きく変わりました。それまでは、「GREE(日本)の中のGREE Korea」という認識だったのですが、「GREE Korea」単体になり、今までは今回の様なG-STARやオフラインイベント等への参加はなかなか難しかったのですが、自由に動ける幅が広がりました。

――韓国本土では、上記2タイトル以外でリリースはしているのですか?

Moon氏:元々は5つほどタイトルがあったのですが、GREEの「選択と集中」という方針で上記の2タイトル以外はクローズしている状況です。現在、新作を開発中で恐らく来年の3月もしくは4月くらいにリリースとなります。それを加えて、3タイトルですね。

――新作はどういうゲームですか?

Moon氏:多くは語れませんが…。MORPGです。

――やりこみゲーですね。

Moon:カカオゲームが韓国では非常に人気で、カジュアルゲームがかなりの数カカオに出ていました。その結果、今までゲームに触れてこなかった「初心者ユーザー」を取り込むことができた。ただ、勢いはものすごいのですがどれも短命になりがちでした。ランキングを見ていても、なんだかんだ言ってMORPGに近い、いわゆる「ミッドコア」のタイトルが長続きしています。弊社の方針としましても、ミッドコア系のタイトルを作っていったほうでいいのでは?という話になり新作はMORPGとなりました。

――そのあたりは日本とは違うのですね。現時点では、パズドラとかが流行っていますが、韓国の人は本当にゲームが大好きなんですね。

Moon:半年前のGoogleplayランキングを見ても、トップはカカオゲームにも出しているカジュアルゲームが占めていましたが、今はミッドコア系のジャンルがTOP10の中に3~4つ食い込んでいます。だんだんトレンドがカジュアルからミッドコアに移りつつありますね。

――韓国で人気のスマフォのタイトルはどのようなものがありますか?

Moon:CJさんが出しているGoogleplayトップを独占しているMO系タイトルとカジュアル系のタイトルですね。ウィメイドさんも凄いです。最初はカジュアルタイトルを多くリリースしていたのですが、トレンドがミッドコアに移行するのを見据えて、最近MO系のタイトルも出しています。韓国では、CJさんとウィメイドさんが2強と言われています。

――今回は2社とも出展はしていないですよね?

Moon:はい。両社とも出ていないですね。

――GREEは2タイトルリリースしていますが、日本でのローカライズは考えていますか?

Moon:パブリッシングにも力を入れていまして『Lost in Stars』をアジア圏、日本で考えています。

――プラットフォームはやはりGREEですか?

Moon:最初はそのように考えていましたが、GREEにとらわれず純粋にゲームを活かしてくれるところにパブリッシングをお願いしたいと思っています。もちろん、選択肢の1つとしては考えていますが、MO系のタイトルはGREE本社の方にもあまりノウハウがなく、別の形になるかもしれません。その部分はまだ全く決まっていません。

――『Lost in Stars』はFree2playですか?

Moon:はい。アイテムの課金であったり、武器購入の部分で課金となります。

――ここ最近、お金を払わなければ強くなれないゲームに対してユーザーさんはかなり厳しい目で見ていますが、その部分はどのようにクリアにしていますか?例えば、課金をしなくても、きちんとやりこめば課金ユーザーと遜色なく渡り合えたりしますか?

Moon:そこのところは難しくて、オンラインゲームはいろんな進め方があると思うんです。例えば、最初のレベル上げの手間を省く為に課金をしたり、飽きないようにギルドシステムやチャットシステム機能をつけたりしてユーザーさんに長くゲームをしてもらうように様々な工夫がされています。すごく悩んでいる部分なのですが、やっぱり課金してすごく強くなりたいユーザーもいるし、課金しなくても長くゲームをしたいユーザーもいて、そこのバランスをどうするかが課題です。

――今回のG-STAR2013はどう思いますか?

Moon:BtoCは前回に比べてちょっとさみしいな、という印象は受けます。逆にBtoBの方はすごい盛り上がっていて、過去最高となっています。恐らくですが、いま韓国では「ゲーム中毒法」というものが叫ばれて言います。

――「ゲーム中毒法」ですか?

Moon:はい。韓国では四大悪というものがあって、「麻薬」「アルコール」「タバコ」それと「ゲーム」です。その影響も多少あると思います。

――規制の範囲はどの程度なのですか?

Moon:現時点では決まっていないようですが、特にオンラインゲームは厳しくなりつつあります。例えばプレイ時間の規制は入ってくると思われます。オンラインゲームに規制がかかったら、確実にモバイルにもその影響は出ます。今、韓国政府と韓国のゲームメーカーが話し合っている最中で今後、いろいろ決まってきそうです。

――大手メーカーが出展していなかったり、規制が厳しくなってきていて寂しい印象を受けると仰っておりますが、個人的にはユーザーさんの入り具合はそこまで少なくない気がしますが…。

Moon:中毒法で来場者数が激減すると考えていましたが、そこまで影響はでていないようですね。

――Moonさんが気になるブースはありますか?

Moon:最近韓国で勢いがあるのは、gumi Koreaさんですかね。Gumiさんは最近、韓国で実績を非常にあげています。日本で人気の『ブレイブフロンティア』も韓国でローカライズして、Googleplayランキング上位に入ってきています。

――オンラインゲームメーカーのブースは回りましたか?

Moon:回りました!NEXONさんもそうですし、Blizzardさんもそうですが、やっぱり相変わらずすごいな、と。

――最近日本にきた、ウォーゲーミングもすごいですね。

Moon:今日も、韓国の人気の女優を呼んでステージイベントをやっていたようですよ。

――韓国の人は派手なことが好きなんですね!日本人が思うゲームショーとは違う感覚ですよね。

Moon:そうですね、韓国人にとっては一種のお祭りみたいなものですから。韓国の文化的にみんなお祭りが好きです。こういった祭典があると人も入るし、非常に盛り上がります。

――最後の質問なのですが、今後のGREE Koreaの韓国での動きや意気込みをお聞かせ下さい。

Moon:日本の本社があって、日本の支社として韓国で実績を残したい。2タイトルありますが、もうひとつ頭を抜け出れていません。カジュアルゲームからミッドコアゲームに移行している今、元々オンラインゲームに携わっていたGREE Koreaには人材もノウハウもあります。そこの強みを活かせるよう、次回作に向けて頑張りたいと思います。

――ありがとうございました。



競合がひしめき合う韓国市場のなか、日本の雄であるGREEがどのように戦っていくのか。今後のその動きに注目したいところです。
《森 元行》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 日本観光を恋愛ADV的ノリで楽しめる『Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~』がSteamで配信、開発者がセールス好調を報告

    日本観光を恋愛ADV的ノリで楽しめる『Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~』がSteamで配信、開発者がセールス好調を報告

  2. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

    【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  3. さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

    さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

  4. バンダイナムコHD、DeNAとの共同出資会社「BNDeNA」を解散 ― 提供ゲームもサービス終了に

  5. 『マインクラフト』生みの親、VRとボクセルアートを組み合わせた「Unmandelboxing」を発表

  6. 【CEDEC 2011】『鉄拳 タッグトーナメント2』におけるメモリ管理と負荷削減

  7. ゲーム開発のマイルストーン社長が逮捕、金融商品取引法違反

  8. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  9. 今週発売の新作ゲーム『TERA』『Darksiders III』『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』『Artifact』他

  10. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

アクセスランキングをもっと見る