人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2013】井伊直虎&後藤又兵衛のプレイから見えた多数の新要素 ― TMR&SCANDALのメッセージやコラボ情報満載の『戦国BASARA4』スペシャルステージ

カプコンは、東京ゲームショウ2013の同社内ブースでPlayStation 3ソフト『戦国BASARA4』のスペシャルステージを開催しました。その様子をお届けします。

ソニー PS3
【東京ゲームショウ2013】井伊直虎&後藤又兵衛のプレイから見えた多数の新要素 ― TMR&SCANDALのメッセージやコラボ情報満載の『戦国BASARA4』スペシャルステージ
  • 【東京ゲームショウ2013】井伊直虎&後藤又兵衛のプレイから見えた多数の新要素 ― TMR&SCANDALのメッセージやコラボ情報満載の『戦国BASARA4』スペシャルステージ
  • 【東京ゲームショウ2013】井伊直虎&後藤又兵衛のプレイから見えた多数の新要素 ― TMR&SCANDALのメッセージやコラボ情報満載の『戦国BASARA4』スペシャルステージ
  • オープニングテーマはおなじみT.M.Revolution
  • エンディングテーマはガールズバンド・SCANDALが担当
  • 「戦国創世」から始まる新たな展開とは
  • 戦国時代を駆ける4人の若き武将たち
  • シリーズ最多となる全40武将が登場
  • 新たな敵武将は「足利義輝」
カプコンは、東京ゲームショウ2013の同社内ブースでPlayStation 3ソフト『戦国BASARA4』のスペシャルステージを開催しました。その様子をお届けします。

発売日を2014年1月23日に決定し、オープニングテーマは西川貴教さんによるソロプロジェクト・T.M.Revolution、エンディングテーマはガールズバンド・SCANDALが担当すると発表。数量限定特典のダウンロードコンテンツや豪華特典が同梱される「百花繚乱魂手箱」の存在も明らかとなったばかり。「戦国創世」というキーワードのもと、新たな武将や刷新されたシステムによる壮大なバトルアクションを繰り広げることとなります。

本ステージには、プロデューサー・小林裕幸氏とディレクター・山本真氏が登場。この時点で会場内の『戦国BASARA4』体験ブースの整理券は終了となっており、人気の高さが伺えます。また、西川さんとSCANDALによるビデオメッセージも上映されました。西川さんは「舞台や宝塚などさまざまな展開をみせる『戦国BASARA』シリーズですが、軸となるゲームがどう発展していくか仲間として楽しみです。ぜひ期待してください」と、ムービーを見た際に感じた「新キャラや死んだキャラも含めてオールキャストが揃ってる」という印象もコメント。

SCANDALは「臨場感のあるリアルな映像にびっくりしました。衣装をはじめ細かい部分など、見ていてすごく楽しいです。エンディングテーマは、ゲーム内のドマチックな展開を意識しました」とメッセージを寄せました。どちらの楽曲も「戦国創世」という新たなスタートをイメージした疾走感あるナンバーに仕上がっており、歌詞にもゲームを連想させるワードが多数ちりばめられているようです。

なお、全武将数は40と公開されていますが、現在確定しているのは18武将。今回上映となった楽曲つきのスペシャルムービーには4人ほど未発表武将が映っていたといいます。非常に見つけにくい武将もいましたので、全員見つけられたたファンはラッキーですね。


■井伊直虎&後藤又兵衛のプレイによる新要素の紹介
山本ディレクターによる、新キャラクター「井伊直虎」「後藤又兵衛」を実際にプレイ。井伊直虎は、ウェディングドレスをモチーフとした可愛らしい衣装をまといながら、巨大な剣を豪快に振り回す男勝りな女武将です。剣をもったまま回転したり、衝撃派を放ったりすることも可能。また、井伊軍は長刀を構えた女性達となっています。挑発する仕草も気合いを入れるかのような男っぽい様子で、バサラ技では剣だけでなく拳を繰り出して敵を倒します。武田信玄と殴りあうシーンも公開されており、小林氏の「一言で表すなら、女版の真田幸村」というコメントに頷けました。

