人生にゲームをプラスするメディア

『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

「司馬懿〔ライネス〕」と「アストライア」の登場で、その数を11騎に増やした疑似サーヴァントたち。本記事では、その11騎を振り返り、それぞれが誰を依り代としていたり、どんな特徴があるのかなどをご紹介していきます!

モバイル・スマートフォン iPhone
『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】
  • 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】
  • 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】
  • 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】
  • 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】
  • 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】
  • 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】
  • 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】
  • 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】
※ネタバレ注意!
本記事には、メインストーリーやイベントストーリーの登場人物に関するネタバレが含まれます。


※UPDATE(5/13 11:20):コメント欄での指摘を受けて、「疑似サーヴァント」や「マシュ・キリエライト」についてを説明した「そもそも「疑似サーヴァント」とは何か?」の項目を追記しました。


スマートフォン向けFateRPG『Fate/Grand Order』(以下、FGO)の最新イベント「レディ・ライネスの事件簿」では、ガチャ限定の新サーヴァントとして「司馬懿〔ライネス〕」と「アストライア」が登場しました。

この2騎は、人間の体を霊基にして顕現した存在……いわゆる「疑似サーヴァント」です。『FGO』では、今までにも「諸葛孔明〔エルメロイII世〕」や「イシュタル」、「パールヴァティー」といった疑似サーヴァントが何騎か登場してきました。



そんな疑似サーヴァントが、今回の2騎の登場を受けて結構な数になったと思い調べてみたところ、合計で11騎を確認(クラス違いは同一とカウント。ゲーム内にサーヴァントや立ち絵として登場しているものに限る)。基本的に『Fate』シリーズの人気キャラクター達を依り代としているため、ガチャで入手を目指す人や、サーヴァントとしての正式実装を期待している人も多いでしょう。

そこで今回は、これら11騎の疑似サーヴァントを改めて振り返り。それぞれが誰を依り代としていたり、どんな特徴があるのかなどをご紹介していきます!

◆そもそも「疑似サーヴァント」とは何か?


今回紹介する「疑似サーヴァント」というのは、高次元の生命である神霊や、霊基が弱すぎてサーヴァント化できない英霊、カルデアの召還式で霊基が作りづらい英霊などがサーヴァントとして召喚されるために、相性の良い人間の体を霊基にして顕現したものです。一言で言えば“英霊に憑依された人間”のこと。

普通のサーヴァントとは違い霊体化ができない他、食事や睡眠など、肉体の生理活動の維持も必要になるといった共通点が存在。この「疑似サーヴァント」と似たような存在として「デミ・サーヴァント」がいますが、これは原理が全く異なる別物となります。


本記事は、あくまで「疑似サーヴァント」について紹介していきますので、「デミ・サーヴァント」に分類される本作のヒロイン「マシュ・キリエライト」は、今回の記事から除いています。

なお、「デミ・サーヴァント」は本来なら不可能な技術であり、「マシュ・キリエライト」は極めて特殊な成功例になります(偶然から生まれたものであり、ゲーム内シナリオでも再現性はないと明言)。『FGO』内でこの「デミ・サーヴァント」に分類されるのも、正確には「マシュ・キリエライト」のみ。近しい存在としては「ジーク」ですね。


「疑似サーヴァント」の簡単な紹介を終えたところで、早速次項目より、現在登場している「疑似サーヴァント」を振り返っていきます!

