人生にゲームをプラスするメディア

【台北ゲームショウ2016】「城を奪い返せ!」で日本でもお馴染み『Crush of Kings』のElex Wireless社に直撃

ここ数日、土砂降りの雨が続いていた台湾・台北。気温の上昇とともに熱気も上昇している台北ゲームショウ2016。3日目を迎えた30日は、土曜日ということもあり尋常ではない数の人が会場に訪れていました。

モバイル・スマートフォン iPhone
【台北ゲームショウ2016】「城を奪い返せ!」で日本でもお馴染み『Crush of Kings』のElex Wireless社に直撃
  • 【台北ゲームショウ2016】「城を奪い返せ!」で日本でもお馴染み『Crush of Kings』のElex Wireless社に直撃
  • 【台北ゲームショウ2016】「城を奪い返せ!」で日本でもお馴染み『Crush of Kings』のElex Wireless社に直撃
  • 【台北ゲームショウ2016】「城を奪い返せ!」で日本でもお馴染み『Crush of Kings』のElex Wireless社に直撃
  • 【台北ゲームショウ2016】「城を奪い返せ!」で日本でもお馴染み『Crush of Kings』のElex Wireless社に直撃
  • 【台北ゲームショウ2016】「城を奪い返せ!」で日本でもお馴染み『Crush of Kings』のElex Wireless社に直撃
  • 【台北ゲームショウ2016】「城を奪い返せ!」で日本でもお馴染み『Crush of Kings』のElex Wireless社に直撃
  • 【台北ゲームショウ2016】「城を奪い返せ!」で日本でもお馴染み『Crush of Kings』のElex Wireless社に直撃
  • 【台北ゲームショウ2016】「城を奪い返せ!」で日本でもお馴染み『Crush of Kings』のElex Wireless社に直撃
ここ数日、土砂降りの雨が続いていた台湾・台北。気温の上昇とともに熱気も上昇している台北ゲームショウ2016。3日目を迎えた30日は、土曜日ということもあり尋常ではない数の人が会場に訪れていました。



どこもかしこもステージイベントが盛り上がるなか、どこかで見たことがあるようなロゴが大きなスクリーン上に映しだされており、そこに『Clash of Kings』の文字。



「城を奪い返せ!」のキャッチフレーズとともに、日本のテレビコマーシャルでも多く見かける本タイトルですが、実は中国に本社を構えるIT会社のElex Wirelessが運営を行っています。





本作は中国だけでなく台湾でも同じように支持を得ているようで、会場内外に多くの看板が立ち並んでいました。





ゲームの試遊台はもちろんのこと、オリジナル菓子パンのプレゼントやダーツゲームなど、本ブースに訪れた人に対し「いかに楽しんでもらえるか」ということを考えている様子がうかがえます。



その想いはステージイベントにも反映されているのか、来場者と一緒にパントマイムやバルーンアートを行ったり、ステージに訪れたユーザーに豪華プレゼントを用意するなど、日本のゲームショウではあまり見かけない、ド派手な仕掛けを多く組み込んでいました。



今回インサイドでは、Elex Wireless社の台湾PR担当者、イベント担当者の方にミニインタビューを敢行しましたので、そちらの様子もお届けします。

―――今年の台北ゲームショウ2016はどうでしょうか?

今回のゲームショウは過去に見たことがないほど盛り上がっていて、出展企業(特にB2B)、来場者数も昨年に比べると増えているように感じます。

―――今回の出展の意図は?

現在、台湾でも『Clash of Kings』を配信しているのですがおかげさまで常にトップセールス5位以内に入るような状況です。今回の出展は、支えてくださっているユーザーさんに向けて「感謝」の意味が大きいです。

―――競合タイトルはどのあたりになるのでしょうか?

『クラッシュオブクラン』が近しいタイトルになってくるかと思うのですが、ジャンルも微妙に違ってきます。競合という競合は台湾では、現時点では無いかもしれません。

―――台湾のゲームマーケットについて。どのように見ていますか?

多くのユーザーが「ゲーム」そのものをプレイしていますが、そのほとんどが今はスマートフォンゲームをプレイしている印象です。もちろん、コンソールでゲームをプレイしている方もいらっしゃいますが、ゲーム機本体の価格やパッケージソフトの価格が高いということや、みなさんやはりスマートフォンを利用していますので、スマートフォンアプリゲーム市場がものすごい勢いで伸びていますね。

―――今後の海外展開について。日本をはじめ、海外展開はどのように考えていますか。

アジアをメインとしながら海外展開は今後も積極的に行っていく予定です。もちろん、日本も今以上に力をいれていきたいと考えていますので、期待をして頂ければと思います。

―――ありがとうございました。



日本でも積極的なプロモーション活動を行っているElex Wireless。今後どのようなタイトル・サービスを我々に提供をしていくのか、注目をしたいところです。
《森 元行》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』新サーヴァント「★5 平景清(アヴェンジャー)」、「★4 鬼一法眼(アサシン)」実装決定! イベント「いざ鎌倉にさよならを」1月20日開催

    『FGO』新サーヴァント「★5 平景清(アヴェンジャー)」、「★4 鬼一法眼(アサシン)」実装決定! イベント「いざ鎌倉にさよならを」1月20日開催

  2. 『FGO』平安京PU2で登場するのは“あの2騎”? 宝具演出からバトルモーションまで、新サーヴァントの情報をまとめて紹介!【※ネタバレ注意】

    『FGO』平安京PU2で登場するのは“あの2騎”? 宝具演出からバトルモーションまで、新サーヴァントの情報をまとめて紹介!【※ネタバレ注意】

  3. 『FGO』福袋2021で最も選ばれたのは? 新年に聖杯を捧げられたサーヴァント第1位は? 気になるデータランキングが公開!

    『FGO』福袋2021で最も選ばれたのは? 新年に聖杯を捧げられたサーヴァント第1位は? 気になるデータランキングが公開!

  4. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  5. 「ホウエンセレブレーション」は戦力を大幅にアップさせる絶好のチャンス!忙しい社会人に向けた注目ポイントまとめ【ポケモンGO 秋田局】

  6. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  7. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

  8. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  9. 「『FGO』2020年に実装されて“1番好きになったサーヴァント”は誰?」結果発表―トップ争いは異聞帯関係者! 全27騎の投票理由にも注目【アンケート】

  10. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

アクセスランキングをもっと見る