人生にゲームをプラスするメディア

【BitSummit 14】福島GameJamで生まれた「JumpGun」が、新たにiPhoneに対応して登場

「東北ITコンセプト 福島GameJam2013」で生まれたアクションパズル『JumpGun』。ショットを当てると物がジャンプする銃「ジャンプガン」を駆使して、遺跡に迷い込んだ5人の友達を探しだし、制限時間以内に遺跡から脱出するという内容です。

モバイル・スマートフォン iPhone
【BitSummit 14】福島GameJamで生まれた「JumpGun」が、新たにiPhoneに対応して登場
  • 【BitSummit 14】福島GameJamで生まれた「JumpGun」が、新たにiPhoneに対応して登場
  • 【BitSummit 14】福島GameJamで生まれた「JumpGun」が、新たにiPhoneに対応して登場
  • 【BitSummit 14】福島GameJamで生まれた「JumpGun」が、新たにiPhoneに対応して登場
  • 【BitSummit 14】福島GameJamで生まれた「JumpGun」が、新たにiPhoneに対応して登場
  • 【BitSummit 14】福島GameJamで生まれた「JumpGun」が、新たにiPhoneに対応して登場
  • 【BitSummit 14】福島GameJamで生まれた「JumpGun」が、新たにiPhoneに対応して登場
  • 【BitSummit 14】福島GameJamで生まれた「JumpGun」が、新たにiPhoneに対応して登場
「東北ITコンセプト 福島GameJam2013」で生まれたアクションパズル『JumpGun』。ショットを当てると物がジャンプする銃「ジャンプガン」を駆使して、遺跡に迷い込んだ5人の友達を探しだし、制限時間以内に遺跡から脱出するという内容です。

友達には南相馬市の子供たちがお絵かきワークショップで描いたデザイン画が採用されています。クリアタイムと友達の救出数でランクが上昇し、Sランクを取得するとエクストラの「福島GameJam」ゲームジャムステージも登場します。

京都・太秦会場に参加した大学院生のヒロポン氏を中心に制作され、アップロードされると、ゲームジャム参加者を中心に話題沸騰。ウェブ上でプレイできるので、ぜひチェックしてみてください。SNSではプロによる「これ、ちゃんと作りこんだらApp Storeでヒットするんじゃない?」という書き込みも見られたほどです。

あれから約7ヶ月。はためには進捗がないように思われた『JumpGun』でしたが、満を持してBitSummitでiPhone版が登場しました。もともと左右移動+ショットというシンプルな操作系だけに、iPhone版でも画面の大きなタッチボタンで操作する方式で、迷いなくプレイできます。ステージ数も15面に増強され、より遊びごたえがましました。

本作では行く手を遮る石像をジャンプガンのショットで空中に浮かして、その下をかいくぐるなどして進んでいきます。天井にはスイッチもあり、石像を浮かしてスイッチを入れると、時間制限で行けなかった場所にも行くことができます。よりゲームを奥深くしているのが鏡の存在で、鏡にショットを当てると方向が反射し、自分にショットを当てることで自らジャンプすることもできます。

レベルデザインも秀逸です。タイミングをはかってうまくジャンプすることで、「ただクリアするためだけのルート」だけでなく、「高得点を狙うためのルート」にも挑戦できます。固定画面のステージながら、複数の攻略ルートを組み込むことで、再挑戦性を高めているのです。

またiPhone版では新たに「分身」という仕掛けも加わりました。鏡の世界のように、自分と反対の動きをするキャラクターが登場し、両者を同じ操作でうまく操りながら、同時にゴールをめざしていきます。時にはショットを鏡で跳ね返し、分身の側をジャンプさせることが求められるシーンも。自キャラと別のキャラを同時に操作させるという古くて新しいアイディアを、エレガントにまとめ上げました。

4月から大手ゲームメーカーでプログラマーとして働くというヒロポン氏。App Storeなどで公開するか否かは、チームメンバーの総意が必要なため未定ですが、開発自体は「おもしろいから」続けるそうです。せっかくの良作ですので、より多くの人にプレイしてもらえるような環境ができればいいなあと思います。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ららマジ』約3年半の振り返りとメインストーリー・シーズン3について―西村氏・蟹江氏インタビュー

    『ららマジ』約3年半の振り返りとメインストーリー・シーズン3について―西村氏・蟹江氏インタビュー

  2. 『ららマジ』約3年半、ありがとうございました―1日限定インサイドPCサイトジャック実施!

    『ららマジ』約3年半、ありがとうございました―1日限定インサイドPCサイトジャック実施!

  3. 『FGO』×「宝塚記念」が凄い! アルトリア、マリー、邪ンヌ…ファンには堪らない“限定イラスト”や“特別召喚”の待つコラボ注目ポイントを紹介

    『FGO』×「宝塚記念」が凄い! アルトリア、マリー、邪ンヌ…ファンには堪らない“限定イラスト”や“特別召喚”の待つコラボ注目ポイントを紹介

  4. 『ららマジ』グッズ化された31人の魔法少女服について、一言コメントをもらってきました―器楽部員イメージカラー一覧表付き

  5. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  6. スマートフォン向けゲームの常識を覆す『EXOS HEROES』美女コスプレイヤー3人がなりたいキャラは?好きな衣装は?さまざまな魅力について語り合った!

  7. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  8. 鉱石病?感染者?主人公たちは誰と戦っているの?『アークナイツ』の奥深くも複雑な世界設定をわかりやすく整理してみよう

  9. 炎竜レシラム、ハイパーリーグでの運用法!強くてコスパ抜群、今のうちに厳選しとけ【ポケモンGO 秋田局】

  10. 今からでも遅くない!『クラッシュ・ロワイヤル』初心者から中級者に向けた施設・呪文の活用法や考え方について

アクセスランキングをもっと見る