人生にゲームをプラスするメディア

『無双』『DOA』シリーズが業績牽引 ― コーエーテクモ決算、統合以来3期連続で最高益更新

ゲームビジネス その他

コーエーテクモ
  • コーエーテクモ
コーエーテクモホールディングスは5月7日、平成25年3月期(2012年4月1日~2013年3月31日)連結決算の短信を発表しました。

総売上高は34億6390万円と僅かながら昨年より微減したものの、営業利益、経常利益共に昨年を上回り、純利益は昨年に比べ21.9%アップの56億5600万円となりました。営業利益、経常利益、純利益はコーエーとテクモの経営統合以来、3期連続で最高益を更新しているとのことです。また、この予想を上回る業績で1株あたりの期末配当を33円に上方修正しています。

同社主力のゲームソフト事業が特に好調で、『真・三國無双7』(PS3用)、『DEAD OR ALIVE 5』(PS3用、Xbox360用)等のナンバリングタイトルや、コラボレーションタイトル『真・北斗無双』(PS3用、Xbox360、WiiU用)が順調に推移したことが増益の主な牽引役とされています。

また、同社が開発を担当したタイトルでは『ワンピース 海賊無双2』(PS3用、PSVita用)が国内で大いに人気を集め、『ポケモン+ノブナガの野望』(DS用)が海外で大変好評を博したということです。

ソーシャルゲーム事業では主力タイトルである『100万人の信長の野望』、『100万人の三國志』、『100万人のWinning Post』が安定した収益で推移し、積極的に展開したコラボレーションタイトル『AKB48の野望』が市場の注目を集めていることに触れ、一方オンラインゲーム事業では中国でサービスを開始した『大航海時代Online』が好調な出足を見せていると述べています。

今後の見通しとして同社は国内経済の景気回復基調を背景に、ゲームソフト事業では新規IPを創造すると共に新たなハードへの対応やダウンロードビジネスの強化を積極的に推進、さらなる成長を目指すとのこと。2014年3月期の業績は、売上高370億円(前年同期比6.8%増)、営業利益70億円(同12.8%増)、経常利益90億円(同1.9%増)、当期純利益57億円(同0.8%増)を見込んでいます。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  2. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

    あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  3. VR空間でプラモ製作が楽しめる『Monzo VR』配信開始、作った車への搭乗も可能

    VR空間でプラモ製作が楽しめる『Monzo VR』配信開始、作った車への搭乗も可能

  4. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  5. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  6. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  7. 「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入

  10. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

アクセスランキングをもっと見る