人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2014】今年の華はVR!新型「Oculus Rift」とソニーの「Project Mopheus」を体験、それぞれの良さとは?

ゲームビジネス 開発

Oculus Rift
  • Oculus Rift
  • カメラ
  • EVE Valkyrie
  • Couch Knight
  • Project Morpheus
  • 体験している筆者
  • EVE Valkyrie
  • Morpheusのセット
GDCが最新のゲーム技術を開発者に示す場だとすると、今年は正にそれを体現する年となりました。話題の中心はOculus VR社が開発する「Oculus Rift」(オキュラス リフト)と、ソニーが初披露した「Project Morpheus」(プロジェクト モーフィアス)という2つのVRヘッドセットでした。双方に触れることができましたのでレポートします。

■完成度を上げた「Oculus Rift」の新バージョン

一年前のGDCにも出展されていた「Oculus Rift」。昨年は開発者向けの製品を出荷し、瞬く間に世界中で多数の対応タイトルが開発されました。日本も例外ではなく、「Oculus Game Jam」のようなものが開催されたり、先日のBitSummitでも複数のタイトルが出展されるなど高い注目を集めています。

バーチャルリアリティの可能性を示し熱量を上げた「Oculus Rift」は第2世代となる開発者向けの製品を用意し、今年のGDCで初披露しました。第2世代は解像度が1080Pと大幅に改善し(立体視のため片目あたりは960x1080px)、カメラが追加されたことで位置や距離のトラッキングが可能となりました。ハードウェアのデザインも多少こなれた感じが出ました。

どの時間帯でも行列が絶えなかったブースでは、CCPの『EVE Valkyrie』を「Oculus Rift」に対応したものと、Epic GamesがUnreal Engine 4を用いて開発した『Couch Knight』の2種類が体験できました。

『EVE Valkyrie』はゲームの世界に入り込むのがどのような体験になるかを示すものです。360゜に広がる宇宙空間で、敵とのドッグファイトを繰り広げます。お互いに高速で飛んでいる状態で、周囲を見回しながら索敵していく。VRヘッドセットの本領発揮です。第一印象は高い解像度は正義だということ。依然としてピクセルの粒感が目に入ってしまいますが、前の世代と比較すると圧倒的な改善が見られます。最低限のラインに達したと言って良いでしょう。

一方の『Couch Knight』はリビングに入って遊ぶ対戦ゲームです。リビングには可愛らしい二頭身の剣士が二人いて、戦います。プレイヤーはソファーに座った状態で彼らをコントロール。部屋を走り回りながら戦うので、周囲を見渡すような動作も必要です。第二世代の「Oculus Rift」は反応速度が改善されていて、体験していても、その恩恵を感じることができます。ゴーグル部分も軽量化され、すっきりに。そのお蔭か、装着感が改善されゲームの世界に、よりどっぷりと浸かれます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

    ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  2. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

    ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  3. ポノス、「EVO2017」『ストV』部門5位タイの“もけ”氏をゲーマー社員として採用

    ポノス、「EVO2017」『ストV』部門5位タイの“もけ”氏をゲーマー社員として採用

  4. 今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

  5. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  6. 【CEDEC 2010】イストピカ福島氏が語る「家庭用ゲーム開発者のソーシャルへの転身」

  7. 【CEDEC 2014】ゲーム開発を最適化するアセットパイプライン、基礎知識と構築のポイントを解説

  8. UDKを使ってみよう!【導入編】・・・「Unreal Japan News」第40回

  9. 任天堂、ロゴを変更?

  10. 『ゼルダの伝説 夢をみる島』のコホリント島を3D化

アクセスランキングをもっと見る