人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2012】ゲームで好き嫌いを克服しよう!神奈川工科大学の”好き嫌い克服シリアスゲーム”『FOOD PRACTICE SYSTEM』

東京ゲームショウには毎回様々な学校も出展しており、各校とも個性的且つ実験的な生徒作品を出展しています。それらの中から、今回は神奈川工科大学が出展していた偏食を矯正するシリアスゲーム『FOOD PRACTICE SYSTEM』をご紹介したいと思います。

ゲームビジネス 人材
FOOD PRACTICE SYSTEM
  • FOOD PRACTICE SYSTEM
  • ゲーム画面
  • ゲーム画面
  • 弾丸をリロードするには実際に食べないといけない
  • ピーマンクッキーを食べて弾丸をリロード!
  • そしてまたバンバン撃ちまくります。
  • そして遂にトマトのボスキャラ登場!しかしここでちょうどトマトの弾丸が0に!
  • ということでまた食べます。
東京ゲームショウには毎回様々な学校も出展しており、各校とも個性的且つ実験的な生徒作品を出展しています。それらの中から、今回は神奈川工科大学が出展していた偏食を矯正するシリアスゲーム『FOOD PRACTICE SYSTEM』をご紹介したいと思います。

『FOOD PRACTICE SYSTEM』は“嫌いな食べ物をゲームで克服する”のがコンセプトのかわいい作風のファーストパーソン・シューティングゲームです。プレイヤーはニンジン、ピマン、トマトの”子供が嫌いそうな3大野菜”をモチーフとしたモンスターが襲いかかってくるのを専用の銃で倒していきます。しかし各野菜ごとに弾丸が減るようになっており、画面上部にある表示が「0」になるとそれ以上撃てなくなってしまいます。そんな時は…

野菜クッキーを食べる。ちなみにこのクッキー、野菜を原料に甘い味付けをしたお菓子ではなくガチで野菜の味がする野菜クッキーです。これを画面に向かって笑顔で食べます。スクリーンにはセンサーカメラが付いており、プレイヤーの噛む動作を計測して弾丸をリロードし、笑顔を検知してゲームを再スタートさせます。なので「食べたふり」ができず、ちゃんと噛んで笑顔にならなければゲームを続けることができません。

ステージを進めれば進めるほどたくさんの野菜クッキーを食べなければならないので、これなら小さな子供でも楽しみながら野菜嫌いを克服できそうですね。もちろん大人もプレイOKですが。
《籠谷千穂》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. シフトがWW向け新作アクションRPGを開発中と明らかに!『ゴッドイーター』や『フリーダムウォーズ』を手掛けたスタジオ

    シフトがWW向け新作アクションRPGを開発中と明らかに!『ゴッドイーター』や『フリーダムウォーズ』を手掛けたスタジオ

  2. 「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

    「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

  3. メタバースってなあに?  『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

    メタバースってなあに? 『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

  4. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  5. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  6. ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社が米国任天堂らを提訴

  7. 遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク、ゲームAIによるキャラクタの「進化」を考える

  8. 偶然の出会いが唯一無二のコンテンツを生んだ『El Shadai~エルシャダイ~』ディレクター竹安佐和記Xルシフェル役 竹内良太・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第22回

  9. ゼロ遅延技術「SonicSYNC」は従来スマホ音ゲーの"間違い"を正せるか―『ディズニー ミュージックパレード』メディア向け発表会をレポート

  10. 月刊任天堂2月号は『スーパーマリオストライカーズ』の体験版を収録

アクセスランキングをもっと見る