人生にゲームをプラスするメディア

『真・女神転生V』“美人&美少女”悪魔のオンパレード! お預け小悪魔からチラ見せ美女までお届け【フォトレポ】

『真・女神転生V』の序盤に登場する、美人&美少女悪魔の一部をフォトレポートでご紹介。本シリーズならではの人外美女を、たっぷりご覧あれ!

その他 特集
『真・女神転生V』“美人&美少女”悪魔のオンパレード! お預け小悪魔からチラ見せ美女までお届け【フォトレポ】
  • 『真・女神転生V』“美人&美少女”悪魔のオンパレード! お預け小悪魔からチラ見せ美女までお届け【フォトレポ】
  • 『真・女神転生V』“美人&美少女”悪魔のオンパレード! お預け小悪魔からチラ見せ美女までお届け【フォトレポ】
  • 『真・女神転生V』“美人&美少女”悪魔のオンパレード! お預け小悪魔からチラ見せ美女までお届け【フォトレポ】
  • 『真・女神転生V』“美人&美少女”悪魔のオンパレード! お預け小悪魔からチラ見せ美女までお届け【フォトレポ】
  • 『真・女神転生V』“美人&美少女”悪魔のオンパレード! お預け小悪魔からチラ見せ美女までお届け【フォトレポ】
  • 『真・女神転生V』“美人&美少女”悪魔のオンパレード! お預け小悪魔からチラ見せ美女までお届け【フォトレポ】
  • 『真・女神転生V』“美人&美少女”悪魔のオンパレード! お預け小悪魔からチラ見せ美女までお届け【フォトレポ】
  • 『真・女神転生V』“美人&美少女”悪魔のオンパレード! お預け小悪魔からチラ見せ美女までお届け【フォトレポ】

長い歴史を持つRPGシリーズの最新作『真・女神転生V』が発売され、多くのユーザーが悪魔と対峙する日々を送っています。

本作に登場する悪魔は、いずれも恐ろしく手強い相手ですが、交渉や合体を駆使して“仲魔”にすることも可能。また、人外ならではの魅力も備えており、独自性の高い容姿に惹かれる方も少なくありません。

そこで今回は『真・女神転生V』に登場する、独特でひと味違う美女や美少女をフォトレポートでお届け! 魅惑的なビジュアルを通して、本作が持つ魅力の一端へと迫ります。

ネタバレを考慮し、まずはタマチからナガタチョウ(議事堂まで)の区間に絞り、出会う可能性のある悪魔の一部をご紹介。LV20以下の美人・美少女な悪魔を、とくとご覧あれ。

■最初の悪魔はお馴染み「ピクシー」

本シリーズで最初に出会う美人・美少女といえば、この「ピクシー」を思い出す方も多いはず。本作における初登場は、悪魔との交渉の流れを教えてくれるチュートリアル的な存在でした。

今回も、序盤の生命線とも言える回復魔法「ディア」を所持しており、安定の存在感を放っています。また、レベルが上がると「パトラ」や「ザン」も覚えるので、各属性の攻撃手段が乏しい序盤では、衝撃属性担当として活躍する場面も。

ちなみに、本作には「ハイピクシー」も登場。お馴染みの髪型も健在で、「サンマ」を覚える頼もしい悪魔です。

■序盤のナビ役「アマノザコ」

順当に進めた場合、次に出会うのは「アマノザコ」。絡まれていたところを(結果的に)助けたら、なんだか懐かれてしまいました。

真意が掴みにくい面もありますが、一生懸命な振る舞いは愛らしさもあり、厳しい戦いの中でちょっとした清涼剤になってくれることも。

ちなみに彼女は、とある悪魔を探しています。無事出会えるといいのですが。

■「悪魔合体」などでお世話になる謎の美人「ソピアー」

主人公が出会う(おそらく)3人目の美人・美少女は、邪教の世界の主「ソピアー」。シリーズお馴染みの「悪魔合体」の施設を管理する重要人物です。今回の主旨からはやや外れますが、見逃すには惜しい美人さんなので、特別にピックアップさせていただきました。

素性も理由も分かりませんが、主人公の力を目覚めさせてくれるなど、全面的に協力してくれる彼女。落ち着いた物腰の美人もいいものですね!

悪魔合体の際にも、そのご尊顔が拝めます。

■いち早く登場! でも、仲魔はまだお預けの小悪魔「モー・ショボー」

こちらも、シリーズを通して人気のある悪魔「モー・ショボー」。彼女は、バトルではなくマップ上にいる会話相手という形で初登場を飾りました。

朽ちた車の上で、足をぶらぶらさせている動きも可愛らしく、仲魔にしたい気持ちが沸き上がります。

──ですが、彼女の基本レベルはLV20を大きく超えており、パーティに加わるのはまだ先の話。ここは、グッと堪えて先に進むしかありません。

それなのに、序盤のうちから様々な場所で出会ったりもします。まだ仲魔にはならないのに、何度もチラ見せするなんて……この小悪魔め!



《臥待 弦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【お台場痛車天国2024】約1000台の痛車が大集結、今年は『ホロライブ』などのVtuberが人気

    【お台場痛車天国2024】約1000台の痛車が大集結、今年は『ホロライブ』などのVtuberが人気

  2. 総勢260台の“痛車”!アニメ、ゲームなどが集う入場無料イベントが5月26日開催

    総勢260台の“痛車”!アニメ、ゲームなどが集う入場無料イベントが5月26日開催

  3. 『ポケカ』新弾「Pokémon GO」に驚きの仕掛け―表面のシールを剥がせば…「メタモン」だー!

    『ポケカ』新弾「Pokémon GO」に驚きの仕掛け―表面のシールを剥がせば…「メタモン」だー!

  4. 神秘的な海のロマンあふれるおすすめゲーム5選―美しくも厳しい海中世界を大冒険しよう!

  5. 『ポケモン』いよいよ「サトシ」卒業へ!約26年にも及ぶ旅路を、懐かしい画像と共に振り返る

  6. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

アクセスランキングをもっと見る