人生にゲームをプラスするメディア

【GTMF 2009】3Dエフェクトツールの理想に向けて「Blend Magic」

8日に大阪中之島のグランキューブ大阪(大阪国際会議場)にて、ゲーム開発者向けのセミナー「Game Tool and Middleware Expo 2009」大阪会場が開催されました。その中で3Dエフェクトツール「Blend Magic」を開発するマッチロックの藤本文彦社長はエフェクトツールの使われ方や今後の理想などについて講演しました。

ゲームビジネス その他
【GTMF 2009】3Dエフェクトツールの理想に向けて「Blend Magic」
  • 【GTMF 2009】3Dエフェクトツールの理想に向けて「Blend Magic」
  • 【GTMF 2009】3Dエフェクトツールの理想に向けて「Blend Magic」
  • 【GTMF 2009】3Dエフェクトツールの理想に向けて「Blend Magic」
  • 【GTMF 2009】3Dエフェクトツールの理想に向けて「Blend Magic」
  • 【GTMF 2009】3Dエフェクトツールの理想に向けて「Blend Magic」
  • 【GTMF 2009】3Dエフェクトツールの理想に向けて「Blend Magic」
  • 【GTMF 2009】3Dエフェクトツールの理想に向けて「Blend Magic」
  • 【GTMF 2009】3Dエフェクトツールの理想に向けて「Blend Magic」
8日に大阪中之島のグランキューブ大阪(大阪国際会議場)にて、ゲーム開発者向けのセミナー「Game Tool and Middleware Expo 2009」大阪会場が開催されました。その中で3Dエフェクトツール「Blend Magic」を開発するマッチロックの藤本文彦社長はエフェクトツールの使われ方や今後の理想などについて講演しました。

マッチロック代表 藤本氏


3Dエフェクトツールとはゲームで使われる様々なエフェクトを容易に作成するためのツールで、藤本氏は理想のツールについて「箱庭をいじるように最終的なゲーム空間をディレクターが直接編集できるような環境」と述べました。これは言いかえれば、ゲーム内容の変更とそれの確認にかかる時間のオーバーヘッドがないことを意味します。



ゲームの最終的なクオリティはどれだけのトライアル&エラーを繰り返したかによって決まり、それは開発期間に直結していきます。3Dツールの大きな課題は、トライアル&エラーをする中でのオーバーヘッドをいかに減らすかです。繰り返しトライすることで、クリエイティブな面での思考時間や作業時間は減り、ツールの起動時間や処理時間が重くのしかかってきます。無限にトライアル&エラーが繰り返されたとすると、その所要時間のほとんどはツールのオーバーヘッドになります。

現在Ver.3までがリリースされている「Blend Magic」ですが、今後はこのオーバーヘッドを減らすために、素材作成行程とエフェクトの作成行程の統合、プレビュー機能の向上、後行程(オブジェクト編集・レベルデザイン)との統合されたインターフェイスなどを重点的にバージョンアップするとのことです。

今後のバージョンアップ予定


「Blend Magic」は『ゴーストスカッド』(Wii)、『機動戦士ガンダムスピリッツオブジオン〜戦士の記憶〜』(業務用)など多数の開発実績のあるデベロッパー、ポリゴンマジックのインハウスツールとして生まれた3Dエフェクトツールで、マッチロックは2008年に独立しました。藤本氏によれば、中小デベロッパーだけでなく、大手パブリッシャーの外注作品などでも広く使われるようになってきたとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

    ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  4. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  5. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  6. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

  7. 新しいステージに一緒に行ける人を募集・・・ゲームフリーク訪問記(後編)

  8. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  9. N.O.M.1月号、「バンブラ&マリパ大特集」

  10. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

アクセスランキングをもっと見る