人生にゲームをプラスするメディア

『マリオカート アーケードグランプリ2』稼動スタート!

ゲームビジネス その他

マリオカートシリーズのアーケード版である『マリオカート アーケードグランプリ』の第2弾である『マリオカート アーケードグランプリ 2』が3月14日より稼働開始しました。早速プレイしてきましたのでレポートします。

稼動がスタートとは言え、マリオカート アーケードグランプリ2を設置している店舗は少ないようですね。今回も1レース1クレジットです。

2からの新キャラクターとして、「ワルイージ」「まめっち」が新規参戦。まめっちはやはり女の子に人気です。選択するカートも通常の物とキャラ専用と、2種類選択可能になりました。

今回は「50CC」「100CC」「150CC」が最初から選択が可能で、50CCと100CCはオートアクセルでアクセルを踏まなくてもカートが走るようになりました。これによりアクセルに足が届かない小さな子供でもハンドル操作だけて遊べるます。レース中は山寺宏一さんによる実況が流れるようになり、レースを盛り上げてくれます。

コース上にマリオコインが設置されており、一定の枚数を集める事によりご褒美が貰えます。1回とればOKで、壁にぶつかったりライバルカートに接触した際にコインを落としたりした場合は、通常のコインとしてコース上に再配置されます。

前作の6種類のカップに加え、新カップの「ヨッシーカップ」「ワルイージカップ」が追加されました。前作で登場したカップのコースはそのまま同じです。

前作で使っていたライセンスカードを2に引き継ぐことも可能です。引き継げる内容は「プレイヤーネーム」「アイテム獲得情報」「グランプリ進行度(うらカップのデータは引継ぎ不可)」「カード使用回数」の4項目です。引継ぎをすると前作ではもう使えなくなるのでご注意を。

全体のまとめとしまして、2は完全新作と言うよりは、1のバージョンアップ版て言った感じですね。再びアーケードでマリオカートが登場と言う事で、普段ゲームセンターへ行かない人も行っている人もマリオカートを楽しんじゃいましょう!
《まさと》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. はてなが上場、売上先は任天堂が3割

    はてなが上場、売上先は任天堂が3割

  3. サイゲームス、伊名門サッカークラブ「ユヴェントス」スポンサー企業に!ユニフォームにロゴが掲出

    サイゲームス、伊名門サッカークラブ「ユヴェントス」スポンサー企業に!ユニフォームにロゴが掲出

  4. ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

  5. OPENREC.tv x TOPANGAスポンサー契約発表会レポ―「日本のe-Sports発展に貢献を」

  6. 京都銀行、任天堂株の売却は考えず、配当を原資に貸し出し強化へ

  7. 『NintendoDREAM』ディレクター サオヘン氏インタビュー 第一回

  8. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  9. 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

  10. 任天堂ミュージアム−任天堂オブアメリカ総本山の博物館

アクセスランキングをもっと見る