人生にゲームをプラスするメディア

『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

ゲームビジネス VR

『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた
  • 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた
  • 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

9月15日からスタートした「東京ゲームショウ2016」のProduction I.Gにて、新作VRゲーム『ブレイブウィッチーズ VR(仮)』が出展されています。

『ブレイブウィッチーズ VR(仮)』は、同社と出版元であるKADOKAWA、「ブレイブウィッチーズ」のTVアニメーション制作を行う社シルバーリンク、同作の3DCG 制作を行うトライスラッシュと製作委員会を組成した共同事業となり、全世界同時配信による展開を想定している作品です。

また、Production I.GがTVアニメーション制作過程において生成される成果物の有効活用及び最適化を行い、効率的かつ短期間にVRコンテンツを制作する試みとなっており、Oculus Rift、HTC Vive、PSVR への展開を検討。ゲームエンジンを使用しリアルタイムレンダリングを行うことで、単一的な映像体験ではなくストーリーに介入し能動的な映像体験が出来るコンテンツを目指して開発が進められています。コンテンツ本編は約10分を予定しており、内ストーリー分岐が2箇所用意されます。


今回の出展バージョンは、「雁淵ひかり」を頭の向きで操作し、敵を撃墜させるシューティングゲーム形式に。非常に簡易的で深い体験はできませんが、彼女が飛んでいる姿を真後ろから、しかもなかなか良いアングルで見ることができ、彼女と一緒に空を飛んでいるような感覚を体験することができます。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「TGS 2018」開催発表会レポート―開催は9月20日から、e-Sportsや動画配信を強化していく

    「TGS 2018」開催発表会レポート―開催は9月20日から、e-Sportsや動画配信を強化していく

  2. 中国UltiZen、レッド・エンタテインメントを買収

    中国UltiZen、レッド・エンタテインメントを買収

  3. Wiiリモコンやバランスボードを使った作品も!「国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト」東京大会

    Wiiリモコンやバランスボードを使った作品も!「国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト」東京大会

  4. 【DEVELOPER’S TALK】ゲームは和風、開発は洋風?ツール&ミドルウェアを駆使して実現した極上サムライゲー『侍道3』

  5. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  6. ゲームを通してプログラミングを学べる「QUREO(キュレオ)」ーー事業者説明会からみる「プログラミング学習」の今とは?

  7. 【レポート】プラチナゲームズ設立10周年パーティーに潜入―小島監督ら業界人が祝福

  8. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  9. ローカライズ専門会社アクティブゲーミングメディアが語る、海外ゲーム市場の動向

  10. 往年の人気ゲームメーカー「データイースト」のロゴ入りグッズ販売サイトがオープン!

アクセスランキングをもっと見る