人生にゲームをプラスするメディア

辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定

ゲームビジネス インディ

辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定

デベロッパー求道庵(ぐどうあん)は、開発中の3Dアクションアドベンチャー『吾妻邸くわいだん』をインディーゲームイベント「東京インディーフェス 2017」に出展すると発表しました。


「東京インディーフェス 2017」は、2017年5月13日、5月14日(一般公開日:5月14日)にUDX アキバ・スクエアにて開催されるイベント。デザイナー田口求道氏が個人で活動している求道庵は、現在開発中の3Dアクション・アドベンチャーゲーム『吾妻邸くわいだん』をプレイアブル出展(ブース: F 10)する予定です。



■『吾妻邸くわいだん』
本格派の3Dアクションに、ポイント・クリック式のアドベンチャーを融合させ、とても辛口に仕上げたゲームです。爽快感ばかりが追い求められる昨今のアクションゲームの風潮に反し、”緊張感を味わう事”を重視した独特のゲームスタイルが特徴です。襲い来る様々な妖鬼たちや、邸に仕掛けられた巧妙なカラクリの数々。幾多の難関がプレイヤーの行く手を阻みますが、立ちはだかるそれらの難関を乗り越えた先に大きなカタルシスが味わえる、そんな作品となっています。



『吾妻邸くわいだん』はWindowsを対象に2017年配信予定。公式サイトでは、スクリーンショットやムービーが掲載されています。なお、記事執筆時点で本作体験版は、Unity環境への移植のため、配信を停止しているとのことです。
Game*Spark

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

    ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

    ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  4. 今週発売の新作ゲーム『ゴッド・オブ・ウォー』『Nintendo Labo』『METAL MAX Xeno 滅ぼされざる者たち』他

  5. 【UNREAL FEST EAST 2017】堀井氏がSwitch版『DQXI』の最新情報をポロリ!? ここだけのエピソードが満載だった『DQXI』基調講演

  6. 【CEDEC 2012】IGDA日本がCEDECでスカラーシッププログラムを実施

  7. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  8. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  9. 米ゲーム業界誌Gamasutra、「2012年のゲーム業界人50選」を発表 日本からも複数人が選ばれる

  10. 【特集】宮崎社長と現場の距離感は?―フロム・ソフトウェア開発者座談会

アクセスランキングをもっと見る