人生にゲームをプラスするメディア

「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

CRI・ミドルウェアが提供している技術や製品、サービスの総称として知られている「CRIWARE(シーアールアイウェア)」。同社のソフトウェアを採用しているゲームやアプリが今年6月の時点で4,400件を突破するなど、その影響の大きさは計り知れません。

ゲームビジネス 開発
「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に
  • 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に
  • 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に
  • 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に
  • 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に
  • 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

CRI・ミドルウェアが提供している技術や製品、サービスの総称として知られている「CRIWARE(シーアールアイウェア)」。同社のソフトウェアを採用しているゲームやアプリが今年6月の時点で4,400件を突破するなど、その影響の大きさは計り知れません。

ユーザーの手元に届く作品や製品の品質向上にも繋がり、より豊かな体験を提供してくれる「CRIWARE」は、開発コストや製造コストの削減といったメリットもあるため、同社とユーザー、そして開発サイドの「Win-Win-Win」な関係構築にも貢献しています。

今やブランドとしても認められている「CRIWARE」ですが、その一方で詳細についてあまり知られていない側面もあります。そんな「CRIWARE」とゲームの関係をより分かりやすく伝えるべく、新サイト「CRIWARE for Games」(https://game.criware.jp/)を10月18日に立ち上げ。「CRIWARE」を既にご存知の方は、必要な情報がアクセスしやすくなっており、また初めて「CRIWARE」を知る人にも、分かりやすく視覚的な情報発信を行っています。

「CRIWARE」に関する最新情報は、トップページにある「お知らせ一覧」から手軽にチェック可能。その直下には「採用タイトル一覧」が並んでおり、どのような作品に用いられているのかが一目で分かります。直近では、スマホアプリ『GESTALT ODIN』や、PS4『SOULCALIBUR VI』、PS4/Steam『エンド オブ エタニティ 4K/HD EDITION』などが「CRIWARE」の各製品を採用。その他、採用タイトル紹介ページでは人気のスマホアプリでの事例も掲載されています。あなたが遊んだソフトも並んでいるかもしれません。


更に学習コンテンツも充実しており、「学ぶ」のタグからは「チュートリアル」や「マニュアル」を閲覧可能。チュートリアルでは、CRI ADX2 オーサリングツール「AtomCraft」の使い方を段階別に解説する予定となっており、まずは入門編として“登録して鳴らすまで”を5つのステップで紹介しています。段階を一つずつ解説してくれると集中して学べるので、こういう形での紹介は初心者に嬉しいところ。今後も充実してほしいポイントのひとつです。

<このようにアニメーション付きで分かりやすく解説>

「マニュアル」では、Unityプラグイン用のマニュアルが参照できるほか、今後も一層の充足を予定しているとのこと。各製品のマニュアルにアクセスしやすい環境があれば、時間や場所に縛られずに学習や確認が出来るので、今後も追加にも期待したいところです。また将来的には、サンプルプロジェクトの公開やフォーラムの設置も行われる模様。より深い学びの場になることでしょう。

ゲームに特化したサイトを立ち上げただけでなく、更新頻度を上げて密な情報発信も目指す「CRIWARE for Games」。サイト利用者と同社の、新たな「Win-Win」の関係が、ここから始まります。

■「CRIWARE for Games」
https://game.criware.jp/
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『BIOHAZARD RE:2』『KINGDOM HEARTS III』『ひぐらしのなく頃に奉』他

    今週発売の新作ゲーム『BIOHAZARD RE:2』『KINGDOM HEARTS III』『ひぐらしのなく頃に奉』他

  2. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

    【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  3. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

    今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  4. 任天堂ミュージアム−任天堂オブアメリカ総本山の博物館

  5. 盛り上がりみせる自主制作ゲーム・・・関係者による合同座談会で今後の展望について聞いた

  6. カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち

  7. バンナム、「株式会社バンダイナムコ研究所」を2019年4月1日に設立─新たな価値創出を目指す

  8. 【週間売上ランキング】 『マリオギャラクシー』は初週25万本(10月29日〜11月4日)

  9. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  10. 素晴らしいゲームを作れ!・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第29回

アクセスランキングをもっと見る