人生にゲームをプラスするメディア

『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】 34枚目の写真・画像

『ボイド・テラリウム』のように、一見すると想像もつかない“ゾクッ”とする要素を含んだ作品を、日本一ソフトウェアはいくつも手がけています。今回は、そんな“本当は怖い”作品から3タイトルをピックアップしてご紹介!

その他 特集
『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】
『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

    これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

  2. 『ポケカ』新弾「Pokémon GO」に驚きの仕掛け―表面のシールを剥がせば…「メタモン」だー!

  3. 「キン肉マン」お値段、100万円! 悪魔将軍のマスク(1/1スケール)をダイヤモンドパワーを再現して立体化!

  4. 【抽選販売】『ポケカ』新パック「Pokémon GO」予約開始!ポケセンオンラインで“関連商品”も応募受付中

  5. ホロライブ・戌神ころねさん、約2週間の活動休止を発表―医者から「自律神経が壊れている」と診断

アクセスランキングをもっと見る