人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコ、Wii向けに約30タイトルを開発中

バンダイナムコホールディングスは2006年度中間期業績を発表しました。それによれば、売上高は2066億3600万円、営業利益は172億6300万円、経常利益は185億6100万円、中間純利益は110億1100万円となりました。「たまごっちプラス」の世界的な人気などにより好調な業績となりました。

任天堂 Wii
バンダイナムコホールディングスは2006年度中間期業績を発表しました。それによれば、売上高は2066億3600万円、営業利益は172億6300万円、経常利益は185億6100万円、中間純利益は110億1100万円となりました。「たまごっちプラス」の世界的な人気などにより好調な業績となりました。

ゲーム事業については記者会見で、傘下のバンダイナムコゲームスの鵜之澤伸副社長がWii向けに約30タイトル、PS3やXbox360で10数タイトルを開発中であることを明らかにしたそうです。特にバンダイレーベルは任天堂向けタイトルが以前から多かったのですが、それにしても約30タイトルとは凄い数字です。

いまのところ明らかにされているタイトルは

・SDガンダム SCAD HAMMERS
・縁日の達人
・たまごっちのピカピカだいとーりょー!
・機動戦士ガンダム
・ソード オブ レジェンディア
・パックマンカーニバル
・ワンピース アンリミテッドアドベンチャー

の7タイトルです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』で突如出現した謎のポケモン「メルタン」の正体が明らかに―オーキド博士&ウィロー博士が研究開始!

    『ポケモンGO』で突如出現した謎のポケモン「メルタン」の正体が明らかに―オーキド博士&ウィロー博士が研究開始!

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  5. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  6. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  7. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  8. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

  9. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  10. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

アクセスランキングをもっと見る