人生にゲームをプラスするメディア

【プレイレポ】果てしなく切ない青春サスペンス『ルートレター』――島根の魅力もたっぷり堪能

「角川ゲームミステリー」第1弾作品となるPS4/PS Vitaソフト『√Letter ルートレター』。美しい自然と歴史に彩られた島根県を舞台に、15年前に返信が途絶えたペンフレンド「文野亜弥」と、彼女にまつわる謎に迫るミステリーアドベンチャーゲームです。

ソニー PS4
【プレイレポ】果てしなく切ない青春サスペンス『ルートレター』――島根の魅力もたっぷり堪能
  • 【プレイレポ】果てしなく切ない青春サスペンス『ルートレター』――島根の魅力もたっぷり堪能
  • 【プレイレポ】果てしなく切ない青春サスペンス『ルートレター』――島根の魅力もたっぷり堪能
  • 【プレイレポ】果てしなく切ない青春サスペンス『ルートレター』――島根の魅力もたっぷり堪能
  • 【プレイレポ】果てしなく切ない青春サスペンス『ルートレター』――島根の魅力もたっぷり堪能
  • 【プレイレポ】果てしなく切ない青春サスペンス『ルートレター』――島根の魅力もたっぷり堪能
  • 【プレイレポ】果てしなく切ない青春サスペンス『ルートレター』――島根の魅力もたっぷり堪能
  • 【プレイレポ】果てしなく切ない青春サスペンス『ルートレター』――島根の魅力もたっぷり堪能
  • 【プレイレポ】果てしなく切ない青春サスペンス『ルートレター』――島根の魅力もたっぷり堪能
「角川ゲームミステリー」第1弾作品となるPS4/PS Vitaソフト『√Letter ルートレター』。美しい自然と歴史に彩られた島根県を舞台に、15年前に返信が途絶えたペンフレンド「文野亜弥」と、彼女にまつわる謎に迫るミステリーアドベンチャーゲームです。今回は6月16日の発売に先駆け、本作のプレイレポートをお届けします。(※ゲーム画面はPS Vita版を使用)



◆ペンフレンド「文野亜弥」は何者なのか?謎が謎を呼ぶストーリー

物語の主人公は、東京に住む30代の男性。受験勉強で忙しい高校3年生の頃、島根県に住むペンフレンド「文野亜弥」から届く手紙を心の支えにしていました。手紙から伝わる彼女の温かな人柄や思いやりのある性格に、主人公はほのかな恋心を抱きます。



高校卒業と同時に彼女からの手紙は途絶えてしまいますが、15年後のある日、主人公は彼女から送られてきた10通の手紙と共に、消印のない謎の11通目をみつけます。受け取った覚えのない未開封の手紙には「私は人を殺してしまいました。罪を償わなければなりません。これでお別れです。さようなら」という衝撃の内容がつづられていました。主人公は何が起きたのか確かめるべく、彼女を探しに島根県松江市へ旅立ちます。



まずは手紙に書かれていた住所へ向かうものの、そこは広い空き地。15年前に大学教授「文野直樹」の家が火事になった跡地だと知った主人公は火事について調べますが、まもなく文野教授の一人娘・亜弥が25年も前に亡くなっていたと判明します。手紙と一緒に送られた彼女の写真から制服が「松江大庭高校」のものだと分かり、訪れてみても、やはり「文野亜弥という生徒は25年前に亡くなっている」と聞かされます。





25年前と15年前、浮かび上がった2人の「文野亜弥」は一体誰なのか。文野邸の跡地には「幽霊」が出没するという噂もあり、謎が深まる中、残った手がかりは手紙に登場する7人のクラスメイト。そこで主人公は、手紙に書かれた「親友」「サル」「チビ」「ビッチ」「メガネ」「デブ」「ガリ」というあだ名や性格、エピソードなどを頼りに、本名も顔も分からないクラスメイトの探索に乗り出します。

島根県を巡って情報を集め、ついにクラスメイトを見つける主人公。しかし彼らから語られるのは、文野亜弥というクラスメイトはいない、25年前に亡くなった「伝説の女子高生」だ、死者が蘇ったという島根県石見地方の伝承「姫が森の姫」と同じなど、嘘か本当か分からない証言ばかり。15年前に何が起きたのか聞いても、誰もが口を閉ざします。それは、彼らが今なお「過去の事件」に囚われているため。亜弥が手紙に書いた本当の想いを伝え、過去から解き放ってあげましょう。



◆ユニークな便箋デザインにも注目!彼女との心の距離を近づける「手紙パート」

本作を進めるうえで最も重要となるのが、各章の冒頭にある「手紙パート」。15年前に亜弥へ送った手紙の内容を思い返し、追伸でどんな返信をしたかによってエンディングが変化します。

返信する選択肢は高校生らしいごく普通なものばかりですが、これが結末に大きな影響を与えます。手紙は音声つきで再生されるので、手紙の内容なども含めて彼女の性格や好みを想像し、喜ばれる選択肢を選ぶのがポイント。逆に彼女に失礼なもの、好みに合わない選択肢を繰り返すと、不穏なデザインの便箋の手紙が届き……。この先は実際のプレイで確かめてみてください。



