人生にゲームをプラスするメディア

【台北ゲームショウ2016】「城を奪い返せ!」で日本でもお馴染み『Crush of Kings』のElex Wireless社に直撃 2枚目の写真・画像

ここ数日、土砂降りの雨が続いていた台湾・台北。気温の上昇とともに熱気も上昇している台北ゲームショウ2016。3日目を迎えた30日は、土曜日ということもあり尋常ではない数の人が会場に訪れていました。

モバイル・スマートフォン iPhone
【台北ゲームショウ2016】「城を奪い返せ!」で日本でもお馴染み『Crush of Kings』のElex Wireless社に直撃
【台北ゲームショウ2016】「城を奪い返せ!」で日本でもお馴染み『Crush of Kings』のElex Wireless社に直撃

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』カーマが、まさかのダブルピース!?─ReDrop氏の描く“イライラのアサシン”がTwitterに降臨

    『FGO』カーマが、まさかのダブルピース!?─ReDrop氏の描く“イライラのアサシン”がTwitterに降臨

  2. “昔ながら”からの脱却―『ワールドフリッパー』のドット絵はなぜ今風に見えるのか?こだわりが凝縮した開発インタビュー

    “昔ながら”からの脱却―『ワールドフリッパー』のドット絵はなぜ今風に見えるのか?こだわりが凝縮した開発インタビュー

  3. 【こーの『ドラクエウォーク』ぷれい日記】冥獣装備ふくびきの結果やいかに!?くものきょじんLv30にもチャレンジしました

    【こーの『ドラクエウォーク』ぷれい日記】冥獣装備ふくびきの結果やいかに!?くものきょじんLv30にもチャレンジしました

  4. 『サカつくRTW』新実装「レーン特徴」の詳細が明らかに!レジェンド“オランダトリオ”コラボフェスも開催決定【公式生放送まとめ】

  5. 『アークナイツ』の難易度に適応できるかは2章が分岐点?攻略に欠かせない推しオペレーターはペンギン急便のあの子【読者アンケート】

  6. 「タワーディフェンス」の人気タイトル、スタイリッシュな『アークナイツ』と“何でもアリ”が加速する『千年戦争アイギス』を比較してみた

  7. 『アークナイツ』の二次創作に関するガイドラインが発表─「非営利目的」「日本国内での発表・流通」ならOK

  8. 「装甲騎兵ボトムズ」スコープドッグをイメージした“基板アート”iPhoneケース登場! レンズ発光ギミックにむせる

  9. 『FGO』でも「清少納言」と「紫式部」は仲が悪い?新イベントで明らかとなったその関係を紹介!

  10. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

アクセスランキングをもっと見る