人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2013】テンセントが語る「中国のオンラインゲームで成功する方法」

中国最大のインターネット企業、テンセントは今回のGDCで複数のセッションを実施。ここでも存在感が高まってきました。初日にテンセントゲームス副社長のBo Wang氏は「中国のオンラインゲームで成功する運営」と題した講演を行いました。

ゲームビジネス その他
【GDC 2013】テンセントが語る「中国のオンラインゲームで成功する方法」
  • 【GDC 2013】テンセントが語る「中国のオンラインゲームで成功する方法」
  • 【GDC 2013】テンセントが語る「中国のオンラインゲームで成功する方法」
  • 中国のゲーム市場の概要
  • UIを変えることで劇的な改善が
  • バスケゲームを知らないユーザー向けにチュートリアルを改善
  • チュートリアル改善で継続率が上がった
  • 独自のコンテンツを入れていく
  • マネタイズアイテムも最適化することで売上が増える
中国最大のインターネット企業、テンセントは今回のGDCで複数のセッションを実施。ここでも存在感が高まってきました。初日にテンセントゲームス副社長のBo Wang氏は「Tencent/Successfully operation online games in china」(中国のオンラインゲームで成功する運営)と題した講演を行いました。

テンセントは1998年に設立されたインターネット企業。最も知られた製品はメッセンジャーの「QQ Messenger」。中国で圧倒的な普及を実現したこの製品を軸に、ユーザーを様々な自社開発サービスに誘導。インターネット市場で大きな存在となっています。「テンセントゲームス」というブランドでゲームも展開、Wang氏は「10億人の市場と言われる中国ですが、ゲームにとっては人口の80%が15~35歳であり、かつ全体の68%が男性という更に魅力的なデータもあるんです」と強調しました。Unreal EngineのEpic Gamesに出資するなどパートナーシップに積極的で、アクティビジョン・ブリザードなどの大手企業と協業でゲーム開発と運営を進めています。

講演ではオンラインゲームで成功するための幾つかの方法について要素別に語られました。最初にWang氏が強調したのは「最初の段階から参加させて貰うのが一番成功の確率が高いのではないか」ということです。海外企業にとっては、中国市場の攻略のためには現地企業と提携するのが必須で、その中でも最も成功確率が高いのがテンセントという理解がされています。この文脈では、既に完成したゲームの拡販のための(中国における)パートナーということになります。しかし、もっと早い段階から開発に携わりたいというのがテンセントの想いのようです。また、それが難しいとしても、現地の事情に合わせた改善を早いペースで可能にするチーム作りは重要になりそうです。

次いで重要なのはローカライズです。これは単に言語の翻訳だけで済むものではありません。例えばWang氏は2K Gamesとの提携で提供している『NBA 2K Online』の例を挙げ、「中国人は世界の皆さんのように『ダブルドリブル』『NBAジャム』そして『NBA 2K』といった過去のバスケゲームの文脈を知りません。ですから、バスケゲームとはどのようなものなのか、詳細なチュートリアルを用意する必要があるのです」と説明しました。また、どのような市場であっても「独自要素」は好まれます。『League of Legends』の例では中国の小説に基づいたキャラクターが登場しています。また、UIの変更が劇的な改善をもたらしたケースもあるそうです。

もちろんオンラインゲームですから運営も大事です。テンセントで運営する場合は同社が提供する「QQ Messenger」のほか、「Weibo」「QQTalk」「Qzone」「WeChat」といったソーシャルサービスとの連携を加えていくのが良さそうです。またe-Sportsの盛んなお国柄ということもありますので、そうしたイベントを仕掛けていくケースもあるようです。広い中国ですので、サーバーの配置も課題になります。この辺りは最大手の豊富な経験が役立ちそうです。

最後に「どうしたらテンセントのパートナーになれるか?」という質問があり、Wang氏は「まずは良いゲームを作って我々に見せて下さい、それから全てが始まります」との回答。最初から共同開発できるのはビッグネームだけかもしれません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  2. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

    今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  3. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  4. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  5. 「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

  6. 【売上ランキング】 トップは『シーマン2』が獲得、商戦機を前に寂しい一週間(10/15-21)

  7. 日本におけるゲーム内広告の可能性を探る -BBAオンラインゲーム専門部会 第13回研究会

  8. 舞台「龍が如く」桐生一馬「応龍の刺青」ビジュアルが公開、Web限定CMも

  9. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  10. バンナム、「株式会社バンダイナムコ研究所」を2019年4月1日に設立─新たな価値創出を目指す

アクセスランキングをもっと見る