人生にゲームをプラスするメディア

ベルギー、『STAR WARS バトルフロント II』の調査を開始-ギャンブルに当る疑い

ベルギーのVTM Newsによると、ベルギーのギャンブル当局であるGaming Commissionは『STAR WARS バトルフロント II』にギャンブルの疑いがあるとして、調査を開始したと報じています。

ソニー PS4
ベルギー、『STAR WARS バトルフロント II』の調査を開始-ギャンブルに当る疑い
  • ベルギー、『STAR WARS バトルフロント II』の調査を開始-ギャンブルに当る疑い
ベルギーのVTM Newsによると、ベルギーのギャンブル当局であるGaming Commissionは『STAR WARS バトルフロント II』にギャンブルの疑いがあるとして、調査を開始したと報じています

報道によると、『STAR WARS バトルフロント II』ではプレイ時間をかけることができないプレイヤーはクレート(ルートボックス)をリアルマネーで購入することにより、キャラクターや装備を強化したりできるものの、何が手に入るかわからない仕様に問題があると指摘。何を買っているのかわからず、ゲームプレイが偶然に左右されるのはギャンブルであると、Gaming Commissionの局長であるPeter Naessens氏は述べています。

Gaming Commissionは、このようなゲームが特に未成年に害悪であるとし、調査を始めることを決定。もし実際にギャンブルであると認定された場合、発売元のエレクトロニック・アーツはベルギーにおいて販売許可を得る必要が出てくるだけでなく、数十万ユーロの罰金、もしくは販売中止される可能性もあるとしています。

また、Gaming Commissionはブリザード開発のFPS『オーバーウォッチ』も同様の疑いで調査をしていると伝えています。

ベルギーでギャンブルは合法ではあるものの、しっかりと統制された許可制となっています。『STAR WARS バトルフロント II』の少額課金システムにはプレイヤーたちから苦情が殺到しており、エレクトロニック・アーツは今後の対応が迫られます。
《シュナイデル関》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  2. 『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

    『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

  3. Amazon、PS4本体1,000円引きクーポンが付属したカタログ無料配信!大バンバン振る舞いキャンペーンと併用でもっとお得

    Amazon、PS4本体1,000円引きクーポンが付属したカタログ無料配信!大バンバン振る舞いキャンペーンと併用でもっとお得

  4. PS4『JUDGE EYES:死神の遺言』本日13日発売!圧倒的なボリュームの追加DLCを一挙公開

  5. 【1/25更新】『GRANBLUE FANTASY PROJECT Re: LINK(仮)』発売日や対応機種は?現時点の情報まとめ

  6. PS4版『PUBG』12月7日より国内発売決定!2019年1月にはパッケージ版もリリース

  7. 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』武具デザインコンテストを世界4地域で開催─今度はオトモ装備も応募可能ニャ!

  8. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  9. PS4版『PUBG』は実際どうなのか?インベントリ等に不満がありつつも「王道の面白さ」を確認【特集】

  10. 「龍が如くスタジオ」× 木村拓哉のリーガルサスペンスが展開!『JUDGE EYES:死神の遺言』12月13日発売決定

アクセスランキングをもっと見る