人生にゲームをプラスするメディア

『フルボッコヒーローズX』×インサイドコラボ企画 第3回「死闘!デスクが全ての仕事を投げ捨てて真剣勝負」

モバイル・スマートフォン iPhone

『フルボッコヒーローズX』×インサイドコラボ企画 第3回「死闘!デスクが全ての仕事を投げ捨てて真剣勝負」
  • 『フルボッコヒーローズX』×インサイドコラボ企画 第3回「死闘!デスクが全ての仕事を投げ捨てて真剣勝負」
  • 『フルボッコヒーローズX』×インサイドコラボ企画 第3回「死闘!デスクが全ての仕事を投げ捨てて真剣勝負」
  • 『フルボッコヒーローズX』×インサイドコラボ企画 第3回「死闘!デスクが全ての仕事を投げ捨てて真剣勝負」
  • 『フルボッコヒーローズX』×インサイドコラボ企画 第3回「死闘!デスクが全ての仕事を投げ捨てて真剣勝負」
  • 『フルボッコヒーローズX』×インサイドコラボ企画 第3回「死闘!デスクが全ての仕事を投げ捨てて真剣勝負」
  • 『フルボッコヒーローズX』×インサイドコラボ企画 第3回「死闘!デスクが全ての仕事を投げ捨てて真剣勝負」
  • 『フルボッコヒーローズX』×インサイドコラボ企画 第3回「死闘!デスクが全ての仕事を投げ捨てて真剣勝負」
  • 『フルボッコヒーローズX』×インサイドコラボ企画 第3回「死闘!デスクが全ての仕事を投げ捨てて真剣勝負」


~前回までのあらすじ~


『フルボッコヒーローズX』にインサイドちゃん(仮)を出演させるため、サイバーコネクトツー(CC2)松山洋社長と『フルボッコヒーローズX』で真剣勝負をすることになったインサイドデスク・マロン栗本。特訓に明け暮れ「攻略法」を習得したマロン栗本は、再びCC2東京スタジオに赴いた。

詳しい経緯は1回目2回目を参照あれ!

くどいけど勝負の条件は以下の通りだ!
・「特訓!CCチュウコラボ!」初級クエストで勝負!
・同じデッキを使い、どちらが先にクリアできるかタイムアタックで勝敗を決める!



こちらが今回の勝負のためにCC2が用意したデッキだ。左からリーダー・★5オロチ、★5赤ずきん、★5アリス、★5土方歳三、★5公認CCチュウ、助っ人・★5オロチと並ぶ。



見た目からして強そうなオロチがこのPTのポイント。オロチのリーダースキル「暴竜神への生贄」は無属性以外の被ダメージを減少(超極大)させる。また、全ヒーローの攻撃力が1.7倍になる代償にHPが減少(超極大)する大技だ。一度デッドラインを越えるとゲームオーバーの危機になりかねない、まさに対決用の特別編成なのだ!通常ショットの追加弾にホーミング性能のあるオロチ、さらにPTで唯一の範囲攻撃アクティブスキルを持つ公認CCチュウの使いドコロが勝負を決め手となりそうだ。

◆松山社長のプレイ!




それでは先攻・松山社長が挑戦!



今回チャレンジする「火の特訓!初級」は火属性の敵が多く出現するクエスト。水属性の土方歳三、アリスが有効キャラクターとなる。松山社長はまず土方歳三を使い、1ウェーブ目をサクッと攻略。

2ウェーブ目はアリスで「はにわUFO」から大量のスキルリソースをGET。3ウェーブ目への段取り作りも忘れない。しかし敵のショットを避けきれず、「はにわUFO」を撃破することは叶わなかった。防御力の高い「たまご」はオロチのホーミングショットや忍者の連射弾数で押し切って、時間をかけつつ撃破。

3ウェーブ目はアリスで雑魚エネミーを一掃、あっという間に敵は残り2体に!これは余裕のクリアか…と思いきや、「たまご」からの直線攻撃をまともに食らってしまった!焦る松山社長、ここで公認されしCCチュウのスキル「シーシー!」を発動。強烈な無属性の攻撃で「たまご」を撃破することに成功した!しかし「シーシー!」はボスにはまったく効かず、困った時のオロチ頼みも決め手となる攻撃には至らなかった。そこで土方歳三のスキル「一刀両断」を発動!これが決め手となり、ボス撃破に成功!クリアタイムは2分49秒。

◆後攻・マロン栗本のプレイ!




松山社長に余裕のプレイを見せ付けられ、やや緊張した面持ちのマロン栗本。マロン栗本は2分49秒より早くクリアしなければならない!「大丈夫ですよ」と自身を落ち着かせ、プレイ開始!



