人生にゲームをプラスするメディア

「あなたにとって『モンハン:ワールド』は歴代何位?」結果発表─思い出深い過去作と最新作が激突!

『モンスターハンター:ワールド』の発売から2ヶ月ほどが経ちましたが、今もな大きな注目を集めており、先日行われた無料大型アップロードではイビルジョーも追加。訪れた新たな刺激に惹かれ、強敵との戦いに明け暮れているか方もいるのでは。

ソニー PS4
「あなたにとって『モンハン:ワールド』は歴代何位?」結果発表─思い出深い過去作と最新作が激突!
  • 「あなたにとって『モンハン:ワールド』は歴代何位?」結果発表─思い出深い過去作と最新作が激突!
  • 「あなたにとって『モンハン:ワールド』は歴代何位?」結果発表─思い出深い過去作と最新作が激突!
  • 「あなたにとって『モンハン:ワールド』は歴代何位?」結果発表─思い出深い過去作と最新作が激突!
  • 「あなたにとって『モンハン:ワールド』は歴代何位?」結果発表─思い出深い過去作と最新作が激突!

『モンスターハンター:ワールド』の発売から2ヶ月ほどが経ちましたが、今もな大きな注目を集めており、先日行われた無料大型アップロードではイビルジョーも追加。訪れた新たな刺激に惹かれ、強敵との戦いに明け暮れている方もいるのでは。

本シリーズは、ハンティングアクションの草分け的存在として、以前から高い人気を博していました。口コミも含めた評判で、着実に知名度を挙げ続けてきたPS2時代、『モンスターハンターポータブル 2nd G』の爆発的ヒットを含め、ユーザーの大幅な増加に貢献したPSP時代、その人気ぶりを受け継ぎ、正当進化を重ねた3DS時代など、いずれの時代でも確かな足跡を残してきました。

このほかにも、PS3やWii、Wii Uでも活躍し、PCやPS Vitaを含めたオンライン専用の展開も見せています。また、魅力を継承しつつ大胆な提案も行った『モンスターハンタークロス』シリーズも、その歴史を語る上で外すことはできないでしょう。

最新作となる『モンスターハンター:ワールド』の成功は、こうした過去作の積み重ねなしでは語れない部分もあり、その魅力を大きく進化させた作品でもあります。そうして開花した本作の魅力は、国内外のユーザーに受け入れられ、全世界累計出荷本数750万本という偉業に結びつきました。

無料大型アップデートの実施により、『モンスターハンター:ワールド』は発売後も新たな刺激を提供し続けています。今も多くの方が楽しんでいますが、そんな本作はユーザーの心をどこまで掴んだのか。本作も厚い支持を得ていますが、思い出深い過去作の壁を乗り越えることができるのか。先日実施した「あなたにとって『モンハン:ワールド』は歴代何位?」というアンケートの結果から、その実情に迫ってみようと思います。


■第5位:本作が初モンハン(157票 4.1%)
今回のアンケートで最下位だったのは、「本作が初モンハン」でした。どんなシリーズ作品でも初めて遊ぶ方はいるものです。その回答が最下位ということは、票を投じたほとんどの方がシリーズ経験者だった模様です。

これは、毎作遊んでいるようなシリーズファンがプレイしているのはもちろんのこと、かつて遊んだ経験者が『モンスターハンター:ワールド』で戻ってきた証とも言えそうです。シリーズファン、過去作体験者、初経験者のいずれもしっかり掴んだからこそ、750万本という偉業を達成したのでしょう、

■第4位:残念だけど6位以下(177票 4.6%)
「本作が初モンハン」についで少なかったのは、「残念だけど6位以下」に。ここからが、シリーズ作を遊んだ方の回答になります。数多くの作品がシリーズ展開をしているとはいえ、6位以下なのは残念な結果と言えるでしょう。

ですが、経験者の中でこの回答が最も少なかったという点から見てみると、過去作と比べて『モンスターハンター:ワールド』を高く評価した人が相対的に多かったと考えることもできます。本作との相性が悪かった方々にとっては残念な話ですが、今後出るであろうさらなる新作に期待しておきましょう。

■第3位:5本の指に入る(370票 9.6%)
「5本の指に入る」と答えた方が370人にのぼり、ベスト3入を果たしました。割合からすると、全体から見て10%弱のユーザーが本作に対して一定以上の評価を下した模様です。本シリーズはナンバリング作品だけでなく、プラットフォームが異なる別バージョンのタイトルも数多くあるため、5本の指に入るだけでかなりの上位作品と言えます。

『モンスターハンター:ワールド』は過去作を乗り越え、1位となれるのか?
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 新レジェンドへの布石か…『Apex Legends』数秒間のみ発生する「レーダー妨害」が見つかる

    新レジェンドへの布石か…『Apex Legends』数秒間のみ発生する「レーダー妨害」が見つかる

  2. 最新作『シェンムーIII』はストーリーを追いかけるゲームではない!生みの親・鈴木裕監督が語る寄り道のすすめ【TGS2019】

    最新作『シェンムーIII』はストーリーを追いかけるゲームではない!生みの親・鈴木裕監督が語る寄り道のすすめ【TGS2019】

  3. 「正式発表されたPS5の購入意欲や期待は?」結果発表!大多数は値段やソフトラインナップとの相談を選択―大幅な互換性を望む声も【読者アンケート】

    「正式発表されたPS5の購入意欲や期待は?」結果発表!大多数は値段やソフトラインナップとの相談を選択―大幅な互換性を望む声も【読者アンケート】

  4. 【吉田輝和の絵日記】HDリマスター版『ロマサガ3』解雇不可の仲間、技閃き道場、物件買収…あの思い出が蘇る

  5. 『新サクラ大戦』各国の華撃団が競い合う「世界華撃団大戦」の情報が公開!花組隊員の家族など新キャラクターも明らかに

  6. 『ストリートファイターV チャンピオンエディション』2020年2月14日発売決定!新キャラ「ギル」やバトルシステム「VスキルII」も登場

  7. 『ワンパンマン ヒーローノーバディノウズ』2020年2月27日発売決定!地上最強の男「キング」やワンパンで終わらない「夢の中のサイタマ」も登場

  8. 『ストリートファイターV』新キャラ・新コンテンツの情報を11月と12月に公開予定―全キャラ対象の無料DLC「スポーツウェア」は12月配信

  9. 『Skype for PS Vita』が無料提供開始、ビデオ通話にも対応!

  10. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

アクセスランキングをもっと見る

1