人生にゲームをプラスするメディア

Ziff Davis Mediaが連邦倒産法第11条を申請―「EGM」や「1UP.COM」など運営

ゲームビジネス その他

AP通信やブルームバーグなどによれば、テクノロジーとゲーム分野の紙とウェブの出版社であるZiff Davis Mediaは、広告収入の落ち込みなどにより経営不振に陥っていることから、連邦倒産法第11条(チャプター11)の適用申請を行いました。テクノロジーでは「PC Magazine 」、ゲームでは総合雑誌「Electronic Gaming Monthly」やウェブサイト「1UP.COM」で知られます。

ウェブサイト「1UP.COM」と雑誌「EGM」


チャプター11は日本で当たる民事再生法に当たり、営業を続けたまま再建に取り組むことになります。

再建策の主な内容は、デッドエクイティスワップで、既に2億2500万ドル相当の債権者と合意に達していて、これを5750万ドル相当の株式に変換します。これにより債権者らは普通株式の88.8パーセント以上を保有することになります。Ziff Davisは昨年12月現在で資産3億1300万ドルドルに対して負債が5億ドルとなっていて、この再建策によって債務超過を解消すると共に、債権者より2450万ドルの新規資金を受け入れ、建て直しを図ります。

Ziff Davisは16のウェブメディアと3つの雑誌を発行しており、2600万人の読者を抱えます。1920年代にWilliam B. Ziff Sr.とBernard G. Davisによって設立された歴史ある出版社です。1994年にZiff家は大部分の所有株を投資ファンドに売却し、翌年ソフトバンクが買収しました。2000年には再び投資ファンドに売却されています。

元々テクノロジー系の大手ウェブメディア、ZDNetを運営していましたが、2000年にはシーネット ネットワークスに売却されています。日本ではソフトバンクとの合弁でZDNetが展開されていましたが、2001年にブランドをITmediaに変更しましたが、2005年にはシーネットが新しくZDNetを開設しています。

ITバブル崩壊後から広告収入が急減していて、2001年には紙とウェブで合わせて2億1500万ドルあったものが、現在では4000万ドルまでに減少しているそうです。また収入全体としても2001年には3億ドルだったのが現在では7600万ドルにまで減少しているということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

    2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  2. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  3. 【アンケート結果発表】思い出のゲームボーイは?

    【アンケート結果発表】思い出のゲームボーイは?

  4. クリエイターの負荷を軽くする「自動生成」技術、将来の方向性は? 〜IGDA日本ゲームAI連続セミナー

  5. 遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク、ゲームAIによるキャラクタの「進化」を考える

  6. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  7. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  8. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  9. 特別対談 ずらり揃った4社の代表が今後のゲームエンジン・ミドルウェアについて語り尽くす!・・・GTMF2013直前インタビュー

  10. VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発

アクセスランキングをもっと見る