人生にゲームをプラスするメディア

マクロス河森正治監督の直筆サイン入りフライトジャケット、e-CAPCOMに登場!

ゲームビジネス その他

マクロス河森正治監督の直筆サイン入りフライトジャケット、e-CAPCOMに登場!
  • マクロス河森正治監督の直筆サイン入りフライトジャケット、e-CAPCOMに登場!
  • マクロス河森正治監督の直筆サイン入りフライトジャケット、e-CAPCOMに登場!
2009年に船でいう進水式ならぬ「進宙式」を行い宇宙へと飛び立った「SDF-1マクロス艦」。これを記念して、カプコンの公式オンラインショップ「e-CAPCOM」に、河森正治監督監修の「マクロス MFJ TYPE-L フライトジャケット」が登場しました。しかもe-CAPCOMショップ限定で、河森正治監督のサイン入りとなっています。

デザインは機体との統一感を強調して、可変戦闘機VF-1バルキリーの一条機カラーそのまま。前作のMFJ(ミュージック・フライトジャケット)は中綿入りのいわゆるMA-1モデルでしたが、今回は中綿のない薄手のライトゾーン(Light Zone低空域)用フライトジャケット仕様のTYPE-Lになっており、3シーズンに対応したとのことです。

また内側の背中部にハイドレーションを入れられるポケットを配し、わき下部のジッパー開閉内側にはメッシュ生地が貼られ、温度調節ができるベンチレーションシステムを採用して、快適性を向上させています。

また、マクロスのキーワード「音楽」にスポットを当てた機能、ミュージックプレイヤーポケットを操作しやすい袖口に移動し、さらにICカードポケットが右腕に追加されています。

またジャケット付属のスカル小隊のワッペンには、好きなネーム(英数字最大14文字)を入れることが可能。商品といっしょに届く同梱のハガキに必要事項を記入のして送付すれば、刺繍したネームがあらためて送られてくるとのことです。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. ゲーム開発者の平均年収は「539万円」─据置型ゲーム機従事者が増加傾向、スマホ従事者は3年連続の減少

  5. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  6. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  7. ミストウォーカー、新作タイトルで現代アーティストの小松美羽とコラボを実施 ─ 個展には描き下ろし作品が展示中

  8. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. 【GTMF2014】あの子たちも駆けつけたーゲーム開発を進化させる12年目のGTMF

  10. 【レポート】日本のゲーム産業に対する大いなる誤解―角川ゲームス安田氏の基調講演

アクセスランキングをもっと見る