人生にゲームをプラスするメディア

辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定

ゲームビジネス インディ

辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定

デベロッパー求道庵(ぐどうあん)は、開発中の3Dアクションアドベンチャー『吾妻邸くわいだん』をインディーゲームイベント「東京インディーフェス 2017」に出展すると発表しました。


「東京インディーフェス 2017」は、2017年5月13日、5月14日(一般公開日:5月14日)にUDX アキバ・スクエアにて開催されるイベント。デザイナー田口求道氏が個人で活動している求道庵は、現在開発中の3Dアクション・アドベンチャーゲーム『吾妻邸くわいだん』をプレイアブル出展(ブース: F 10)する予定です。



■『吾妻邸くわいだん』
本格派の3Dアクションに、ポイント・クリック式のアドベンチャーを融合させ、とても辛口に仕上げたゲームです。爽快感ばかりが追い求められる昨今のアクションゲームの風潮に反し、”緊張感を味わう事”を重視した独特のゲームスタイルが特徴です。襲い来る様々な妖鬼たちや、邸に仕掛けられた巧妙なカラクリの数々。幾多の難関がプレイヤーの行く手を阻みますが、立ちはだかるそれらの難関を乗り越えた先に大きなカタルシスが味わえる、そんな作品となっています。



『吾妻邸くわいだん』はWindowsを対象に2017年配信予定。公式サイトでは、スクリーンショットやムービーが掲載されています。なお、記事執筆時点で本作体験版は、Unity環境への移植のため、配信を停止しているとのことです。
Game*Spark

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

    今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  3. 「alive2017」定員を300名から350名に変更し、11/20 18時より先着順で2次募集を開始

    「alive2017」定員を300名から350名に変更し、11/20 18時より先着順で2次募集を開始

  4. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  5. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  6. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  7. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  8. 【NDC17】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  9. ゲーム業界の「縁の下の力持ち」トーセが開発体制を改革 ― 時代に適応した事業体制の見直しと新事業部創設

  10. 「支払いたいだけ支払う」Pay What You Want: 欧米で広がる新たなゲーム販売・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第21回

アクセスランキングをもっと見る