人生にゲームをプラスするメディア

トーセ、減収ながら増益確保・・・厳しい時期が続く

トーセの発表した平成24年8月期の通期業績は、売上高52億4000万円(△8.7%)、営業利益4億5100万円(+19.2%)、経常利益4億8500万円(+35.4%)、純利益3億1400万円(+66.5%)でした。

ゲームビジネス 市場
トーセ、減収ながら増益確保・・・厳しい時期が続く
  • トーセ、減収ながら増益確保・・・厳しい時期が続く
トーセの発表した平成24年8月期の通期業績は、売上高52億4000万円(△8.7%)、営業利益4億5100万円(+19.2%)、経常利益4億8500万円(+35.4%)、純利益3億1400万円(+66.5%)でした。

前期はゲームソフト開発事業にて大型タイトルを中心に開発完了の時期が今期にずれ込んだことや、大型タイトルの中止が発生したこと、子会社の売上が伸び悩んだことから減収となりました。一方で、失注率を低位に抑えることができたこと、作業効率の向上や徹底した原価低減を推し進めた結果、増益でした。

開発完了タイトルは家庭用ゲーム機向け23タイトルパソコン向け4タイトル、パチン
コ・パチスロ向け4タイトル、アミューズメント向け1タイトル、携帯端末向け60タイトル、その他1タイトルの合計93タイトルだったとのこと。

今期については、新型ゲーム機や新分野の成長が続くと見られる一方、受託しているタイトルの開発完了時期が平成25年9月以降になるタイトルが多く、新興国市場の開拓のための費用が先行することから、収益の得にくい期間になるとしています。

業績予想は売上高52億4600万円、営業利益3億100万円、経常利益3億1800万円、純利益1億800万円を見込んでいるとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『マインクラフト』生みの親、VRとボクセルアートを組み合わせた「Unmandelboxing」を発表

    『マインクラフト』生みの親、VRとボクセルアートを組み合わせた「Unmandelboxing」を発表

  2. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

    【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  3. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

    ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  4. 【GDC 2009】面白いタイトルをしっかり売るには!? レベルファイブのプロデュース術を日野社長が大公開

  5. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  6. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  7. 今週発売の新作ゲーム『TERA』『Darksiders III』『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』『Artifact』他

  8. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  9. 【TGS2017】中国産スマホゲームの日本進出を語る!「進出しない理由は無い市場」

  10. コナミ、2013年3月19日で設立40周年迎える

アクセスランキングをもっと見る