人生にゲームをプラスするメディア

ヨーロッパボードゲーム界の話題を独占した「村の人生」待望の日本語版と拡張セットが発売決定

ホビージャパンは、「村の人生」日本語版、拡張セット「村の人生:酒場」を7月中旬に発売すると発表しました。

ゲームビジネス その他
村の人生
  • 村の人生
  • 村の人生:酒場
ホビージャパンは、「村の人生」日本語版、拡張セット「村の人生:酒場」を7月中旬に発売すると発表しました。

これは、昨年「ドイツ年間エキスパートゲーム大賞」と「ドイツゲーム賞」の2冠を獲得し、ヨーロッパのボードゲーム界の話題を独占した「村の人生」日本語版と、その拡張セットです。

このゲームでは、プレイヤーは村に住む一族となり、様々な手段で名声を得ようとします。ただし、忘れてはならないのが時間は過ぎていくということ。そして、人は永久には生きていられないということ。しかし、たとえ死んだとしても、その行いがすばらしいものであれば一族の村での名声は永久に残ることになります。たとえ自分が死んだとしても、あとを継ぐものがもしいれば、引き続き一族の栄光を積み上げてくれるでしょう。 村での一生で、プレイヤーは色々な選択をしなければなりません。斬新なシステムはゲームの進行をスムーズにし、その分プレイに集中できます。また、寿命や不慮の死の可能性があるため、人生と言う「時間」管理は重要なものになります。プレイ時間は約60~90分となっています。

拡張セット「村の人生:酒場」では、ビールが醸造できるようになります。すぐに酒場が開店し、そこで影響力のある人々が集まってきます。彼らとひとときを過ごし、ビールを1杯か2杯でもおごれば、あなたにだけ願いを叶えてくれるでしょう。勝利の手助けをしてくれる彼ら村人と、どんどん杯を交わしましょう。さらに、この拡張セットには、「村の人生」を 5 人で遊べるセットが入っています。 なお、拡張セット単品ではプレイできないので注意が必要です。

「村の人生」日本語版と拡張セット「村の人生:酒場」は7月中旬発売予定。価格は「村の人生」日本語版が5,040円(税込)、拡張セット「村の人生:酒場」が3,780円(税込)となっています。

(C)2013 eggertspiele GmbH & Co.KG,
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 桃太郎電鉄+じゃらん=リアル桃鉄?「桃鉄☆じゃらんケータイスタンプラリー」8月1日より開始

    桃太郎電鉄+じゃらん=リアル桃鉄?「桃鉄☆じゃらんケータイスタンプラリー」8月1日より開始

  2. さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

    さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

  3. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

    川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

  4. バンダイナムコ、2013年第3Q業績は経常益46.2%増 ― ソーシャルゲーム好調、業績予想も上方修正

  5. 虎ノ門ヒルズに引っ越したNHN PlayArtのこだわり新オフィスに行ってきた

  6. マイケル・ジャクソン氏急逝、ゲームメディアも悲しみにくれる

  7. 任天堂、ロゴを変更?

  8. Scaleformの活用でゲーム制作が変わった、『エルシャダイ』の開発にフォーカス

  9. 任天堂のグリーン調達について―「任天堂で働くということ」

  10. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

アクセスランキングをもっと見る