一方、後藤又兵衛の武器は「奇刃」という反り返った刀で、ブーメランのように投げられます。自身が回転したり、敵を回転させてダメージを与えたりすることもできるようです。奇刃を投げながら別の技を使用し、爪で引っかくという奇抜な動作も又兵衛ならでは。倒れた兵士へ追い討ちをかけるように何度も刃をこすり当て、切り刻むという残忍な技も持ち合わせており、率直な感想は「非常に痛そう」。こうした技を他のプレイヤー武将に行う姿は、あまり想像したくありませんね。

ステージ内に登場する敵兵士は、軍師の指示で陣形を組みます。ですので、真っ先に軍師を倒せば陣形が組みあがるのを防げます。敵が肩車のような状態になったところで、その背中を駆け上がるという相手を利用した戦術も。また、タイミングよくボタンを押せば一瞬にして敵の陣営を切り崩せます。コンボも稼げるため、積極的に狙いたいところ。一緒に戦う仲間武将を連れていける戦友システムでは、細かな支持は不要。攻撃させたい位置にサークルを移動させれば、自動的に攻撃を行いプレイヤーを強力にサポートしてくれます。


■アパレル&アクセサリーのコラボや一番くじも!『戦国BASARA4』最新情報
さまざまな特典が同梱となる豪華版「百花繚乱魂手箱」ほか、特製レザーケースがセットになった2種類の「戦国BASARA4 戯画セット」も発売。本作発売日よりわずかに前となる2014年1月19日には、島左近役・中村悠一さんと柴田勝家役・岡本信彦さんの出演が決定した「バサラ祭2014 ~新春の宴~」も開催となります。

新たなファンクラブ「BASARA CLUB」の発足をはじめ、アンダーウェアブランド「BETONES」とのコラボやアクセサリーブランド「Bizarre」による伊達・真田・徳川・石田モデルのシルバーペンダント、一番くじやプライズ景品としてフードタオルも監修中。カプコン開発が描き下ろしたミニキャラグッズも販売となる予定です。

このほかの情報は下記の通りです。

【東京ゲームショウ2013】『戦国BASARA4』数量限定特典に「伊達政宗 特別衣装」 ― 豪華版「百花繚乱魂手箱」も発売決定
http://www.inside-games.jp/article/2013/09/19/70448.html

【東京ゲームショウ2013】『戦国BASARA4』×『ガイストクラッシャー』コラボで「ジェット・マサムネ」参戦、マチ★アソビにも『戦国BASARA』進軍
http://www.inside-games.jp/article/2013/09/20/70479.html


最後に山本氏は「まだまだ発表していない武将もいますし、びっくりするような情報もたくさんあります。制作も佳境に入り、スタッフ一同頑張っていますので発売日を楽しみにしてください」とし、小林氏は「本作は新しいアクションを取り入れていますから、シリーズファンだけでなくアクションゲームを好きな人に遊んでいただきたいです。発売日に向けて怒涛の情報公開をおこなっていきますので、チェックしてください」とファンに伝えてステージを締めくくりました。
《みかめ》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く-マルチで戦車に乗ってみた編

    『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く-マルチで戦車に乗ってみた編

  2. 『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く―シングルプレイヤー編

    『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く―シングルプレイヤー編

  3. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

    「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  4. 【吉田輝和の絵日記】『ジャストコーズ4』グラップリングアクションで大暴れ―『FF』っぽい飛空艇も作った!

  5. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  6. 家庭用版『ニトロプラス ブラスターズ』に『閃乱カグラ』の「焔」が参戦!その他キャラ情報も

  7. 『GOD EATER 3』手数と破壊力を兼ね備えた新神機「ヘヴィムーン」が公開!新要素「アラガミ特攻」の紹介も

  8. PS Plus、12月フリプに『GRAVITY DAZE 2』が!『FF』30周年記念オーケストラコンサート映像も

  9. 『JUDGE EYES:死神の遺言』MCU氏が3DCGのキャラクターとして出演決定!主人公の八神とバトルになることも…

  10. 『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

アクセスランキングをもっと見る