人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

 

ゲームビジネス VR
【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた
  • 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた
  • 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

『ぎゃる☆がんVR(仮)』ゲーム画面

インティ・クリエイツが11月5日に開催した「INTI CREATES FAN FESTA 20th Anniversary 」にて、『ぎゃる☆がん』シリーズ最新作『ぎゃる☆がんVR(仮)』のデモ版が初公開されました。

具体的にどの様なゲームになるかは明かされていませんが、今回のデモでは『ぎゃる☆がん ダブルピース』のヒロイン「神園しのぶ(CV:上間江望)」が登場。ステージは教室と体育倉庫の2つが用意されており、ステージ内を自由自在に動き回ることはできませんが、ステージ上に表示されているアイコンを選択することで移動でき、複数の位置と体勢から「しのぶ」を見つめることができます。


Steam版『ぎゃる☆がん ダブルピース』より。(こちらは『ぎゃる☆がんVR(仮)』のゲーム画面ではありません)

気になるお色気要素ですが、率直に言うと“パンツを覗く”ことができました。具体的には、教室では机の下から後ろの席に座っている「しのぶ」のパンツを、そして体育倉庫では窓に挟まった「しのぶ」のパンツを「峰大(主人公の名前)~~~!!」という叫び声を聞きながら覗くことが可能。移動以外のアクションとしては、マップ上のオブジェクトを撃つことができ、プレイヤーの行動によって「しのぶ」のリアクションが変化する要素も確認することができました。例えば「しのぶ」の恥ずかしい部分をガン見し過ぎると蹴られます。


手前にあるペットボトルが撃てるオブジェクト。

デモ版が披露された「INTI CREATES FAN FESTA 20th Anniversary 」ではステージイベントも行われ、内村史子さん、山本希望さん、上間江望さん、橋本ちなみさん、藤田彩さんが登壇。『ぎゃる☆がん』に関するエピソードが語られました。残念ながら対応ハードや発売時期などは発表されず、会場のデモ版はHTC Viveが使用されていました。

なお、今回のデモ版は研究段階のもので、これがそのまま製品化されるわけではなく、あくまでも「こういった体験も可能」というのを示すためのものなのだとか。因みに下着が見えるのは開発者が意図していない動作だそうで、色はピンクでした。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  2. 【CEDEC 2013】ゲーム脳から10年以上経た、ゲームをめぐる現在の認知機能研究

    【CEDEC 2013】ゲーム脳から10年以上経た、ゲームをめぐる現在の認知機能研究

  3. 【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

    【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

  4. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  5. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  6. 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

  7. ソーシャルゲームと家庭用ゲームのユーザー比較・・・SIG-Indie第10回勉強会

  8. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  9. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

  10. バンナムのVR体験施設「VR ZONE Project i Can」4月オープン!JR山手線、ロボ×美少女、ホラーなどがラインナップ

アクセスランキングをもっと見る