人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2016】”戦国死にゲー”としての魅力を示した『仁王』ステージイベント

先日、発売日が決定した、コーエーテクモゲームスが送るアクションRPG『仁王』。東京ゲームショウでは、大々的なステージイベントが開催、首脳陣が勢ぞろいする豪華な内容となりました。

ソニー PS4
【TGS2016】”戦国死にゲー”としての魅力を示した『仁王』ステージイベント
  • 【TGS2016】”戦国死にゲー”としての魅力を示した『仁王』ステージイベント
  • 【TGS2016】”戦国死にゲー”としての魅力を示した『仁王』ステージイベント
  • 【TGS2016】”戦国死にゲー”としての魅力を示した『仁王』ステージイベント
  • 【TGS2016】”戦国死にゲー”としての魅力を示した『仁王』ステージイベント
  • 【TGS2016】”戦国死にゲー”としての魅力を示した『仁王』ステージイベント
  • 【TGS2016】”戦国死にゲー”としての魅力を示した『仁王』ステージイベント


先日、発売日が決定した、コーエーテクモゲームスが送るアクションRPG『仁王』。東京ゲームショウでは、大々的なステージイベントが開催されました。

ディレクターを務める早矢仕洋介氏と、安田文彦氏に加え、ゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウ氏、プロデューサーの鯉沼久史氏という豪華な面子が登壇。その力の入れようがうかがえるものとなりました。

”戦国死にゲー”と称される本作。アルファ版、ベータ版を経て世界のゲームユーザーからも評価を得つつあるとのこと。シブサワ氏は、いわゆる死にゲーが好きで、本作もその需要に応えられる作品になるとコメント。

鯉沼氏は、あくまでも歴史を基にしたコーエーの作品と異なり、ファンタジーと融合した歴史観が本作の魅力だと説明してくれました。





ストーリーに重点を置いたトレーラーも新たに公開。市村正親さん、武井咲さんを起用した徳川家康とお勝、テリーという謎の男などがクローズアップされています。


出展されている試遊台と同じバージョンのプレイデモが披露され、本能寺を舞台にしたステージが披露されました。構えや武器の変更による攻撃スタイル、弓矢による攻撃、ドロップアイテムによる装備変更などが紹介されました。







女性の形をした一反木綿という敵キャラ(色気がほしいということで採用されたそう)や、ボスとして雪女が登場。「回復したほうがいいんじゃない」という周囲からの声がありながらも、最期は死にゲーらしく(?)、安田氏の操作するウィリアムが落命して終わるというオチも。

ローカライズにも力を入れており、全世界同時発売となる『仁王』。10年の刻を超え、コーエーテクモが総力を挙げて開発を進めている本作は、PS4で2017年2月9日発売予定です。
《Kako》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  2. 対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

    対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

  3. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  4. 『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

  5. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  6. PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

  7. 『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

  8. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  9. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  10. PS4『JUDGE EYES:死神の遺言』本日13日発売!圧倒的なボリュームの追加DLCを一挙公開

アクセスランキングをもっと見る