人生にゲームをプラスするメディア

2012年にもカプコンの新規IPタイトルが登場予定

ゲームビジネス 開発

『アスラズ ラース』や『ドラゴンズ ドグマ』などの新情報を公開したカプコンですが、2012年にはこの他にもオリジナルタイトルが一つ控えていることを、同社ヨーロッパCOOであるDavid Reeves氏が明らかにしています。

Reeves氏はMCVに対し、現在カプコンは新作の『バイオハザード オペレーションラクーンシティ』や、『スーパーストリートファイターIV アーケードエディション』といったように、再びそのようなメインフランチャイズへ焦点を当てていることを説明。

また二つのフランチャイズを製品ラインの中心におくという将来の戦略において、それらのタイトルに限定し続けることはないとのこと。実際に新しいプロジェクトとして発表された『アスラズ ラース』や『ドラゴンズ ドグマ』の他に、詳細は不明ながらも来年には少なくとももう一つのオリジナルタイトルが登場するそうです。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  2. ゲームを通してプログラミングを学べる「QUREO(キュレオ)」ーー事業者説明会からみる「プログラミング学習」の今とは?

    ゲームを通してプログラミングを学べる「QUREO(キュレオ)」ーー事業者説明会からみる「プログラミング学習」の今とは?

  3. ポケモンセンター全店で「おねむりピカチュウまつり」実施

    ポケモンセンター全店で「おねむりピカチュウまつり」実施

  4. 【台北ゲームショウ2016】寺田貴信氏が『スパロボ』誕生や参戦作品について語った「寺田の趣味では・・・」

  5. 任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

  6. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  7. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  8. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  9. 「TGS 2018」開催発表会レポート―開催は9月20日から、e-Sportsや動画配信を強化していく

  10. かわいいペーパークラフトの世界−ファミコン、E缶、マリオ、オバマ大統領などを無料公開

アクセスランキングをもっと見る