人生にゲームをプラスするメディア

『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

既存装備の性能を大きく上回る「マスターランク装備」で挑めば、ソロで「ベヒーモス」を狩ることも余裕なのでは? そんな考え手に至った筆者の、“ソロベヒーモス戦レポート”をお届けします。

ソニー PS4
『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】
  • 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】
  • 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】
  • 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】
  • 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】
  • 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】
  • 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】
  • 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】
  • 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

突然ですが皆さんは、『モンスターハンター:ワールド』×『ファイナルファンタジーXIV』コラボで登場した「ベヒーモス」を憶えているでしょうか?

強力な攻撃の数々や「エクリプスメテオ」を始めとした特殊ギミック、体力もマルチ用の設定しか存在せず、4人で役割分担を決めての討伐が推奨されていた『モンハン:ワールド』最強と言っても過言ではないモンスターです。


筆者はこの「ベヒーモス」を撃退まで成功させたものの、難易度の高さに尻込みして討伐クエストとなる「手負いの魔獣「ベヒーモス」」には挑戦していませんでした。

ですが、大型拡張コンテンツとなる『アイスボーン』が配信された今、既存装備の性能を大きく上回る「マスターランク装備」で挑めば、ソロで「ベヒーモス」を狩ることも余裕なのでは? そんな考え手に至った筆者の、“ソロベヒーモス戦レポート”を今回はお届けします。

◆まずはクエスト内容&使用装備について紹介



挑戦の前に、今回挑むクエスト「手負いの魔獣「ベヒーモス」」についてご紹介。「龍結晶の地」を舞台に、メインターゲットとなる「ベヒーモス」の討伐を目指す難易度★9のクエストです。制限時間が35分と短めに設定されており、当時はタイムアップに苦しめられるハンターも大勢いました。

ですが、「ベヒーモス」の動きに慣れ始めた一握りのプロハンターたちはソロでその狩猟に成功。後に登場する「極ベヒーモス」ですらソロ狩猟を達成させていました。筆者自身にそこまでの腕前は無いものの、今回は圧倒的に高性能となったマスターランク装備があります。

ちなみに、今回「ベヒーモス」に挑む装備はこちら。「導きの地」の攻略や珠集めを積極的に取り組んでいないため、カスタム強化・スキルこそ理想的とは言えませんが、素の性能では『モンハン:ワールド』時代を大きく上回っています。



『モンハン:ワールド』との比較として、当時では防御力上位を誇っていた「マムタロト装備」装備の性能がこちら。

この装備で、平均どれほどのダメージを与えられるのか? 受けるダメージをどれほど抑えられるのか?等々、気になる点にも注目しつつ早速「ベヒーモス」へ挑戦します!

◆驚きの防御力にマスターランク装備の強さを改めて実感!しかし久々の狩猟は一切の動きを忘れさせる



クエスト「手負いの魔獣「ベヒーモス」」では、落石ギミックも存在するエリア8に「ベヒーモス」が初期配置されています。この落石をしっかりと当てつつ、本格的な狩猟をスタート。

といっても「ベヒーモス」と戦うのは久々のため、開始早々ダメージを受けてしまいました。受けた攻撃は、「前方の地面から火炎を噴き出す」という高威力の技。どれほど体力が減るのかと身構えたところ……


減ったのは1/3程度。予想の遥か下を行くダメージ量に、改めてマスターランク装備の強さを実感させられました。ちなみに、装備紹介時に比較として載せた「マムタロト装備」で同じ攻撃を受けてみたところ、半分の体力を持っていかれる結果に。防御力約400の差はやはり大きいですね。


大ダメージによる突然死の心配も薄れたので、ここからは一気に攻勢へ転じたいところ……なのですが、やはり久々ということもあり、どのタイミングで攻撃を当てればいいのか? どの部位に攻撃を当てればいいのか? 見切り斬りのタイミングは?などを忘れてしまい、なかなかダメージを与えられない展開に。

敵視の存在すら忘れていたため、気付けばフィールドはミールストームだらけ。思うように動けず、そのまま1乙。その後も狩猟を続けますが結局討伐達成はならず、初戦はぐだぐだな終わりを迎えてしまいました。


ただこれは、筆者の事前準備が足りなかっただけのこと。ネットに上がっているプロハンターの対ベヒーモス戦動画や攻略サイトの情報をチェックし、練習の意味合いも込めてここから何回か「手負いの魔獣「ベヒーモス」」に挑戦しました。

次ページ:「ベヒーモス」の動きにも慣れてきた10戦目の狩猟をレポート。慣れればマスターランク装備で余裕に狩れるのか?
《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』シーズン10が一週間延長、オーバータイムミッションは10月8日開始―v10.40.1アップデートのパッチノート公開

    『フォートナイト』シーズン10が一週間延長、オーバータイムミッションは10月8日開始―v10.40.1アップデートのパッチノート公開

  2. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

    リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  3. 『グラブル ヴァーサス』組織より「ゼタ」&「バザラガ」参戦決定!パッケージアートやプレミアムBOX、店舗別特典イラストのビジュアルも公開

    『グラブル ヴァーサス』組織より「ゼタ」&「バザラガ」参戦決定!パッケージアートやプレミアムBOX、店舗別特典イラストのビジュアルも公開

  4. 『ストリートファイターV』新キャラ・新コンテンツの情報を11月と12月に公開予定―全キャラ対象の無料DLC「スポーツウェア」は12月配信

  5. 『モンハンワールド:アイスボーン』現時点で判明している新登場モンスターをまとめてチェック―ハンターを待つは大ボリュームの24体!【特集】

  6. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  7. 『NEW GUILTY GEAR(仮)』「アクセル=ロウ」を紹介する最新トレイラー公開!「ARCREVO America 2019」での世界初試遊も決定

  8. 『モンハン:アイスボーン』マスターランク(MR)今いくつ?【読者アンケート】

  9. スクウェアには「アヤ・ブレア」というセクシーな女性がいた ─ 「プレステクラシック」に収録される懐かしの『パラサイト・イヴ』特集

  10. 『モンハン:アイスボーン』イベントクエストに「ジンオウガ」が登場!18日からの「ティガレックス亜種」クエ受注条件はMR70以上

アクセスランキングをもっと見る

1