人生にゲームをプラスするメディア

『鷹の爪団のスーパーリサイクルロボット対戦』インサイド読者限定のアイテムでスタートダッシュを決めよう!

ゲームビジネス 開発

『鷹の爪団のスーパーリサイクルロボット対戦』インサイド読者限定のアイテムでスタートダッシュを決めよう!
  • 『鷹の爪団のスーパーリサイクルロボット対戦』インサイド読者限定のアイテムでスタートダッシュを決めよう!
  • 『鷹の爪団のスーパーリサイクルロボット対戦』インサイド読者限定のアイテムでスタートダッシュを決めよう!
  • 『鷹の爪団のスーパーリサイクルロボット対戦』インサイド読者限定のアイテムでスタートダッシュを決めよう!
  • 『鷹の爪団のスーパーリサイクルロボット対戦』インサイド読者限定のアイテムでスタートダッシュを決めよう!
  • 『鷹の爪団のスーパーリサイクルロボット対戦』インサイド読者限定のアイテムでスタートダッシュを決めよう!
  • 『鷹の爪団のスーパーリサイクルロボット対戦』インサイド読者限定のアイテムでスタートダッシュを決めよう!
  • 『鷹の爪団のスーパーリサイクルロボット対戦』インサイド読者限定のアイテムでスタートダッシュを決めよう!
  • 『鷹の爪団のスーパーリサイクルロボット対戦』インサイド読者限定のアイテムでスタートダッシュを決めよう!
大人気の「秘密結社 鷹の爪」を題材にしたソーシャルゲーム『鷹の爪団のスーパーリサイクルロボット対戦』が2月26日にグリーで配信をスタートしました。ネタ満載のオープンイベントや、インサイドの読者限定プレゼントもあるので要チェックです。

先日のプレイレビューに続き。2つのオープニングイベント、そしてインサイド読者へのプレゼントコードをご紹介します。ゲームの詳細についてはこちらの記事を参考にしてください。

■電力危機イベント(2月26日~3月12日)
このイベントは、電力危機を回避すべく、みんなで協力して発電していくオープン記念イベントです。電力が回復し、マックスの状態になると電力基地を破壊するイベントボスが登場!各ユーザーが手持ちのロボット1体ずつで勝負をしていきます。ボスへのダメージは引き継がれるので、みんなで協力して倒していきましょう。

ボス討伐に貢献した人はもちろん、発電に貢献した人、両方に貢献した人と、それぞれに報酬の内容も異なっているということで、多くのプレーヤーが参加できそうです。

電力危機発生
電力危機は秩父で発生通常どおりゴミを拾おうゴミを拾っていったら充電
成果によって報酬が変わる!強力なボスをみんなで倒そう


■吉田村イベント(2月26日~4月1日)
吉田村イベントは、島根県にある吉田くんの故郷「吉田村」ステージが期間限定で解放されます。通常のゲームの流れと同じく、ゴミ拾いをしていきますが、この吉田村には鷹の爪団にちなんだお邪魔キャラ、特殊なボスキャラも登場します。特定の条件で撃破すれば貴重なアイテムを落とすことも・・・?

また、“ある条件”を満たすとユーザーだけのオリジナルロボット、オリジナルボイスがもらえる交換アイテム、さらには貴重な強化アイテムがゲットできるということで、是非とも参加したいイベントです。

島根が舞台のイベントです小ネタも続々お邪魔キャラも登場
レアアイテムが拾える?強敵も多く登場見事勝利!


■インサイド読者限定のプレゼント!
そしてなんと、今回はインサイド読者限定のプレゼントもご用意しています。キーワード【おれはくまじゃねぇ】を入力すると、限定のゴミ拾いロボット「火星婦」がゲットできます。

限定ロボット「火星婦」はこちら!


貴重なアイテムやファンなら入手したいオリジナルボイスも盛りだくさんのオープンイベントに読者プレゼントの「火星婦」で華麗なスタートダッシュを決めましょう。

『鷹の爪団のスーパーリサイクルロボット対戦』はグリーで好評配信中で、価格は基本無料のアイテム課金制です。

ゲームへのアクセスはこちらから!
http://pf.gree.net/59093

(C)PCPhase 2013
(C)蛙男商会/DLE
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー

    ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  2. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

    【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  3. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

    VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  4. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 【CEDEC 2010】イストピカ福島氏が語る「家庭用ゲーム開発者のソーシャルへの転身」

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  8. アクティビジョン、日本法人を設立

  9. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  10. 【CEDEC 2017】基調講演『ソードアート・オンライン』が見せる未来、小説とテクノロジーについて語る

アクセスランキングをもっと見る