人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2012】ゲームで好き嫌いを克服しよう!神奈川工科大学の”好き嫌い克服シリアスゲーム”『FOOD PRACTICE SYSTEM』

東京ゲームショウには毎回様々な学校も出展しており、各校とも個性的且つ実験的な生徒作品を出展しています。それらの中から、今回は神奈川工科大学が出展していた偏食を矯正するシリアスゲーム『FOOD PRACTICE SYSTEM』をご紹介したいと思います。

ゲームビジネス 人材
FOOD PRACTICE SYSTEM
  • FOOD PRACTICE SYSTEM
  • ゲーム画面
  • ゲーム画面
  • 弾丸をリロードするには実際に食べないといけない
  • ピーマンクッキーを食べて弾丸をリロード!
  • そしてまたバンバン撃ちまくります。
  • そして遂にトマトのボスキャラ登場!しかしここでちょうどトマトの弾丸が0に!
  • ということでまた食べます。
東京ゲームショウには毎回様々な学校も出展しており、各校とも個性的且つ実験的な生徒作品を出展しています。それらの中から、今回は神奈川工科大学が出展していた偏食を矯正するシリアスゲーム『FOOD PRACTICE SYSTEM』をご紹介したいと思います。

『FOOD PRACTICE SYSTEM』は“嫌いな食べ物をゲームで克服する”のがコンセプトのかわいい作風のファーストパーソン・シューティングゲームです。プレイヤーはニンジン、ピマン、トマトの”子供が嫌いそうな3大野菜”をモチーフとしたモンスターが襲いかかってくるのを専用の銃で倒していきます。しかし各野菜ごとに弾丸が減るようになっており、画面上部にある表示が「0」になるとそれ以上撃てなくなってしまいます。そんな時は…

野菜クッキーを食べる。ちなみにこのクッキー、野菜を原料に甘い味付けをしたお菓子ではなくガチで野菜の味がする野菜クッキーです。これを画面に向かって笑顔で食べます。スクリーンにはセンサーカメラが付いており、プレイヤーの噛む動作を計測して弾丸をリロードし、笑顔を検知してゲームを再スタートさせます。なので「食べたふり」ができず、ちゃんと噛んで笑顔にならなければゲームを続けることができません。

ステージを進めれば進めるほどたくさんの野菜クッキーを食べなければならないので、これなら小さな子供でも楽しみながら野菜嫌いを克服できそうですね。もちろん大人もプレイOKですが。
《籠谷千穂》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『テトリス エフェクト』の感動的なサウンド演出はいかにして生み出されたか?共感覚体験の創出を目指すエンハンスを支えるWwiseの技術

    『テトリス エフェクト』の感動的なサウンド演出はいかにして生み出されたか?共感覚体験の創出を目指すエンハンスを支えるWwiseの技術

  2. 好評価のリマスター版『FF X/X-2 HD Remaster』はどう作られた?・・・バーチャスインタビュー(前編)

    好評価のリマスター版『FF X/X-2 HD Remaster』はどう作られた?・・・バーチャスインタビュー(前編)

  3. 2019年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. ヨドバシカメラ、ゲームソフトの予約が全額前金制に

  5. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

  6. 「暴力ゲームへの規制を許すな」−ドイツでゲーマーたちがデモ行進

  7. 高橋名人、社長になる!ゲーム開発会社「ドキドキグルーヴワークス」設立

  8. 【オールゲームニッポン】日本は世界でも稀有な母系社会(第12回)

  9. テレビ局ならではの遊びを展開、ゲーム事業に乗り出すTBSの狙いとは?

  10. ピーター・モリニューと『Dungeon Keeper』を作った日本人、世界の良質モバイルインディーゲームを紹介するコーラス・ワールドワイドを設立

アクセスランキングをもっと見る

1