人生にゲームをプラスするメディア

CEROレーティングの今後を考える座談会が開催

ゲームビジネス その他

「テレビゲームのレーティングの社会的受容に関する研究会」(代表:国際基督教大学佐々木輝美)は、CERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)の今後のあり方を考える座談会を開催するに当たって、参加者の募集を行っています。

CEROのレーティングとは、2002年10月からスタートしたもので、ゲームの内容を審査し、どの年齢層のユーザーに適切かどうかマークをパッケージ等に表記して周知するという試みです。座談会ではこの制度の今後について話すということです。7月25日開催で時間は15時〜17時。場所は千代田区内、応募条件として首都圏在住の20歳以上の男女ということになっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『アサシン クリード オリジンズ』『スーパーマリオ オデッセイ』『ARK: Survival Evolved』『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』他

    今週発売の新作ゲーム『アサシン クリード オリジンズ』『スーパーマリオ オデッセイ』『ARK: Survival Evolved』『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』他

  2. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  3. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

    【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  4. 火事で燃えたWiiとGBAを任天堂が交換

  5. 【GDC 2009】サンフランシスコのゲームショップ巡り

  6. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  7. 【GDC2012】『牧場物語』の和田康宏氏が語る2つのコンセプト~新会社トイボックスの展開も明らかに

  8. 【MSM2009】ソフトウェア開発におけるカラーユニバーサルデザインの重要性

  9. はてなが上場、売上先は任天堂が3割

  10. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

アクセスランキングをもっと見る