人生にゲームをプラスするメディア

20周年を迎えた『アークザラッドIII』を思い出す─このゲームは悪くはない、ただ終わった作品を強引に続ける力がなかったのだ

2019年を終える前に、20周年を迎えた『アークザラッドIII』を振り返ります。

ソニー PS
20周年を迎えた『アークザラッドIII』を思い出す─このゲームは悪くはない、ただ終わった作品を強引に続ける力がなかったのだ
  • 20周年を迎えた『アークザラッドIII』を思い出す─このゲームは悪くはない、ただ終わった作品を強引に続ける力がなかったのだ
  • 20周年を迎えた『アークザラッドIII』を思い出す─このゲームは悪くはない、ただ終わった作品を強引に続ける力がなかったのだ
  • 20周年を迎えた『アークザラッドIII』を思い出す─このゲームは悪くはない、ただ終わった作品を強引に続ける力がなかったのだ
  • 20周年を迎えた『アークザラッドIII』を思い出す─このゲームは悪くはない、ただ終わった作品を強引に続ける力がなかったのだ
  • 20周年を迎えた『アークザラッドIII』を思い出す─このゲームは悪くはない、ただ終わった作品を強引に続ける力がなかったのだ
  • 20周年を迎えた『アークザラッドIII』を思い出す─このゲームは悪くはない、ただ終わった作品を強引に続ける力がなかったのだ
  • 20周年を迎えた『アークザラッドIII』を思い出す─このゲームは悪くはない、ただ終わった作品を強引に続ける力がなかったのだ
  • 20周年を迎えた『アークザラッドIII』を思い出す─このゲームは悪くはない、ただ終わった作品を強引に続ける力がなかったのだ

2019年も残すところあとわずか。今年すべきことを忘れていないだろうかと考えたところ、1999年10月28日に発売された『アークザラッドIII』の20周年を祝い損ねていたことを思い出しました。

私は当時、あと数日で期末テストだったのに本作を買いに行く程度には『アークザラッド』シリーズ(以下、『アーク』と表記)が好きだったので期待していたのですが……。いや、本作は決して悪いゲームではないのですが、黒歴史などと言われてしまうかわいそうなところもあるのです。せっかくの年末ですし、ゆっくり本作をプレイしながら思い出していきましょう。

◆『アークザラッドIII』はどんなゲーム?



『アークIII』は1999年に発売されたPlayStation向けのRPGです。タイトルからわかるように『アーク』シリーズ三作目で、もともとこのシリーズは「光と音のRPG」なんてキャッチコピーがついていました。いまでは激しい画面演出やキャラクター音声に豪華な楽曲は当たり前ですが、スーパーファミコンの時代はボーカル入り楽曲が作中で流れるだけでも驚きでした。つまり、ハードの進化によってそういったことができるようになってきた時期なのです。

『アークII』では大きな事件が起きて世界が崩壊してしまったのですが、そこからの復興を描くのが『アークIII』となります。主人公はさまざまな仕事をこなす「ハンター」にあこがれて村を飛び出し、仲間を増やしながら最高のハンターを目指す冒険を繰り広げていきます。

前作まではかなりシリアスな物語が展開されており、それこそゲーム開始直後に「主人公の村が焼かれたうえで誘拐されてしまう」なんて展開が起こるわけですが、『アークIII』は逆に明るい世界観が特徴です。


もちろん世界がとんでもないことになったので北スラートというスラム街があったりするのですが、一方で崖を挟んだ南スラートでは潤沢な水があるおかげで人々がそれなりに暮らしていたり、あるいは別の街には(崩壊から数年しか経っていないのに)お嬢様がいたりします。

主人公はギルドでさまざまなクエストを請け負っていくのですが、仕事のアイテムを横領したとしても「次からは気をつけてくれよな」と小言を言われる程度で済んだりと、打って変わって世界観は明るくなったのです。

◆『アーク』といえばシミュレーション形式のバトル



バトルはシミュレーションRPG風になっており、マス目で区切られたフィールドでキャラクターを動かして相手を攻撃していきます。武器は剣・ナイフ・槍・銃などさまざまで、もちろん魔法をはじめとする特殊攻撃や爆弾などの道具も存在します。

『アークIII』は前作の「戦闘のテンポが悪い」という部分を反省していたようで、とにかくスピーディーに進んでいきます。ただ、演出をカットする部分を間違えてしまい、『アークII』にあった激しい戦闘アニメまであっさり気味に。まとめて敵を倒したときに出るお金の演出などを切ってくれるだけでもよかったのですが、と思うファンもいたようです。


ゲームバランスはかなり遊びやすく調整されています。それはいいのですが、中盤に入ると出てくる施設「デンジャードーム」がかなりバランスを壊し気味。これはアイテムを賭けて勝負すると違うアイテムが手に入るのですが、敵が弱いため少し時間をかければとにかくグレードの高い装備・アイテムを入手できる場所になってしまっています。

このほかにも強すぎる呪文「ギガ・プラズマ」なんてものもあったりするのですが、まあクリアしやすいこと自体は悪いわけではありません。『アークII』は終盤になると敵のレベルがいきなりあがったり、ラスボスのHPが文字通り桁違いになっていたり、やりすぎていた側面もありましたからね。

次のページ:『アークIII』が黒歴史扱いになったいくつかの理由
《すしし》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『仁王2』キャラクリのテンプレに『FF14』“吉田P”モチーフのモデルが!? DLCの舞台は「更なる過去」に【特別番組まとめ】

    『仁王2』キャラクリのテンプレに『FF14』“吉田P”モチーフのモデルが!? DLCの舞台は「更なる過去」に【特別番組まとめ】

  2. PS4『パタポン2 リマスタード』海外発表!米国時間1月30日にPS Storeで配信決定

    PS4『パタポン2 リマスタード』海外発表!米国時間1月30日にPS Storeで配信決定

  3. PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキオン』はエクストラ機体も初期から参戦!ゲームバランスはアーケード版最終環境を移植【特別番組まとめ】

    PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキオン』はエクストラ機体も初期から参戦!ゲームバランスはアーケード版最終環境を移植【特別番組まとめ】

  4. 『FF7 リメイク』「クラウドの女装シーンが大幅にショーアップ」「新たなボスも登場します」─想いと熱意を明かす開発者メッセージが公開

  5. PS4『パタポン』9月21日発売決定! アナウンストレーラーもお披露目

  6. 【プレイレポ】リマスター作品にも関わらず、4K画質にも耐えうるPS4『パタポン』に隠された秘密とは?

  7. 『FF7 リメイク』発売日が変更ー3月3日から4月10日へ

  8. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  9. 『FF7』リメイク版で絶対に見たいシーン・遊びたい要素12選!あの名場面はリメイクでどうなる?

  10. 『FF7 リメイク』難易度「CLASSIC」で、懐かしの「コマンドバトル」が楽しめる! エアリスやバレットのキービジュアルも美しい・・・

アクセスランキングをもっと見る