人生にゲームをプラスするメディア

『バトルフィールド3』から『アングリーバード』へ・・・EA DICEのプロデューサーがRovioに移籍

『バトルフィールド3』のプロデューサーを務めたEA DICEのPatrick Liu氏が、『アングリーバード』のRovio Entertainmentがストックホルムに新設したスタジオRovio Stockholmにクリエイティブディレクターとして就任したことが明らかになりました。

ゲームビジネス 人材
Linkedinプロフィールから
  • Linkedinプロフィールから
『バトルフィールド3』のプロデューサーを務めたEA DICEのPatrick Liu氏が、『アングリーバード』のRovio Entertainmentがストックホルムに新設したスタジオRovio Stockholmにクリエイティブディレクターとして就任したことが明らかになりました。

EA DICEはエレクトロニック・アーツ傘下のスタジオで、正式名称はEA Digital Illusions Creative Entertainment。Rovio Stockholmと同じくスウェーデンのストックホルムに拠点を構えています。『バトルフィールド』シリーズや『ミラーズエッジ』などを開発してきました。

Patrick Liu氏はEA DICEでは『バトルフィールド3』のほか、『バトルフィールド バッド・カンパニー』『バトルフィールド1943』『メダル オブ オナー』などを手掛け、GDC 2010などでの講演経験もあります。それ以前にはStarbreeze Studiosにて『ダークネス』『ザ・クロニクルス・オブ・リディック』などの開発に携わりました。

家庭用ゲーム機の超大作ゲームから、スマートフォンを代表するカジュアルゲーム『アングリーバード』のRovioへの転身。今後どのような作品を手掛けていくのか興味深いですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

    今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

  2. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  4. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  5. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

  6. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  7. 本物はどっち!? 小島プロダクションが「FOX ENGINE」の最新ショットを公開

  8. ゲームはVR/AR市場の中心となるか?「ファインテック ジャパン」セミナーレポート

  9. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  10. 「世界に誇れる日本企業」トップ10にソニーと任天堂がランクイン

アクセスランキングをもっと見る