人生にゲームをプラスするメディア

【台北ゲームショウ2016】第二世代の「HTC Vive」を体験!地元デベロッパーの作品もレベル高し!

台湾を代表するスマホメーカーHTCと「Steam」のValveが共同開発するVRヘッドセット「HTC Vive」が台北ゲームショウ2016に出展されていましたので体験しました。

ゲームビジネス VR
【台北ゲームショウ2016】第二世代の「HTC Vive」を体験!地元デベロッパーの作品もレベル高し!
  • 【台北ゲームショウ2016】第二世代の「HTC Vive」を体験!地元デベロッパーの作品もレベル高し!
  • 【台北ゲームショウ2016】第二世代の「HTC Vive」を体験!地元デベロッパーの作品もレベル高し!
  • 【台北ゲームショウ2016】第二世代の「HTC Vive」を体験!地元デベロッパーの作品もレベル高し!
  • 【台北ゲームショウ2016】第二世代の「HTC Vive」を体験!地元デベロッパーの作品もレベル高し!
  • 【台北ゲームショウ2016】第二世代の「HTC Vive」を体験!地元デベロッパーの作品もレベル高し!
  • 【台北ゲームショウ2016】第二世代の「HTC Vive」を体験!地元デベロッパーの作品もレベル高し!
  • 【台北ゲームショウ2016】第二世代の「HTC Vive」を体験!地元デベロッパーの作品もレベル高し!
  • 【台北ゲームショウ2016】第二世代の「HTC Vive」を体験!地元デベロッパーの作品もレベル高し!
台湾を代表するスマホメーカーHTCと「Steam」のValveが共同開発するVRヘッドセット「HTC Vive」が台北ゲームショウ2016に出展されていましたので体験しました。





第二世代のハードウェア「HTC Vive Pre」は既に今年のCESなどで展示されレポートをお届けしていますが、今回は地元台湾企業のFuturetownが開発した『CLOUDLANDS : VR MINIGOLF』と『A-10 VR』も用意されていましたのでそちらにチャレンジしてみました。



Futuretownは台湾とバンクーバーに拠点を置くデベロッパーで、創業者のJohan Yang氏とJustin Liebregts氏は複数のゲーム企業で経験を持つ開発者。2015年3月にHTC本社で「HTC Vive」を体験し、残りの人生を賭けるべきものと感じ、VRゲームに特化した活動を行っているそうです。HTCやValveと密接な協力関係にあり、いずれのゲームもハードに合った高品質なものとなっています。



『CLOUDLANDS : VR MINIGOLF』はタイトルから分かるように、ゴルフゲームです。緑が広がるコースに立ち、カップを目指します。両手に持っているコントローラーで、ゴルフクラブを持っている気分でショットを放ちます。微妙な力加減が難しいですが、そこは本物さながら。上手くカップに入れられた時の嬉しさはひとしおです。



『A-10 VR』は宇宙を舞台にしたシューターです。自分の周囲に敵が飛び回って襲いかかってくるので、両手に持った銃で撃退していきます。しゃがむとリロードするようになっていました。次々に跳びかかってくる敵に対して両手で銃を放って落としていくのはなかなかの快感。360度から敵はきますので周囲を見渡しながらプレイする必要があります。

どちらのタイトルもまるで世界に入っているような感覚があり、レベルの高さを伺わせました。







筆者が第二世代の「HTC Vive Pre」を体験したのは初でしたが、ゴーグル本体の装着が容易になり、製品版に近づいた印象。コントローラーも持ちやすくなりました。

また、フロントにカメラが追加され、ゴーグル装着時にも部屋の様子を見ることができます。主にメニュー画面を開いた際などにその表示は行われるようです。ゴーグルを装着してしまうと完全に世界から隔絶されてしまいますが、ゴーグル上に小さく外の様子が映し出されると安心感があります。加えて、コントローラーがどこにあるかを映し出す事も出来るようです。体験ではまずゴーグルを装着して、係員の方にコントローラーを手渡されるのですが、ゴーグルの中にコントローラーの場所が示されているため、受け渡しが簡単でした。

HTCの地元ということもあってか、幾つかのブースに展示され存在感のあった「HTC Vive」。多くのデベロッパーがゲーム開発に参加しているようですが、どのような展開が待っているのか。2月末から予約開始と伝えられていますが、楽しみですね。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スクエニ三宅陽一郎氏がゲーム開発におけるAI技術論文で「2020年度人工知能学会論文賞」を受賞

    スクエニ三宅陽一郎氏がゲーム開発におけるAI技術論文で「2020年度人工知能学会論文賞」を受賞

  2. 令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

    令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

  3. 米任天堂社長が「新型ニンテンドースイッチ」について米紙インタビューで言及―相次ぐ新型発表の報道をうけ

    米任天堂社長が「新型ニンテンドースイッチ」について米紙インタビューで言及―相次ぐ新型発表の報道をうけ

  4. 【CEDEC 2012】桜井政博氏が問い掛ける「あなたはなぜゲームを作るのか」

  5. 【週間売上ランキング】 2007年最後の一週間を制したのは・・・(12/24-31)

  6. 【CEDEC 2009】海外重視でクローズアップされる"ローカライズ"~各社が事例を基に議論

  7. 『スプラトゥーン3』のレベルデザイナーを募集中―業界経験不問、ブキや対戦バランスの調整を担当

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. マイクロソフトは発売前のXbox Series Xを、ライバル企業・SIEに提供していた―Xbox幹部「これは業界の信頼の証でした」

  10. 『The Last of Us Part 3』のストーリーの大筋は存在するが現在は制作していない―ディレクターがポッドキャストで発言

アクセスランキングをもっと見る