人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、大型新作タイトルを計画中―『マブカプ』新作は200万本計画

カプコンは、2017年4月28日に実施した決算説明会にて、2018年3月期の事業戦略資料を公開し、大型新作タイトルの存在が明らかとなっています。

ゲームビジネス 市場
カプコン、大型新作タイトルを計画中―『マブカプ』新作は200万本計画
  • カプコン、大型新作タイトルを計画中―『マブカプ』新作は200万本計画
  • カプコン、大型新作タイトルを計画中―『マブカプ』新作は200万本計画
カプコンが先週公開した2018年3月期の事業戦略資料において、未発表大型新作タイトルの存在が明らかにされています。

同資料内の「コンシューマ主要タイトル販売計画」では、2017年後半に国内発売予定の『MARVEL VS. CAPCOM INFINITE』、発売中の『バイオハザード7 レジデントイービル』(いずれも計画本数は200万本)に加え、タイトル名不明の大型新作タイトルが記載。しかしながら、現時点でこの新作タイトルの発売時期や計画本数は不明となっています。

また、デジタルコンテンツ事業のコンシューマ戦略としては、主力タイトルのグローバル市場への販売に注力するとのこと。
■コンシューマ戦略
・主力ブランドによる安定的な貢献
―大型タイトルとして、2作を投入予定
―現行機移植版の拡充や、 Nintendo Switchを含めたマルチプラットフォーム展開を推進
― 『ストリートファイターV』の eスポーツへの活用など、先端市場を開拓
―アジアなど成長地域でのブランド浸透に注力し、将来の収益化を目指す

・DLC(本編および追加ダウンロード)による収益の拡大
―累計79作のミリオンセラーなど、コンテンツ資産のDLC化を加速
―DLC売上比率は33.6%を見込む
他にも、資料では、モバイルコンテンツや事業セグメント別の戦略、2018年3月期連結業績予想などが記載されています。詳しくはこちら(pdf)を参照ください。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. MyDearest、VRミステリー『東京クロノス』のOculus Go向け体験版の配布を決定─2月14日には“制作共犯者ミーティング Vol.5”を開催

    MyDearest、VRミステリー『東京クロノス』のOculus Go向け体験版の配布を決定─2月14日には“制作共犯者ミーティング Vol.5”を開催

  2. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

    VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

  3. 【GDC 2013】オートデスク、ブランドを刷新 「折り紙」をモチーフにした新ロゴも策定

    【GDC 2013】オートデスク、ブランドを刷新 「折り紙」をモチーフにした新ロゴも策定

  4. 自由に発言できない「SNS体裁問題」 ― 人はなぜSNSを利用するのか

  5. 業界への就職を目指すあなたへ!「ゲーム・アーティスト・オーディション」ロングインタビュー!

  6. 「CREATIVE JOB FESTA SAPPORO 2019」開催決定―クリエイティブ業界特化型の就転職フェスタ!

  7. 木村雅人プロデューサーに聞く、『El Shaddai』で実現するゲームデザイン新境地・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第10回

  8. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  9. 【レポート】VR映像ってどうやって撮影されるの?グラドル星名美津紀の撮影現場に潜入

  10. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

アクセスランキングをもっと見る