人生にゲームをプラスするメディア

60種類の新レシピで楽しい料理を・・・3DS『クッキングママ 4』発売

ゲームビジネス 開発

オフィスクリエイトは、ニンテンドー3DS用ソフト『クッキングママ 4』を12月1日より発売開始しました。料理の調理工程がミニゲームになったお料理アクションゲームのシリーズです。

シリーズ最新作が3DSに登場


『クッキングママ』シリーズの特徴は、調理工程を抜き出したミニゲームです。たとえば、「たくあん」を作るなら、大根を洗って、干して、糠床を作り、大根を入れて漬け、使ったたくあんを切ります。

そして大切なのが、「ママ」の存在です。常に、ゲームの中ではプレイヤーのそばにいて応援をし、失敗しても代わりに手伝ってくれて、ゲームを進行してくれます。失敗しても決して怒らず、ネガティブな言葉は使わず励まし、見守ってくれるプレイヤーの保護者であり、唯一無二の存在なのです。食材のリアルさも特徴です。料理が主役のゲームなので、食材はリアルで理解しやすくなっています。子どもにとって食材の勉強にもなるでしょう。

『クッキングママ 4』は、3DSの特徴である立体表現を活かした演出を組み込み、ゲームに楽しい仕掛けを入れ込んでいます。調理の大成功や調理失敗時のハプニングなど、ユーザーが「うれしいと感じる場面や『慌てる』場面のアクセントとして活用しています。しかし終始立体表現を行うのではなく、2Dと3Dという表示のコントラストを持たています。

今回も様々なレシピに挑戦できる


60種類のレシピはすべて新作、遊べるミニゲームは200以上です。レタスやトマトを切ったり、卵をゆでたりしてサンドイッチを作ります。新しく便利な調理器具を使うことができ、失敗するとママもそれに立体視で、付き合ってくれます。ミニゲームには、本体を傾けたり、ゆらしたりなど、隠された操作方法を探すという楽しみが加わりました。

2つのレシピを組み合わせて作る「くみあわせてみよう」では、カレーにケーキを乗せたオリジナルカレーを作ったりできます。スパゲッティーにやきとりを乗せると? うどんにイチゴチョコを乗せると? 試してみてのお楽しみ。

新しいモードの「おてつだいをしよう!」は、主にキッチン周りの片付けをテーマにしたミニゲームです。作るだけでなく片付けや掃除といった日常にあるものを、ゲームを通してたのしむことができます。また、このモードは他と遊び方が変わり「時間以内にどれだけの得点がだせるか?」といったチャレンジモードです。

新たにママのお手伝いもできるように


「デザインへんこう」では、ゲーム中に手に入れた、ママの衣装やアクセサリー、キッチン周りの小物で、ゲーム中のデザインの変更ができます。「クッキングママ4」はダウンロードプレイにより、最大4人まで同時に遊ぶことができます。

『クッキングママ 4』は12月1日より発売中。価格は5,040円(税込)です。
《池本淳》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  4. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  5. モブキャスト、水口哲也氏のエンハンス・ゲームズに追加出資

  6. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  8. 『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か

  9. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  10. 任天堂ミュージアム−任天堂オブアメリカ総本山の博物館

アクセスランキングをもっと見る