マロン栗本もまずは水属性の土方歳三で1ウェーブ目を余裕のクリア。2ウェーブ目は防御力が高い「たまご」と「魔導書」をいかに対処するかがポイントとなる。ここでマロン栗本も松山社長同様、水属性のアリスを使い雑魚エネミーを一掃。そのまま、「たまご」と「魔導書」の防御力を上回るアリスの攻撃力で、2体を一瞬で撃破。これが勝敗を大きく分けることになる…。さらに間髪入れずにオロチを出し、ホーミングショットで動き回る「はにわUFO」の撃破!「はにわUFO」はショットを当てるだけでもスキルリソースをGETできるが、倒すとさらに大量のリソースを放出するので、撃破しておくことが3ウェーブ目のボス攻略の決め手となるのだ!「UFO倒せるんか!」と驚く松山社長。これはもしや…!

ボス登場の3ウェーブ目は、たまったスキルゲージの使いドコロが重要になってくる。マロン栗本は開始早々公認されしCCチュウの範囲攻撃アクティブスキル「シーシー!」を発動!一撃目で雑魚エネミーをあらかた倒し、形勢を一気に有利にもっていく。防御力の高い「たまご」は土方歳三で各個撃破!あとはボスを倒すのみ。ここまでくるとさすがに緊張がほぐれたのか、余裕の手つきで攻撃を加えるマロン栗本。最後はオロチで決めて、クリアタイムは2分1秒!40秒以上の差をつけてマロン栗本の圧勝となった。

◆キャラクターにダメ出し!?勝負はまさかの展開へ…




ドヤ顔のマロン栗本を前に、悔しさを隠しきれない松山氏。



とうとう開き直った。

「では社長、インサイドちゃん(仮)を『フルボッコヒーローズX』に出演させる件、今すぐ話を詰めましょう!」

松山氏の気が変わらないうちに話をつけてしまおう。いそいそと机の上にインサイドちゃん(仮)の資料を広げるマロン栗本。その資料を見て松山氏、しばらくの沈黙ののち…





キャラクターにまさかのダメ出しを食らってしまった…

「えーと、設定とかは特にないんです…」
「キャラクターはただ作ればいいってもんじゃない!設定が大事なんや!キャラクターデザインをなめたらあかん!」

先ほどまで勝利の余韻に浸っていたマロン栗本であったが、松山氏の熱いキャラクター論の前に叱られる小学生状態になってしまった…



え!? いいんですか!!

なんと!松山社長のご好意により、インサイドちゃん(仮)を『フルボッコヒーローズX』用にデザインし直していただけることが決定!思わぬ棚ぼたを得たマロン栗本。勝ってよかったと改めて思う瞬間であった。

◆『フルボッコヒーローズX』inインサイドちゃんチラ見せ!


ともあれ、全3回にわたってレポートしてきた『フルボッコヒーローズX』×インサイドのコラボレーション企画は無事に実現する運びとなった。コラボイベント開始は10月27日。イベントの詳細は追って公開する予定なのでお楽しみに!

編集部には早速インサイドちゃん(仮)の『フルボッコヒーローズX』コラボバージョンのデザインが送られてきた。せっかくなのでチラ見せしちゃいます。


こ、これは…!!控え目ながら形のよいバスト。ボディ中心、すらりと伸びた足にあしらわれた「インサイド」ロゴ。なかなかセクシーではありませんか!?


手に持っているこのスティックが武器になる模様。ゲームコントローラー風のボタンがニクイ!3D化されたデータは髪飾りもしっかり作りこまれています。松山社長、これが「キャラクターデザイン」なのですね…!!

果たしてインサイドちゃん(仮)はどのような変貌を遂げるのか!?乞うご期待!!
《みかめ》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 「『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボ衣装誰が1番似合う?」結果発表―最も多くの心を盗んだのは誰だ!?【読者アンケート】

    「『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボ衣装誰が1番似合う?」結果発表―最も多くの心を盗んだのは誰だ!?【読者アンケート】

  2. 『Sdorica (スドリカ)』リリース100日記念イベント開催!新キャラクター「カレン」も登場

    『Sdorica (スドリカ)』リリース100日記念イベント開催!新キャラクター「カレン」も登場

  3. 『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボの開催日やメンバーイラストが明らかに!公式生放送「@ハロハピCiRCLE放送局」まとめ

    『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボの開催日やメンバーイラストが明らかに!公式生放送「@ハロハピCiRCLE放送局」まとめ

  4. 『バンドリ!』×『ペルソナ5』カバー「Life Will Change」の一部プレイ動画を先行公開!7月20日追加予定

  5. 『アークザラッド』新作のティザーサイトが公開!気になる詳細は7月30日に解禁

  6. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  7. 『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

  8. 『FGO』「シグルド」(セイバー)と「ワルキューレ」(ランサー)が新たに参戦!

  9. 『バンドリ!』7月20日追加予定のカバー楽曲「Reach Out To The Truth」の一部プレイ動画を先行公開!

  10. 『FGO』第2部OPから考察する新たなサーヴァントたち、君の名は……【特集】

アクセスランキングをもっと見る