人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】2Dイラストを360度動かす「Live2D Euclid」をVRで体験!3Dでは味わえない表現がココに

 

ゲームビジネス VR
【レポート】2Dイラストを360度動かす「Live2D Euclid」をVRで体験!3Dでは味わえない表現がココに
  • 【レポート】2Dイラストを360度動かす「Live2D Euclid」をVRで体験!3Dでは味わえない表現がココに

イラストの繊細なタッチをそのままに“360度全方位の立体表現”を可能にさせるツール「Live2D Euclid」のVRデモ『Live2D 保健室』が、「東京ゲームショウ2016」(以下、TGS2016)のVRコーナーに出展されていました。

「Live2D Euclid」はLive2D社の新ツールで、2017年Q1のリリースを予定。今回出展されていた『Live2D 保健室』は過去のイベントでも披露されていましたが、今回は改めて本作を体験してきました。

◆これはアニメの中か?


「Live2D Euclid」最大の魅力は“全ての角度や表情において原画の魅力を活かせる”ことで、3DのVR空間でありながらも、2Dイラストのテイストを損ねることなく、360度全方位の立体表現を実現。この質感は他のVR作品ではあまり見られないもので、まるでアニメの世界に入ったような感覚を体験することができます。



因みに『Live2D 保健室』は、美少女「YUI」が怪我したプレイヤーを心配して、保健室で手当てをしてくれるというストーリーが展開。保健室内の各スポットを探索するパートも用意されています。使用原画枚数は7枚で、プレイヤーの隣に座ったり、顔を近づけてきたり、手を伸ばしてきたりと、非常に躍動感溢れる動きを目の前で体験することができました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

まだまだ開発中ですので一部不自然な部分はありますが、全体的にはまったく違和感がなく、他のVRコミュニケーション作品と比較しても、2D的な可愛さのVR表現という意味では群を抜いているように感じました。「Live2D Euclid」が採用された作品が我々の手に届くのはまだ少し先になりそうですが、新たな情報が入り次第お伝えします。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. はてなが上場、売上先は任天堂が3割

    はてなが上場、売上先は任天堂が3割

  2. 汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

    汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

  3. 超有名な古今東西の英雄を指揮できるオンラインシミュレーションゲーム『時空覇王伝』

    超有名な古今東西の英雄を指揮できるオンラインシミュレーションゲーム『時空覇王伝』

  4. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. ディライトワークス 塩川氏×糸曽教授対談-現役クリエイターが大学で教える理由と業界への危機感を訊く【インタビュー】

  7. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  8. 週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2005年12月12日-月18日

  9. スクウェア・エニックスの技術責任者Julien Merceron氏がKONAMIへ移籍、FOX Engineに関わることに

  10. 【お知らせ】 掲示板&記事コメントが携帯から投稿可能に

アクセスランキングをもっと見る

1