人生にゲームをプラスするメディア

CEROレーティングの今後を考える座談会が開催

ゲームビジネス その他

「テレビゲームのレーティングの社会的受容に関する研究会」(代表:国際基督教大学佐々木輝美)は、CERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)の今後のあり方を考える座談会を開催するに当たって、参加者の募集を行っています。

CEROのレーティングとは、2002年10月からスタートしたもので、ゲームの内容を審査し、どの年齢層のユーザーに適切かどうかマークをパッケージ等に表記して周知するという試みです。座談会ではこの制度の今後について話すということです。7月25日開催で時間は15時〜17時。場所は千代田区内、応募条件として首都圏在住の20歳以上の男女ということになっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

    『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  2. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

    【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  3. 今週発売の新作ゲーム『ザンキゼロ』『ニンテンドークラシックミニファミコン ジャンプ創刊50周年記念バージョン』他

    今週発売の新作ゲーム『ザンキゼロ』『ニンテンドークラシックミニファミコン ジャンプ創刊50周年記念バージョン』他

  4. 『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

  5. 【CEDEC 2011】大規模なハイエンドゲーム開発をスクラムで~ディンプスの事例

  6. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  7. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  8. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  9. 任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る