人生にゲームをプラスするメディア

『The Last of Us Part 3』のストーリーの大筋は存在するが現在は制作していない―ディレクターがポッドキャストで発言

果たして『The Last of Us Part 3』は実現するのでしょうか。

ゲームビジネス 開発
『The Last of Us Part 3』のストーリーの大筋は存在するが現在は制作していない―ディレクターがポッドキャストで発言
  • 『The Last of Us Part 3』のストーリーの大筋は存在するが現在は制作していない―ディレクターがポッドキャストで発言
  • 『The Last of Us Part 3』のストーリーの大筋は存在するが現在は制作していない―ディレクターがポッドキャストで発言

Naughty Dogのニール・ドラックマン氏はポッドキャスト番組「Script Apart」に出演し、『The Last of Us Part 3』の可能性について言及しました。


海外メディアIGNによると、ニール・ドラックマン氏は「どこまで明かしていいのか分かりませんが、私と共同脚本家のハレー・グロス氏は『The Last of Us Part II』の後に起こることを少し探るストーリーの大筋を書きましたが、現在は制作していません。」と発言しています。


『The Last of Us Part 3』はNaughty Dog社内でかなり議論されているとのことですが、「このようなゲームを実現するには非常に多くの時間がかかります。初代『The Last of Us』が発売されてから『Part II』が発売されるまでの7年間、私はそれについて考えていました。」としており、やはり簡単に実現する話ではないようです。


現在Naughty Dogは次の展開について模索しているようで、「『Part 3』にせよ、新規IPにせよ、昔のIPを復活させるにせよ、さまざまなアイデアを検討するのに長い時間がかかります。それらをすべて十分に検討した上で、金銭的にも、時間的にも、情熱的にも、才能的にも大きなコミットメントとなるため、それに伴う機会費用を考えます。」と、新たなプロジェクトを始動させるために多大な時間や労力がかかることを説明。同社の次回作を見られるのはまだ少し時間がかかるのかもしれません。

《みお》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  2. 任天堂もソニーもCSRを重視―環境保護や人権問題

    任天堂もソニーもCSRを重視―環境保護や人権問題

  3. メタバースってなあに?  『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

    メタバースってなあに? 『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

  4. Forbesの最も稼いだキャラクターランキングでピカチュウが10位に

  5. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  6. 【GDC2012】シリアスゲームにかわって登場した「GameIT」って何だ?GameITサミットレポート

  7. 【DEVELOPER’S TALK】「もうPS3には戻れない」と言わせたい、開発チームが挑んだゲームサウンド演出 PS4『龍が如く 維新!』インタビュー(後編)

  8. リーダーは泥まみれになる覚悟をもて!橋本善久氏のプロマネ講座・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  9. 『塊魂』の高橋氏がゲーム業界を去る ― 「悲しい」「好きなことをして欲しい」と海外の声

  10. AC『マリオカート アーケードグランプリ2』は来年3月出荷開始

アクセスランキングをもっと見る