エンディングは全部で5つ用意されており、真相には2周目から到達できます。筆者が最初にたどり着いたものはとても切なかったので「このまま終わらせてなるものか!」と、すぐ2周目に突入してしまいました。このほか、島根という地に関わる驚きのエンディングや背筋がゾっとするエンディングも。さらに、2周目からは失踪した島根県観光キャラクター・しまねっこを探す「しまねっこを探せ」などのやり込みモードも楽しめるようになります。



◆証拠&証言を集める「探索パート」と真実に迫る「追及パート」

手紙パートが終わると、クラスメイトを特定する手がかりを探す「探索パート」へ。基本的には手紙に書かれたクラスメイトに関する文章から、彼らに関係しそうな場所や過去に訪れたスポットなどを「観光ガイド」で調べて「移動」し、その場にいる人物への「聞く」や周囲を「調べる」で情報を収集。集まった情報を整理したいときや、次に何をするか迷ったときは「考える」を選べば大抵の疑問は解決できます。「スマホ」ではデータのセーブやロード、オプションの設定などが行えます。





クラスメイトを突き止めると「追及パート」がスタートしますが、相手は亜弥とクラスメイトだったことを否定。例えば、メガネは「メガネをかけてない」、ビッチは「鳥が苦手じゃない」など、手紙に書かれた情報とは異なっていると拒絶します。そこで、相手への「聞く」で証言を引き出し、「所持品」での取引や決定的な証拠を提示してクラスメイトだと認めさせなくてはいけません。場合によっては、いわゆる黒歴史のような、彼らが他人に踏み込まれたくない出来事も暴くことに。少々胸は痛むものの、すべては亜弥に会うため。パートのクライマックスに「マックスモード」で気持ちをぶつければ、亜弥との間にあったわだかまりが解けていきます。





亜弥から届いた手紙を見せると、必ずしも悲しい、辛い出来事ばかりではなかったことを思い出すクラスメイトたち。改めて亜弥、そして主人公と向き合ってくれますが、やっと新たな情報が得られたと思った矢先に意外な事実が浮かび上がることもしばしば。三歩進んだのに、突然現れた別の道を二歩戻るはめになった、というような印象でした。それでも諦めず、最後までマックスに突き進めば道は拓けます!



◆観光気分も味わえる美しいグラフィックは必見!

探索パートでは「松江城」「小泉八雲記念館」など有名な観光地はもちろん、地元のバーや飲食店なども登場。店舗だけでなく人物にもモデルが存在し、ボイスは方言までしっかりと再現されていますよ。





島根県庁の協力のもと、長期にわたる取材によって描かれた背景ビジュアルは実写以上の説得力に満ちています。「ここに島根県の人が住んでたり、観光客で賑わってたりするんだろうな」と自然と思えましたし、天候や時間によってその表情は大きく変化するのでつい見入ってしまったほど。「すもうあしこし」という宍道湖の特産物を使ったグルメ、時には重要な意味をもつお土産も見どころで、観光ガイドブックのように色々な魅力もたっぷりと味わえます。



このほか、島根県の雨は良縁を呼ぶ「縁雫(えにしずく)」と呼ばれており、本作でも登場人物の運命を変える重要な役割を果たします。実は筆者も以前、高校時代の友人と縁結びで有名な「出雲大社」や日本一の庭園と美術品を楽しめる「足立美術館」など、島根の代表的な観光スポットをいくつか訪れたことがあり、その時ちょうど雨が降っていたんですよね。今回『√Letter ルートレター』をプレイするうちに「あの時の“縁雫”があって、今このゲームを遊んでいるのかな」なんてしみじみ思いました。



たくさんの名所や興味深い伝承など、不思議な雰囲気の残る島根県での青春ミステリーをぜひ皆さんもプレイしてみてください。


『√Letter ルートレター』は、2016年6月16日発売予定。価格は、通常版が4,800円(税抜)、PREMIUM EDITION(限定版)が7,800円(税抜)、ダウンロード版が4,300円です。

(C)2016 KADOKAWA GAMES
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く-マルチで戦車に乗ってみた編

    『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く-マルチで戦車に乗ってみた編

  2. 『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く―シングルプレイヤー編

    『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く―シングルプレイヤー編

  3. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

    「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  4. 家庭用版『ニトロプラス ブラスターズ』に『閃乱カグラ』の「焔」が参戦!その他キャラ情報も

  5. PS Plus、12月フリプに『GRAVITY DAZE 2』が!『FF』30周年記念オーケストラコンサート映像も

  6. 『JUDGE EYES:死神の遺言』MCU氏が3DCGのキャラクターとして出演決定!主人公の八神とバトルになることも…

  7. 『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

  8. 『JUDGE EYES:死神の遺言』x『名代 富士そば』コラボが実現─スパイスが効いた「赤富士そば」が期間限定で復活!

  9. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

  10. 全破壊、はたく、つまむ…っておい!『閃乱カグラ EV』蛇女メンバーと更衣室・コスチューム破壊の情報がHENTAI

アクセスランキングをもっと見る