◆諸葛孔明〔エルメロイII世〕



『FGO』で一番初めに登場した疑似サーヴァントである「諸葛孔明〔エルメロイII世〕」。依り代は、サーヴァント名にも入っている「ロード・エルメロイII世」こと「ウェイバー・ベルベット」です。

普通ならば、依り代にされた人間の精神は憑依した英霊のものに書き換えられ、第三人格とも言える新しい人格に転生するもの。しかしこの「諸葛孔明〔エルメロイII世〕」は、孔明とエルメロイII世による議論の末、現代に聡いエルメロイII世側が主導権を握ることになったという特殊なパターンになっています。

◆司馬懿〔ライネス〕



イベント「レディ・ライネスの事件簿」で登場した新疑似サーヴァント「司馬懿〔ライネス〕」。依り代は、上記「ロード・エルメロイII世」の義妹である「ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ」です。

「司馬懿〔ライネス〕」も、現代での運用にあたり、「諸葛孔明〔エルメロイII世〕」と同じく主導権は依り代のライネス側が握っています。しかしこちらは、司馬懿が孔明ほど達観した合理主義でもないため、しばしば司馬懿の人格が出てくるという事態に。ある意味、「諸葛孔明〔エルメロイII世〕」より珍しいパターンかもしれません。

◆アストライア



「司馬懿〔ライネス〕」と同じく、イベント「レディ・ライネスの事件簿」で登場した新疑似サーヴァント「アストライア」。依り代は、「遠坂凛」のライバルキャラクター「ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト」です。

依り代の影響からか、ここぞという時でプロレス技を使う屈指の格闘技サーヴァントに。この格闘技や依り代と性格が殆ど変わらないこともあって、ライネスとグレイからは「間違いなくルヴィアだ」と言われることに。後述する疑似サーヴァント「イシュタル」との絡みに期待が持てます。

◆ジャガーマン



第七特異点「絶対魔獣戦線 バビロニア」にて初登場となった疑似サーヴァント「ジャガーマン」。依り代は、登場時誰もが「SSF」と叫んだであろうギャグ時空担当「藤村大河」です。

「ジャガーマン」の依り代としての選考基準は、“聖杯に縁のある人間の中で最も野生の力、そして野生の宿命を帯びた者”とのこと。つまり「藤村大河」には、とんでもない野生力が秘められていたということですね。正直、真面目に考えたら負けです。



次ページでは、1人の人物を依り代にした2騎の英霊×2をご紹介!
《茶っプリン》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』「虚数魔術」の入手がほぼ不可能に!? 新概念礼装の登場に合わせ、4種類の既存礼装が入れ替わり

    『FGO』「虚数魔術」の入手がほぼ不可能に!? 新概念礼装の登場に合わせ、4種類の既存礼装が入れ替わり

  2. 『ウマ娘』“福引チャンス”や“安心沢刺々美”の期待値は…?気になるイベントを「育成イベントギャラリー」で検証してみた【特集】

    『ウマ娘』“福引チャンス”や“安心沢刺々美”の期待値は…?気になるイベントを「育成イベントギャラリー」で検証してみた【特集】

  3. 『ウマ娘』サクラバクシンオー役・三澤紗千香さんの「いかにもバクシンらしいツイート」が話題沸騰!本当にバクシンボイスが聞こえてくる…

    『ウマ娘』サクラバクシンオー役・三澤紗千香さんの「いかにもバクシンらしいツイート」が話題沸騰!本当にバクシンボイスが聞こえてくる…

  4. 『FGO』新サーヴァント「★5 モルガン」と「★4 妖精騎士ガウェイン/トリスタン」公開!新ガチャ「アヴァロン・ル・フェPU」でさっそく実装

  5. 『ウマ娘』ジェミニ杯開催は6月14日!タウラス杯からの変更点もあり―決勝ラウンド進出条件が緩和

  6. しらび氏が『ウマ娘』アグネスタキオンのイラストを投稿!「りゅうおうのおしごと!」などで知られる著名イラストレーター

  7. 『FGO』6周年イベント「FGOフェス2021」開催決定!今年は“6日間”にわたり、コンテンツをオンラインで配信

  8. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  9. 久住先生描き下ろし「オグリキャップ」が祝福!漫画「シンデレラグレイ」累計発行部数100万部突破を記念し、『ウマ娘』にてプレゼントが配布

  10. 『FGO』キャスニキにモーション改修&新規ボイス追加!いよいよ“杖を槍として”扱いだしたぞ…

アクセスランキングをもっと見る