人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2013】ロングアイランド大学准教授による、“通る”ゲーム企画提案書の作り方

ゲームビジネス その他

【GDC 2013】ロングアイランド大学准教授による、“通る”ゲーム企画提案書の作り方
  • 【GDC 2013】ロングアイランド大学准教授による、“通る”ゲーム企画提案書の作り方
Game Developer Conferece 2013の教育向けプログラムGDC Education Summitで、ロングアイランド大学デジタルゲームデザイン&開発科のエレナ・ベルトッチ准教授が、ゲーム制作の企画書作りに関する講義を行いました。

具体的には、15万ドル(4月3日現在日本円で約1,402万円)の予算と6ヶ月の開発期間で、商業的に成功できるゲームを作るという明確な目標を設け、それを成し遂げるために必要な企画提案書の内容を、ビジネスと学問的な観点からレクチャーしていくというもの。

まずベルトッチ氏は、多くの企画書には十分なリサーチや準備、現実的な視点での市場の評価や予想される業績の具体化、そして何よりイノベーションが不足していると指摘。つまり、あなたのプロジェクトがどれほど個性的であるかという点です。他にも、忘れられがちな点として、ライバルになる可能性のある製品や企業のリストアップ、リスク説明といった部分が挙げられました。

次に、技術的な目標や指針の設定。ここでは、ハードウェア及びソフトウェアの技術的側面や必要とされるリソースを正確に把握すること、タイムライン・グラフ・表などを使って実現可能な挑戦であることを説明する重要性が語られました。

ビジネス的な部分としては、誇大表現を控え、市場を見据えた現実的な価格モデルの設定し、IP/著作権をどう守るかを考える。実際のクライアントとなり得る取引先の資料を作成し、どのようにして彼らにコンタクトするかを考える。ここでも企画段階で計画の具体化やデータ収集が如何に重要であるかが繰り返し述べられます。

その他の要素では、開発チームのバイオグラフィーを充実させることや、全体の予算の内訳を正確に記載することが、企画書を通すために欠かせない点として挙げられました。

尚、最初にベルトッチ氏が提示した予算や制作期間は、あくまで米国での開発環境をベースとしたものであるため、他の国では少し事情が異なることが考えられます。
《谷理央》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

    ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  2. 虎ノ門ヒルズに引っ越したNHN PlayArtのこだわり新オフィスに行ってきた

    虎ノ門ヒルズに引っ越したNHN PlayArtのこだわり新オフィスに行ってきた

  3. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  4. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. 今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ワールドウォーII』『.hack//G.U. Last Recode』『Spintires: MudRunner』他

  7. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  8. 【PS Vitaゲームカンファレンス】徹底した最適化でフル解像度、60FPSを実現した『パワースマッシュ4』

  9. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  10. 【China Joy 2013】スクエニ和田会長が語る「世界を覆うF2Pの波とローカライズ戦略の指針」

アクセスランキングをもっと見る