人生にゲームをプラスするメディア

“ゆるムズ”パズルRPG『はらぺこ勇者と星の女神』のドット絵がゲーマー心をくすぐる

現在、事前登録を受付中のiOS/Androidアプリ『はらぺこ勇者と星の女神』。ドット絵の味わいをポリゴンモデルで再現した親しみやすいグラフィックが印象的ですが、歯応えを感じるゲーム性も兼ね備えており、見た目だけで全てを決め付けるにはもったいない一作です。

モバイル・スマートフォン iPhone
“ゆるムズ”パズルRPG『はらぺこ勇者と星の女神』のドット絵がゲーマー心をくすぐる
  • “ゆるムズ”パズルRPG『はらぺこ勇者と星の女神』のドット絵がゲーマー心をくすぐる
  • “ゆるムズ”パズルRPG『はらぺこ勇者と星の女神』のドット絵がゲーマー心をくすぐる
  • “ゆるムズ”パズルRPG『はらぺこ勇者と星の女神』のドット絵がゲーマー心をくすぐる
  • “ゆるムズ”パズルRPG『はらぺこ勇者と星の女神』のドット絵がゲーマー心をくすぐる
  • “ゆるムズ”パズルRPG『はらぺこ勇者と星の女神』のドット絵がゲーマー心をくすぐる
  • “ゆるムズ”パズルRPG『はらぺこ勇者と星の女神』のドット絵がゲーマー心をくすぐる
  • “ゆるムズ”パズルRPG『はらぺこ勇者と星の女神』のドット絵がゲーマー心をくすぐる
現在、事前登録を受付中のiOS/Androidアプリ『はらぺこ勇者と星の女神』。ドット絵の味わいをポリゴンモデルで再現した親しみやすいグラフィックが印象的ですが、歯応えを感じるゲーム性も兼ね備えており、見た目だけで全てを決め付けるにはもったいない一作です。


先日行われた「超会議2015」でも、プレイアブル出展にステージイベントと、その知名度を着実に上げているユニークな本作ですが、その本質や詳細に迫るべく、関係者に気になるポイントをあれこれと尋ね、パッと見だけでは伝わらない魅力の一端に触れてきました。


本作は上から下へと進んでいくパズルゲームが中心となっており、縦横斜めの同色ブロックを繋げて消していき、ダンジョンの奥深くに進んでいきます。道中にはモンスターもいますが、ブロックを消す過程で攻撃を行うことが可能。モンスターへの攻撃を利用して更にブロックを繋げることもできるので、さらにチャンスを広げることもできます。


ブロックを消す際に、時間制限のようなものはありません。反射神経は必要なく消し方をじっくり考えることができるので、遊ぶためのハードルは低く手軽に楽しむことができます。かといって簡単・安易なゲームでは決してなく、ステージが進むごとに難易度も上がり、トラップなども出現します。

「この1手でどれだけ消せるか」だけでなく「こう消すことで次はどう消すか」といった、更なる判断力が求められる場面も。それだけに大量のブロックを消せた時には、閃きが報われる爽快感を味わうことができます。画面上でも、小気味のいいSEと共にブロックが消えていく演出が次々と行われるので、嬉しさと手応えは倍増。遊んで面白いのはもちろん、視覚的な展開も楽しいばかりです。


先へ進むに連れて手ごわいステージもありますが、装備やアイテムなどを整えて有利に立ち向かうことができるため、このRPG的な要素が間口を広げることに一役買っています。また、画面の収まりきらないような巨大ボスも登場し、恐ろしげな体躯をグリグリと揺らしていますが、恐れることなくブロックを消していき、手痛い打撃を与えてやりましょう。

なお本作には「その場からやり直すコンティニュー」はなく、再チャレンジはステージの最初から。ありがちな「課金でゴリ押し」はシステム的にできません。歯ごたえのあるゲーム性に真っ向勝負を挑んでもらうという本作のスタイルは、ゲーマー心をくすぐる挑戦とも言えるでしょう。


ドット絵の魅力をポリゴンで表現した「ゆる」を感じる見た目と、課金だけでは乗り越えられない「ムズ」が噛み合う『はらぺこ勇者と星の女神』。ゲームを進めることで発展していく町や倒し甲斐のある強大なボス、素材を集めて装備を作るやりこみ要素に48種類もの職業など、モチベーションを高める仕組みも随所に盛り込まれています。

タイトルこそ「はらぺこ」ですが、ゲーマーたちをお腹いっぱいに満足させてくれる一作となることでしょう。この『はらぺこ勇者と星の女神』が気になり始めた方は、まずはPVを覗いてみてはいかがでしょうか。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=lKdq-WqOutU

『はらぺこ勇者と星の女神』は、2015年5月発売予定。価格は、基本無料のアイテム課金制です。

(C) NHN PlayArt Corp.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アズレン』復刻イベント「悲歎せし焔海の詩」で新SSR重巡「ポーラ」実装決定! 妖艶な「ザラ」の姉妹艦

    『アズレン』復刻イベント「悲歎せし焔海の詩」で新SSR重巡「ポーラ」実装決定! 妖艶な「ザラ」の姉妹艦

  2. 『FGO』平安京PU2で登場するのは“あの2騎”? 宝具演出からバトルモーションまで、新サーヴァントの情報をまとめて紹介!【※ネタバレ注意】

    『FGO』平安京PU2で登場するのは“あの2騎”? 宝具演出からバトルモーションまで、新サーヴァントの情報をまとめて紹介!【※ネタバレ注意】

  3. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

    『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

  4. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  5. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  6. 『FGO』新サーヴァント「★5 平景清(アヴェンジャー)」、「★4 鬼一法眼(アサシン)」実装決定! イベント「いざ鎌倉にさよならを」1月20日開催

  7. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  8. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  9. 鉱石病?感染者?主人公たちは誰と戦っているの?『アークナイツ』の奥深くも複雑な世界設定をわかりやすく整理してみよう

  10. 忙しくてもコレだけはやっとけ!新イベント「いてついた王国と炎熱の兄妹」の押さえるべき攻略ポイント【ドラクエウォーク 秋田局】

アクセスランキングをもっと見る